「Google Play」が「キッズ向けアプリ」を集めたタブを追加

Androidユーザー向けのアプリストア「Google Play」に新たに「キッズ」というタブが追加されることが4月15日に発表された。

新しいタブに入るアプリには「teacher approved」(教師承認済み)を示すバッジが与えられている。これは“学識経験者”による厳しい審査を経て、子ども向けとして適していると評価された証だ。

サービス開始時点での登録アプリ数は約1000。「5歳以下向け」「6〜8歳向け」「9〜12歳向け」と年齢別に分けられおり、また「学習向け」か「遊び用」かを表示してくれるので、親にとってはありがたい新カテゴリーといえるだろう。

新型コロナウイルスの感染拡大で、子どもたちは学校にいけず、自宅でスマホやパソコンに向かって過ごす時間が増えている。新設の「キッズ」のタブは、そんな子どもたちに安全なコンテンツを与えたいという保護者の声に応えて緊急リリースすることになったのだとか。

まずはアメリカのみで今月中にリリースされるこの新機能は、今後、数ヵ月以内にグローバルに展開される予定だ。

Top image: © iStock.com/LSOphoto

関連する記事

今年の「最優秀アプリ」として、米国の「Google Play」ユーザーとエディターが選んだのは、睡眠改善アプリ「Loóna(ルーナ)」だ。日本版で「ユーザ...
米「Apple」と「Google」は先日、スマートフォンを使って新型コロナウイルスの濃厚接触の可能性を検出・通知する技術を共同開発することを発表した。5月...
「Google」は6月8日、新型コロナウイルス対策として、Googleマップに新たな機能を追加したと発表した。第二波、第三波の発生を防ぐためのアップデート...
イギリスを拠点に活動するクリエイターStefania EspositoさんとRenato Tataさんが「新型コロナウイルス(COVID-19)をスマホの...
先月、ニューヨーク市の動物福祉局は、食肉の消費量削減目標を達成するため、肉の消費を控えるよう市民に訴えかける電子メールを送付した。
検索トレンド分析ツール「Google Trend」を利用して、「コロナウイルス」の規模を数字的に可視化。グラフを見ることで、コロナウイルスが未だかつてない...
「Google」の開発する「Google Map」が2月6日で15週年を迎え、それを記念した大型アップデートを実施。今回のアップデートで、メイン画面にタブ...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
プログラミングを、PC画面とにらめっこせずに学べるツールが開発されています。「Project Bloks」では、子どもたちが遊びながらにして、自然と基礎を...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「ほぼ日」から、気持ちを晴れやかにしてくれる“肌とメイクと道具”のビューティーブランド「Shin;Kuu(シンクー)」が登場。デビューコレクションの、...
渋谷PARCOに先週7日(日)から「スウォッチ」の新作「ミッキーマウス x キース・へリング コレクション」をフィーチャーポップアップストアが登場。今月2...
東京・西大井の人気店「超蜜やきいもpukupuku」の焼きいもを、ボタンひとつで作れる究極の焼き芋トースター。