食べ物の「ブサイクなところ」を生かしたフードアート

今まで、美しく加工された食材を使うフードアートは山ほど見てきた。だけど、Danling Xiaoさんの作品は、変色していたり、イビツだったり。

彼女が作り出す風景や動物たちは、素材として使う野菜や果物がマッチしていて、妙にしっくりくる。

この世界観を
たっぷり味わおう

ブロッコリーのトンネルに向かって発進!

66cbd42c40561b8312cc1a6ab094046fb8394bd8

「メ〜メ〜」と、カリフラワーの羊はフンまで再現。

F734d5f2a07bdb9547ab348b0de51beceb5b8e4f

テクテクテクテク。「こんにちは〜!」って挨拶してくれそう。

B87c6993807149c20c270d5ba8e63d65c14cc893

バナナの香りが漂う手紙には、何が書いてあるんだろう?

F94406427b51d2fd48f06e340b5b1794d91efa8c

洋梨のドレス。誰かのお気に入りなのか、着古された感じが出てる。

8a55f88641c916bb9976560acae5b854273c524c

キノコの中に化け物が!

2220981426fbf59675f0aac0751af8d5c489a825

レモンのお風呂に浮くアヒルの顔がイイ!

A2f7f91acd04178ed103d398ab871faab0efcbac

ぐるぐる〜っと、とぐろを巻くヘビ。

Fdf2a43beac3ed89b14f62708d914d058b937cda

いかにもヤバそうなジャガイモは、ラクダに乗った旅人のいる砂漠に。

B0c0ee692fe04ec418c567e46f5bcb5348de9a4a

普段その素材を見ても、写真のようなモノには見えない。だけど、Danlingさんの手にかかると不思議と「あ~!わかるわかる」と、納得する姿に変身してしまう。

本来なら、作品に使われている食べ物は全て捨てられてしまうもの。現在、世界中で生産されている3分の1の食料は品質や味に問題がなくても廃棄されていることについて、彼女はこう語る。

「多くの人は自然のままの野菜や果物の姿を忘れている。そんな人々に、私は何気ないものが持つ隠された美しさを伝えたい」

この言葉を聞いた後にもう一度見てみると、少し感じ方が変わりませんか?

92ff015eba1c8d1becaac1ce37718ef63daa09d7
Licensed material used with permission by Danling Xiao
毎年、世界中でおよそ300億トンもの野菜や果物が廃棄処分されています。このなかには商品として店頭に出荷できない、見栄えが悪くいびつな形をした、いわゆる規格...
ただ「食べ物」ととらえるのではなく、少し見方を変えてみれば、鮮やかに色をつける野菜たちの美しさに少し気づくことができる。
まだ食べられるのに、消費期限が近いからという理由だけで廃棄されてしまう大量の食材。誰もが「もったいない!」とは思うものの、具体的に解決しようと思うとそれは...
しょっぱい出来事、甘い生活、酸っぱい青春、苦い思い出、渋い体験、辛い失敗……。人生は「旨い」ことばかりではありません。
宇宙飛行士になるための基礎知識と身体能力が鍛えられる「Space Nation Navigator」。
食料廃棄を減らすムーブメントは、これまでにもいくつか紹介してきましたが、ロンドンでリリースされた「OLIO」は、ユーザー間で余った食料を「おすそわけ」する...
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
形が悪かったり、虫に食べられていたり、干からびてしまっていたり。売られることもなければ、食べられることもない、なんとも切ない運命にある廃棄野菜たち。ある調...
結論から言えば、こちらで紹介するフードは、すべてペーパーアート。しかしながら、それを分かったとしても、精密なクラフトワークには目を見張るばかり。一連のアー...
健康を願うなら、食材選びは重要な要素のひとつ。皮まで食べる野菜や果物は無農薬を選びたいところです。とはいえ、これらはコストが高くて毎食取り入れるのは難しい...
「Fliteboard」は電動モーターが搭載されているサーフボード。リモコンでスピードをコントロールして、最高で時速40kmも出るそうですよ。
『FOOD TEXTILE』は、繊維の専門商社として、原料から製品まで取り扱う「豊島株式会社」が手がけるプロジェクト。エプロンやカバンの色をつくっているの...
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
法案は「全会一致」で可決。2016年2月5日、フランスは世界で初めてスーパーマーケットに対し、売れ残り食品の廃棄を法的に禁ずる国となった。今月5日から、廃...
オーストラリアの先住民、アボリジニのアートを、オペラハウスにプロジェクションマッピングを使い映し出すという大胆な試みが今行われている。古い文化や伝統の重要...
産直野菜のデリバリーサービス企業が、キュートな野菜の絵文字を制作しました。普通に考えれば「何のため?」となるところ。けれど、彼らの絵文字に込められた意味を...
音楽プロディーサーのChristian Pierinは、廃棄された音楽機材やレコードで、ジミ・ヘンドリックスやジョン・レノンなど、偉大なアーティストたちの...
「Amphibio」は、デザイナー亀井潤氏によって開発された人間用のエラ。地球温暖化により、人類が地上に住めなくなったシーンを想定して作られているとのこと。
日本語の「もったいない」の精神は、今や世界中で意識されるものになりつつあります。農林水産相によれば、世界で毎年13億トンもの食料が廃棄され、これは生産量の...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
岡山にある「フヌイユ農園」。草野友希さんという女性が、お豆を中心に季節の野菜を一人で育てています。収穫されたばかりの野菜は、食卓に並んでいるときとは違った...
歯ブラシって、なぜか高機能そうでシャープなデザインばっかりでつまらない。アートな暮らしに憧れているなら、こんなところまで気を使いたい!