噂の「コンポスト」を使ってみたら、生き物みたいだった!【サステイナブルライフはじめの一歩①】

「マイボトル」と「エコバッグ」くらいは持っています。

地球に優しいことや、自分たちの未来のためにするべき行動に、興味はあるんです。だけど、いろいろありすぎて、調べれば調べるほど何を選んでいいのかわからなくなってしまいました。

とはいえ、いろんなメディアで取り上げられている「THE サステイナブルの達人」みたいな方々の話は、いまいち自分の暮らしとかけ離れているというか、参考にしにくいというか……。

そんなわけで、まずは身近にいる、自分よりもちょっとだけサステイナブルな暮らしに馴染みつつある「同僚たち」の体験談を聞いて、次のアクションの参考にしてみようと思います。

なんとなく「世の中の流れ」に乗り遅れているなぁ〜、と感じている私のような人がいたら、もしかして役に立つかも。試しにのぞいてみてください。

第一回は、デザイナーYちゃんがハマっている「コンポスト」の話。

「コンポスト」って、
ペット飼ってるみたいですよ

©2021 NEW STANDARD
Endo

「コンポスト、どうよ?」

Yちゃん

「コンポストね、めっちゃいいですよ。前からインスタとかYouTubeとかで使ってる人を見てて、興味はあったんですけど、ちょっと広い家に引っ越して、家庭菜園する場所を広げられるようになったのと、とにかく生ゴミを出すのが嫌だったから、どうにかしたくてついに買いました!」

「ちょっとオシャレだし、大掛かりな装置みたいに場所取ったりしないもんね」

「想像してたよりは大きかったです(笑)。でも電気も使わないし、以前TABI LABOでも紹介してて、体験補助(※)も使えたので〜」

「でもさ、コンポストに入れていい食品って、果物とか野菜クズとかだけでしょ?」

「それが、魚の骨とか皮もいいし、動物の肉とか骨だっていいんですよ。分解が進むから、むしろ喜ぶらしいです。そういうところ、なんかペットっぽいなあと思って」

「喜ぶのか……(ちょっとオカルト)」

「ほんまに、入れるのが楽しくなってくるんですよ〜。あ、今日も入れな〜♪みたいな」

「ごはんだよ〜♪みたいな」

「そ〜。一日一回、夜ごはん作り終わったあとにまとめて入れるみたいな感じです。あと、熟成期間に入るまでは毎日混ぜる作業があるんですけど、仕事中にコーヒー淹れたりするじゃないですか。それと似た感覚というか、気分転換になるというか、癒されるんですよね。毎回、ちゃんと分解されろよ〜とか念を送りながら混ぜてます」

「ぬか床持ってる人から似たような話を聞いたことがあるよ」

「近いかも。でもとにかく、野菜の皮とか捨てるとき、本当はこれも食べたほうがいいんだよな〜……って思って、ずっと気にしてたんですけど、そういう“罪悪感”がなくなって楽になりました。この前も、使いそびれたジャガイモからすんごい芽が出ちゃってて、あぁやってもうた〜!って思ったんですけど、あ、コンポストに入れるからいいかって」

「私もジャガイモからよく芽出してる」

「だからって食材を無駄にしていいわけではないんですけどね!プランAが失敗したら終了、じゃなくて、まだプランBがあるっていうか」

「困ったことは?」

「最初は入れていいものとダメなものがわからなかったし、一人暮らしなので、一日の投入量が実際の表記(家族ver.)よりだいぶ少なくて、大丈夫かな〜と心配になったりしました。でも、『LFCコンポスト』はLINEサポーターに無料相談できるので、活用したり。唯一心配があるとすれば、まだ暑い時期を経験してないので、本当にニオイや虫が防げるのかってことですかね。一応どちらも対策がされているアイテムなんですけどね」

「最終的に堆肥が出来すぎちゃった場合どうするの?」

「それ、みんな言うんですよね。コンポスト始めたって言うと。出来上がった土どうするの〜?って。私としては、そもそもゴミになるものを減らしたり、ゴミ袋を使う量を減らせたりすることが大事だったんですよね。だから、出来あがるものはオマケというか。それを作るためにコンポストを始めたわけじゃないから、最後どうなるのかはそんなに心配してないです。家庭菜園や観葉植物で使って、余ったら友だちにあげてもいいと思ってるし」

「その手があったか。確かにこういう話のとき、“最終的なゴール”ばっかり気にするのはよくないかもな〜。まずはやってみる、だな〜」

「ちなみにおばあちゃんも同じもの買って使い始めたんですよ!でも、コンポストに、キャベツ炒めてから入れようかな〜って言ってて。おばあちゃん曰く、少し油入れると分解が進むって話なんですけど、それしたら油とか炒めるときの電力が無駄になるやん。あかんやんって話なんですけどね(笑)」

なかなかいいかも、コンポスト!

