アナタは誰とそっくり?見つかる先は美術館

ちょっと遅れてしまったけど、アプリ『Google Arts & Culture』に新しく追加された機能を紹介します。それは自分の顔に似た肖像画を自動でピックアップしてくれるというもの。美術館にある絵画からそっくりさんを探してくれるってことですね。

オモシロい機能ですが、使用者の声は賛否両論のようで……。「え、私モナリザに似ているの!?」と喜ぶ声もあれば、「何度やっても恐ろしいホラーみたいな絵画がピックアップされる!」や「俺はこんなに禿げていない!」など、不満を漏らす声も。

このような形で世界中の美術に触れられるのはイイですよね。いつか世界中の美術館を旅して、自分のそっくりさんに会いに行ってみたい!

『Google Arts & Culture』は、日本でもダウンロードできますよ。

©Google
Top image: © Google
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
Androidを世に広める「Google」とロンドンに拠点を置くデザイン会社「Special Projects」が先日ローンチした「Paper Phone...
8月21日、Googleが良いニュースだけを教えてくれるGoogleアシスタントの新機能をテストしていると発表しました。
お父さんと一緒に遊んでいる時に、赤ちゃんが「Google」と喋りました。
11月21日、「Google」が「Google アシスタント」の新機能として「My Storytime」をローンチした。これは家にいない親の代わりに子ども...
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...