「イイ話だけを伝えてくれる機能」がGoogleアシスタントに追加

8月21日、Googleが良いニュースだけを伝えてくれるGoogleアシスタントの新機能をテストしていると発表しました。「グーグル、良い話を聞かせてよ」と言えばOK。ピックアップされたニュースは要約されるので、サクッと聞けるそうです。通勤途中にピッタリですね。

これらの“良いニュース”は、「Solutions Journalism Network」というジャーナリズムを通して人々の気持ちを盛り上げようと活動している団体が選んでくれるとのこと。すべてのプロセスをAIがやるってわけではないようです。

とは言っても、現在のサービスだけでも便利だな〜。自分でタイムラインをたどる必要もなくなるわけですからね。アメリカ限定なのが残念!

Top image: © TABI LABO
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
11月21日、「Google」が「Google アシスタント」の新機能として「My Storytime」をローンチした。これは家にいない親の代わりに子ども...
Googleショッピング検索がより便利にアップデートされる。新機能では、特定のアイテムを掲載するオンラインショップが一括で表示され、色やサイズ、ブランドな...
お父さんと一緒に遊んでいる時に、赤ちゃんが「Google」と喋りました。
Googleマップが「翻訳機能」を11月中に実装することを発表。地名や住所が翻訳されるだけでなく、現地の言葉でテキストを読み上げてくれる機能も。海外旅行が...
今年もこの日がやって来る。ニャンニャンニャンの語呂合わせから、日本では2月22日を「猫の日」と呼んでいる。いつ誰が制定した?世界猫の日との違いは?などの意...
「Google」の開発する「Google Map」が2月6日で15週年を迎え、それを記念した大型アップデートを実施。今回のアップデートで、メイン画面にタブ...
Google Mapsの進化が止まらない。2019年7月16日、GoogleはGoogle Maps上で「バイクシェア」のリアルタイム情報が見れるサービス...
アプリ『Google Arts & Culture』に新しく追加された機能を紹介します。それは自分の顔に似た肖像画を自動でピックアップしてくれるというもの。
私が知る限り、ユーザーの言葉を認識して、言われたことに対してキチンと操作・実行するというのが音声アシスタントのイメージ。なのに、B-Reelが開発した「S...
AppleやGoogleで働くのに“大学卒”は必要条件になっていません。
みにゃさまに愛されるような商品名を、などたくさんのこだわりを詰め込んだ「にゃりんとう カリカリ気分のかりんとう」は、「インコラーメン」でおなじみの愛知「小...
デリバリーサービスを提供している企業『Sorted』が、事業を拡大するためにアシスタントディレクターの求人募集を開始しました。
富裕層が地区に流れることによる地価の上昇を一般にジェントリフィケーションと呼びます。この現象にベルリンにあるクロイツベルク地区では反対運動が行われています...
「Googleに入社して働きたい!」そんな夢を持ったイギリスに住む7歳の女の子、クロエ・ブリッジウォーターちゃん。彼女はその思いを伝えるために、Googl...
地球から約2,545光年離れた宇宙に、ケプラー90と呼ばれる恒星があります。ケプラー90にはこれまで7つの惑星が確認されていましたが、GoogleのAIを...
スウェーデンで誕生した、AIが搭載されたソフトウェア「Memory Lane」。話し相手がいなくて寂しい思いをしているお年寄りの話を聞いてくれるというもの...
「SAZABY」のユニセックスライン「PLUS LINE」。同ラインから2019年秋に発売され、入荷のたびに完売が続く「ROUND DAYPACK」にSm...
マインドフルネス支援アプリ「Relook(リルック)」が今月から、より手軽に継続してもらうことを目的に、1日10秒でできるマインドフルネスを紹介した7日間...
アイスランドの北西部に位置する「ボルンガルヴィーク」。フィヨルドが特に有名です。近年観光客が増えているのも踏まえて、ここの市長Jón Páll Hrein...
画像認識により手話を翻訳、モニターに表示させるシステムを開発した企業Signall。15人の熟練の研究者が集い、手の動きや速さ、表情を読み取り手話独自のニ...
Androidを世に広める「Google」とロンドンに拠点を置くデザイン会社「Special Projects」が先日ローンチした「Paper Phone...
先日「Google」は、現代人のデジタル生活を改善するべく「デジタル・ウェルビーイング」に関するアプリを発表。専用封筒に入れて“電話機能”だけの使用を可能...
アーティストBen Snellさんのサポートによって、AIがオブジェを考案しました。
Googleマップといえば、建物の内部に入れたり、3Dグラフィック機能が追加されたりと、機能向上は日進月歩。唯一の難点は、ときたま感じる動作の重さでしょう...