スマホ中毒をデトックス!?「紙のケータイ」をGoogleが作った

Androidを世に広める「Google」とロンドンに拠点を置くデザイン会社「Special Projects」が先日ローンチしたのは、「Paper Phone」というアプリ。簡単に説明すると、スマホ依存に悩む現代人に向けて作られた、白黒の画面のみの「紙のスマホ」だ。

このアプリでは、スマホ内の本当に必要な情報のみをプリンターへと送信し、1枚のメモ用紙に印刷。Google Mapやニュース記事、電話帳の連絡先、スケジュール、天気予報といった情報をA4サイズの紙に出力して、コンパクトに折りたたんで携帯するというもの。

SNS依存から生じるうつ病や孤独感など、人々に便利さと同時に不幸な側面ももたらすスマートフォン。冒頭の2社は、このPaper Phoneを通じて現代人にデジタルデトックスを促し、もっと大切なことに集中できる環境をサポートしていくことを狙いとしている。

出力する紙がもったいないと思うような人にはオススメできないかもしれませんが、スマートフォン頼みな生活をしているアナタに「幸せってなんだっけ?」と問うアプリである。

Top image: © iStock.com/jesadaphorn
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事