水草が生え、生き物が暮らす「ナチュラルプール」が今アツい!

プール付きの庭のある生活なんて夢のまた夢、という人でもちょっと素通りできないようなエコ・コンシャスなこの話題。水草や葦が生える池、ではなくプールで泳ぐのがアメリカのトレンドなりつつあるんだとか。

イマドキな家プールは
自然に近い環境で泳ぐ!

庭先のプールにハスの花が浮かぶ光景。これ、なにもプールを放棄して池にしてしまったわけではないんです。もちろん、優雅に泳げます。

水草が生い茂り、虫や鳥たちも集まってくる、池としての機能も兼ねた、「ナチュラルプール」が、いまアメリカで大注目なんだとか。

なんでも、水草の間をオタマジャクシが泳いでいたり、ミズスマシやアメンボだってスイスイとな。ちょっと抵抗感があるかもしれませんが、食べるものに気を使ったり、アウトドアライフをエンジョイすることで自然と向き合うナチュラリストがいるように、まるで“ビオトープ”みたいなプールを生活の一部に取り入れる感じ。

専門の設計業者が続々登場していることからも、人気の高さがうかがえます。

化学薬品に頼らず
自然のパワーで水質維持

主に2つのゾーンから構成されているのが特徴で、プールとして泳いだり水遊びをするエリアと、水草が生い茂り生き物たちが暮らす再生エリアが。言うまでもなく、植物や生き物との共存がこのプールの核。だから、塩素による消毒は一切行いません。すべては自然環境で循環させるという点がポイントだから。

ただし、まったくお手入れしないでいれば、どうしたってバクテリアが繁殖して栄養過多になり、最後は藻が大繁殖……というのは火を見るよりも明らか。

そこで、微生物が繁殖しないギリギリの状態まで栄養レベルを低下させ、水質バランスを常に一定に保てるよう、浄化ポンプで水を循環させる仕組みが一般的。あとは、ミジンコなどの動物プランクトンと、水草たちが放っておいてもほどよく水質を安定させていくれるんだそう。まさしく、巨大なテラリウムの中で人間が泳いでいるようなものですね。

起源はおよそ30年前
欧州発のカルチャー

じつはこのブーム、始まりはおよそ30年前のヨーロッパ。家庭用のプールの消毒に塩素系の化学薬品を使うことに抵抗を感じた人々が、自然環境の循環システムの中で水質を保つアイデアをプールに取り入れたことがキッカケだとか。

コンクリート敷きの殺風景な窓の外に水辺の風景を持ち込めるとあって、ナチュラルプール熱は、フランス、ドイツ、イギリス、オーストリア、イタリアなど欧州各国に広まっていったそうですよ。

なお、ここに登場するプールは、1980年代から今ままで、5,000件以上のナチュラルプールをデザインしてきたイギリスの老舗メーカー「BIOTOP」の施工例。なかには本物の池と見紛うサイズのものまであります。泳ぐゾーンと植物を生けるゾーンの比率が1:1であることが、自然のままに一番近い状態でいられるベストな環境なんですって。

居住者の人となりが現れる
ナチュラルプールたち

プール付きの庭なんて、あこがれを通り越して実現不可能という気持ちでしかなかったけど、こんなにサステイナブルで循環するプールを見せられては、話が違ってきます。よね?

Licensed material used with permission by BIOTOP
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
こんなに「泳いでみたいプール」って、早々ないです。
ハワイ・カカアコエリアにある高級コンドミニアムANAHAの7階に、建物の外にちょっと飛び出ているプールが。住人とそのゲスト専用ですが、きっと空中遊泳してい...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
入場料(1500円)を払って入店したら、何時間でも滞在できる。文学、雑誌、漫画など3万冊の本があり、喫茶店もあり、本好きにはたまらない空間です。もちろん本...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
ここ数年、オトナ女子の間で流行しているのが「ナイトプール」。ムーディーでリッチな気分を味わえることが人気となっている。そこで1つ提案。夏の夜遊びに、遊び心...
ロンドンの中心地。テムズ川沿いのナイン・エルムズ上空に世界初となるガラス製の透明なプールが建設されるそうだ。25mプールが2棟の高級マンションの屋上を結ぶ...
子どもたちがキャーキャー言いながら「ボールプール」で遊んでいるのを見ると、ついこう思ってしまいますよね。「あの中に混ざって一緒に遊びたい…!」そんな欲望を...
なんとなく自分の中で勝手に限界を決めてしまっていた「プールが持つ可能性」。でも、一歩引いた視点から既存のルールを見直してみると、たしかに、まだまだ“改革”...
39階からの夜景×ワイン×本格タイ料理 オーストラリア発のモダン・タイ・レストランLongrain TOKYO〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4丁目...
TABI LABOは「ナチュラルハイ」にブースを出展します最高のフィールド、最高の音楽、最高のキャンプ。音楽と人と自然での楽しみ、一体感、気持ちよさに触れ...
コーデュラナイロンで、防水ジッパー、タフでブルックリンを駆け抜ける本格派…。そんなメッセンジャーバッグが多いなかで、ひときわナチュラルな存在感を放つ、リネ...
YouTubeでは、変わった挑戦をしている動画が爆発的な再生回数を記録することがありますが、今話題なのがこちら。まずは見てみましょう。1,500ガロン(約...
日本と海外の「違い」って、こんなところにもあったんだ。
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
オーストラリアのSofiaは、幼い頃からお古の人形に囲まれて育ちました。壊れては直し、を繰り返し、そのたびに手入れをしながら、ひとつひとつを大切にしてきた...
パーティースペースに約5万個もの白いボールを敷き詰め、その中でDJの音楽に合わせてダンス。今春、東京で開催された「tamapa(タマパ)」は、日本初のボー...
1930年から70年頃にかけて閉鎖されていったパリの地下鉄のホームの数々。どれも歴史の深い建造物ばかりのようですが、閉鎖されたままにしておいたらもったいな...
空を泳ぐってこんな感じかも。背筋がゾクッとしそうだけど、写真でその浮遊感を想像してみて。ここは、イタリア北部にある「Hotel Hubertus」。UNE...
お葬式を、”故人の最後のメッセージ”と価値づけた新しい概念が「ナチュラル×フューネラル」だ。例えば、自然に優しい間伐材を使用した棺、または、強化段ボール製...
Demon Zhangさんによる「UNKNOWN×UNKNOWN」は、想像上の生物をPhotoshopなどで描く3Dアート。驚きの発想力と精密な描写がIn...
初対面の人が、直ぐに仲良くなるにはどうしたらいい?人生の疑問をユーモアある技法で解決していくメディア「SoulPancake」が、こんな実験動画を紹介して...
全身が毛むくじゃらのこの生き物。なにやら不思議な形のスーツケースを所持し、都内を逃げ回っているのだとか。名前はオドナロデュード。アメリカのオレゴン州ポート...