©2021 NEW STANDARD

LFCコンポスト
【公式ホームページ】https://lfcycling.life/

(※)……記事で紹介したアイテムを自分たちでも体験してみるために、月2,200円までは会社に購入費を補助してもらえるという福利厚生制度です
Top image: © Irina Strelnikova/Shutterstock.com, 2021 NEW STANDARD

関連する記事

全身が毛むくじゃらのこの生き物。なにやら不思議な形のスーツケースを所持し、都内を逃げ回っているのだとか。名前はオドナロデュード。アメリカのオレゴン州ポート...
興味はあるけど、何からやればいいのかわからない。それならまずは身近な人の体験談を聞いて、次のアクションの参考にしてみようというサステイナブル迷子のためのゆ...
サステイナブルの観点から近年注目の「コンポスト」。「臭い生ゴミの処理に困っている」「SDGsや自給自足の生活に関心がある」という方のためになぜ注目されてい...
興味はあるけど、何からやればいいのかわからない。有識者の話は参考にしにくい。それならまずは身近な人の体験談を聞いて、次のアクションの参考にしてみようという...
新しい時代の都市と自然と人々のありようや、新たな建築、空間のありようを模索する建築集団「チームラボアーキテクツ」が保育園を設計。
今回は原宿にある「Allbirds」。アメリカのTime誌が「世界一快適なシューズ」と紹介したサステイナブルなスニーカーを履いてみました!
興味はあるけど、何からやればいいのかわからない。有識者の話は参考にしにくい。それならまずは身近な人の体験談を聞いて、次のアクションの参考にしてみようという...
Art&Almondsさん(アーティスト名)が描いた絵は、「動物は種類に関係なくどれも生き物である」という、ある意味当たり前のことを表現している。複雑にな...
春本番のその前に、干し野菜をたっぷり仕込んで普段の料理に活かしてみませんか?
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
「触ってるだけで落ち着く」「手持ちぶさた解消」など、不思議な中毒性で大人がどハマりするフィジェットトイ(暇つぶし用玩具)に、新たなアイテムが登場
イスラエルのバイオ関連企業が開発した超特大のコンポスト。できるのはガス。
農業ブームなんて言葉もありましたが、いまだに「大変そう」「汚れそう」といったイメージを持っている人も多いかもしれません。でも、そういったイメージを覆して「...
埼玉県の川口市で、動物性食材を使わないBBQを提供するサービスが開始。カラダとココロに優しい料理に加え、自然豊かな解放的なスペースで味わう「オーガニックな...
春は、人間にも虫にも動物にとっても気持ちがいい季節。それは、これらの野菜も同じ!みずみずしくて甘みを抱いたこの野菜たちを、早速今晩いただきましょう!
水質汚染、温暖化によるサンゴの白化、海洋ごみと、海をとりまく環境問題は、どれもとっても深刻な状況です。そのひとつ、毎年800万トン近くが海へと流れ出ている...
1月21日、スターバックスがサステイナブルな新戦略を発表。植物ベースのオプションを拡大することや使い捨てから再利用可能なものに変更すること、食品廃棄物を再...
車でごった返した都市部を抜けて、スピードに乗る高速道路。ここで、動物たちが無惨にも横たわっている姿を目にしたことはありませんか。自然の中に一本道を通すこと...
ドイツを拠点にする「Circus Roncalli」は、世界一動物に優しいサーカス団です。
なんだかちょっと疲れたな、という人は、これから紹介する動物たちの動画を見て、ほっとひと息ついてみては。猫がドミノしたり、モルモットがポッキーゲームしたり、...

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
カナダのアパレルデザイナーが開発したパンツ専用のハンガー「The Jean Hanger」がシンプルなのにスゴイ。ハンガーラックにかけられてシワの発生を防...