Googleマップが「モダンアート」に変身

毎日見慣れているものでも、ほんの少し手を加えるだけで新鮮に感じることがある。

この「Modern Map Art Prints」が好例だ。Googleマップをベースとした、ちょっとしたモダンアートになっているので、自宅に飾るのもアリだろう。

3ステップで
オリジナルポスターの出来がり

ファーストステップとして、自分の住んでいる街や、今まで訪れたお気に入りの都市、あるいは憧れの国を選ぼう。

セカンドステップは、カラーの選択だ。色のテーマは、ヴィンテージ・モダン・クラシックと3つに分けられていて、さらに多数のパターンに細分化されている。あなたの部屋やテイストにぴったりの色を見つけよう。

サードステップは、ポスターのサイズをチョイス。サイズは、12インチ(約30センチ)×18インチ(約45センチ)から、24インチ(約60センチ)×36インチ(約91センチ)までの5つの大きさからベストなものをセレクト。

ポップでカラフルな
ポスターたち

では、実際に3ステップで作ったポスターをチェックしてみよう。もはや、モダンアートそのものに見えてくるから不思議だ。

#1 東京

#2 ローマ

#3 バンコク

#4 ロンドン

#5 サンフランシスコ

#6 ヘルシンキ

#7 イスタンブール

#8 クアラルンプール

#9 エルサレム

#10 ストックホルム

#11 パリ

「Modern Map Art Prints」は、クラウドファンディングの「Kick Starter」で資金調達をしたところ、目標額の337倍となる84,000ポンド(約338万円)もの金額を集めることに。ポスターの価格が、18ポンド(2,700円)からというリーズナブルさも注目が高くなった一因なのだろう。

現在、プロジェクトは終了しているので、次回のチャンスを心待ちに。

Licensed material used with permission by Mini Cloud Studios
Googleマップといえば、建物の内部に入れたり、3Dグラフィック機能が追加されたりと、機能向上は日進月歩。唯一の難点は、ときたま感じる動作の重さでしょう...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
薪木でグリルしたステーキ、スモア、フォンデュが楽しめる。 日本初!キャンプファイヤー料理店Campfired Grill & Cafe THE BANFF...
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
ロンドンの「テート・モダン美術館」は、世界でも有数の近現代美術館。充実したコレクションが入場無料で見られる、アートファンにとってはある種“聖地”のひとつ。...
シティマップ「Urban Prints」は、無駄な情報を一切省き道路だけで表現したシティマップです。主張しすぎないデザインだからこそ、部屋の用途を限定せず...
最大の特徴はグリップ式であること。“マグネット式よりも固定しにくいのでは?”なんて思ってましたが、実際は使いやすいです。片手で、ワンタッチで、スマホを固定...
イギリス発の「BeeLine」。専用のアプリを使うと目的地までの距離と方角だけを教えてくれる、迷うことや遠回りすることを楽しもうというアイテム。
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
さあこれから、2分半のショートトリップに出かけましょう。旅するのは、ローマやパリ、ロンドン、リオデジャネイロ、ニューヨークなど世界の人気都市の数々。そう聞...
ホテル?美術館?こんなモダンなデザインの建築物を見たら、そう思ってしまうのは、僕だけではないはず。これが、刑務所と知った時、絶句してしまった。
〈ROOT CO.〉のカーマウント。エアコンの吹き出し口に差し込み、スマホケースに付属のメタルプレートを入れれば準備完了。ドライブ時にベストポジションで、...
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
2017年、バルセロナで開催されたデザインコンテスト「7th jumpthegap」で大賞を受賞した『Panacea』。置く場所やシーンによって、形を変え...
1日ではまわりきれないほど大規模な、街全体を活用した展示の概要が発表された。
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
AppleやGoogleで働くのに“大学卒”は必要条件になっていません。
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサスティナブルな...
Netflixオリジナル作品『アート・オブ・デザイン』は、今世界中のクリエイターが注目しているドキュメンタリーだ。デザインやアートのドキュメンタリーって聞...
8月21日、Googleが良いニュースだけを教えてくれるGoogleアシスタントの新機能をテストしていると発表しました。
アートを買うきっかけってどんなとき?購入する背景は様々だし、金額もピンキリ。富裕層とそうでない人で感覚の違いもある。中目黒高架下の並びにあるギャラリーで、...
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...