ブサイク野菜を届ける企業がオリジナルの絵文字で伝えたかったこと

産直野菜のデリバリーサービス企業が、キュートな野菜の絵文字を制作しました。普通に考えれば「何のため?」となるところ。けれど、彼らの絵文字に込められた意味をていねいに紐解いていくと、いまアメリカが抱えている農作物の流通網の縮図が見えてきます。

では、まずはその絵文字から見ていきましょう。

絵文字にして伝えたい
ブサイク野菜の現状

これらのキュートなイラストは、アメリカのスタートアップ「Hungry Harvest」が制作したemoji(絵文字)です。ジャガイモで表現した「ハート」、イチゴを人の手に見立てて「いいね」のサインをつくったり。

一見すれば、“らしく”デザインされているといった印象を受けるのでは。ですがこれ野菜をディフォルメしたワケではなく、畑から収穫された本物の野菜のかたちそのものを表現したもの。

イチゴも

ジャガイモも

ニンジンだってこのとおり

さて、ブサイク野菜たちを絵文字にしたHungry Harvestですが、実のところデザイン会社ではないんです。彼らのビジネスは、こうした規格外の野菜やくだものを農家から直接買い付け、ブサイク野菜の産直詰め合わせセットを宅配・販売すること。

絵文字は規格外として市場に出回らない農産物の存在と、それが捨てられている現実を、広く若者層に知ってもらうためのアピール戦略のひとつだったそう。

毎年、農作物の約20%が
出荷されぬままゴミとなる

毎年、場から収穫される野菜やくだもののうち、5個に1つは市場に出荷されずにゴミとなって捨てられるもの。こうアメリカの食品ロスの現状を訴えるHungry Harvest。それも、ただ見た目が不恰好という理由だけで。

一般的な流通網に乗せて市場へ出す以上、サイズや形状、状態に厳密な規格が設けられているのは日本もアメリカも変わりません。農家がこうしたブサイク野菜を省いた結果、前述の数字になるんだとか。

必要とする人たちの元へ
産直の規格外野菜をデリバリー

上の写真は、週に1回15ドル(約1,500円)で定期配送される、規格外野菜の詰め合わせセット。収穫中にできたキズがある、カタチがいびつ、色がくすんでいる…などなど。市場の半分ほどの価格でこの種類。

少しくらい不恰好でも、それが味に影響を与えることはほとんどありません。要するに気持ちの問題ひとつでしょう。

ちなみにHungry Harvestは、これまでにのべ453トン以上の規格外農産物を、農場から一般消費者へと届けてきました。そしてもうひとつ、同社の命題のために136トンを寄付してきたのです。それが、アメリカ人のおよそ6人に1人が食べ物にありつけず苦しんでいる、という現実。

ムダに捨てざるを得ない人たちがいる一方で、食べ物に瀕している人たちもいる。ふたつの問題を同一線状でとらえ、宅配ビジネスでソリューションを考えた彼らのビジネスモデルに、いまエココンシャスな人ばかりか、多くのアメリカ人たちが賛同をはじめたようですよ。

Licensed material used with permission by Hungry Harvest

関連する記事

2015年にアメリカで誕生した「Imperfect Produce」。規格外の野菜を売るサービスなんですが、そのインスタグラムのアカウントがかわいいんです...
間もなくアップデートされるiPhoneの絵文字。その中の「ベーグルの絵文字」をめぐって、Apple社と、あるチーズ会社の間で “一悶着” あったのはみなさ...
9月18日、絵文字の国際規格管理団体「ユニコードコンソーシアム」が「Emoji 13.1」として217個の新たな絵文字を発表した。これらは2021年中に利...
間もなく、iPhoneの絵文字がアップデートされるのはみなさんご存知ですよね? 待ちきれなくて、個人的に大注目の絵文字をピックアップしました!
「Billboard JAPAN」をパートナーに、「ジョニーウォーカーブルーラベル」をイメージしたオリジナル選曲のペアリングプレイリストが誕生した。
農作物の新たな価値を届ける企業「Link to Farmland」は、先月10日より、北海道・美瑛町で生産された規格外の野菜を再利用するプロジェクトをクラ...
2月12日、Android上の「Gboard」で絵文字のマッシュアップできる「Emoji Kitchen」がローンチされた。絵文字の要素と要素を自由に組み...
大田市場から直送される規格外青果物のECサイト「みためとあじはちがう店」が本日オープンした。
春本番のその前に、干し野菜をたっぷり仕込んで普段の料理に活かしてみませんか?
視覚障がいを持つ人は、音声を読み上げるサービスを使用することで、オンライン上のテキストやメッセージを理解する人が多いらしい。しかし、音声は絵文字の詳細まで...
「スノーピーク」が2024年春、栃木県鹿沼市に関東初となる直営キャンプフィールドを開業することが発表された。
「Apple」は先日、この秋新たに追加予定の絵文字を発表した。さまざまな肌色を組み合わせた“ふたり組”の絵文字だったり、車椅子や白杖などを使う障害者を表し...
本格スパイス商「アナン」と、廃棄予定の野菜を活用した瓶詰めソースを作る「ファームキャニング」がコラボして作られた、新作カレーペーストの販売がスタート。
「Emoji Weather Japan」は、絵文字を使って、毎日天気予報を更新しているTwitterアカウント。1日4回、「朝」「午後」「晩」「夜」でツ...
10月下旬、米「Apple」は「iOS13.2」のリリースを発表。今回、新たに398種類の「絵文字」が追加され、女性の月経を表す「一滴の血」が話題となっている。
形の悪さや納期遅れを理由に、出荷できずに廃棄せざるを得ない野菜や果物をスムージーとしてオフィスに届けるサービス「Clean Smoothie」。月に2回、...
2020年内に新しく追加される117個の絵文字セット「Emoji 13.0」が絵文字の国際規格管理団体「ユニコードコンソーシアム」によって公開。
「アップル」がリリースする予定のiOS14.5では絵文字も大幅アップグレードされるらしい!
「StixFresh」を貼っているか、貼っていないか。たったそれだけの違いで、野菜やフルーツの鮮度や食べごろが最大で2週間も変わります。
9月29日、「Apple」が 「iOS 14.2 Public Beta 2」の配信を開始。絵文字の検索に特化したウェブサイト「Emojpedia」によれ...
アジア最下位という日本のフードロス問題を解決するために、大学のカフェテリアでの取り組みや、全国のパンをお取り寄せできるサービス、フードロス削減に立ち向かう...
国産の規格外フルーツを使った「リードディフューザー」を届けるサブスクサービスが登場。
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
7月にアップデートされ9月に施行されたFacebookの「コミュニティ規定」について、今、多くの海外メディアが取り上げている。Facebook上で特定の絵...
ただ「食べ物」ととらえるのではなく、少し見方を変えてみれば、鮮やかに色をつける野菜たちの美しさに少し気づくことができる。
2021年3月18日、「IKEA Canada」は、家庭での食品リサイクルを目的にした廃棄食品のレシピ本「The ScrapsBook」をリリースした。カ...
産地直送野菜──。収穫したての鮮度をいかに保ちながら、それを商品として売り場に陳列するか?これは、ブラジル大手スーパーチェーン店の企業努力を紹介した動画で...
「ほぼ日」から、初となるオリジナルの野菜ジュースが登場。フレッシュさ、無添加、手軽さ、おいしさと、ほぼ日のこだわりが詰まった一杯。
アルゼンチンでスーパーマーケットを展開するVeaが、「子どもの野菜嫌いをなんとかしたい」という親の願いを叶えるために作った「Veggie Hacks」。コ...
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?