控えめに主張するナチュラルトーンの植物標本

瓶に専用のオイルを入れて、ドライフラワーやプリザーブドフラワーなどを浸けた「ハーバリウム」。インテリアとして長く味わう植物の楽しみ方です。

ところが、その多くは着彩されたカラフルな花や枝葉。それはそれでキレイなのですが、より落ち着きがあって、リラックスできる、ナチュラルトーンを探していました。すこし色褪せはあったとしても、植物本来の色を身近に意識したいから。

そうしてたどり着いたのが、元インテリアコーディネーターがつくる「errer」のハーバリウム。ボトルの中の素材は、すべて自ら野山に分け入って採集したものだそう。手書きのラベルも相まって、なんだか標本みたいなニュアンスです。

そもそも、ハーバリウムとは「研究のための植物標本」を指す言葉。アカデミックな印象とともに、どこかノスタルジアも誘います。窓辺や水まわりに数本ボトルを並べてみたくなりませんか?

ガラス瓶の中で息づく
生きていた記憶

公式サイトから購入できます。プレゼントにもいいですよね。

Reference: errer
Top image: © errer

関連する記事

花をいつまでも楽しみたい。ドライフラワーを上手に暮らしに取り入れてみませんか?
〈The Landscapers(ザ・ランドスケーパーズ)〉による「Plantaholic」シリーズは、ひとつ飾るだけで圧倒的な存在感。小さくとも、リビン...
オシャレなカフェが立ち並ぶ街、台北。でも、実際どこに行けばいいのかわからないもの。今日は最近、台北で人気の“ドライフラワーカフェ”をご紹介。ガイドブックと...
ワインの印象を左右するグラス選び。きちんと理解してますか? ワイングラスにフォーカスし、ソムリエ吉川大智さんにグラスの種類とその適切な選び方を教えてもらい...
アメリカを拠点とする「Allergy Amulet Inc.」は、創業者兼CEOの「Abigail Barnes」氏の幼少期の体験をもとに、食品に含まれる...
手軽にインドアグリーンが楽しめる「人工観葉植物」を使って、室内空間をディスプレイ。
アーティストのAnn Woodの標本はとてもリアルで美しいけど、なんと紙とハサミで作られています。シンプルな素材からできたとは思えないほど、緻密な作品に圧...
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
日本初のドライフラワーカフェとして人気の池袋「HANABAR」に、先週13日より、かわいくておいしくて、身体にも優しい「お花のマフィン」が登場。
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
イタリア・ミラノ出身でスペインを拠点に活躍するデザイナー兼建築士のFederica Sala氏による「The Bruno's Swing」は、母をモチーフ...
おうち時間が増え、心の余裕も生まれる中、「植物」を育てたり「家庭菜園」を始める人が急増。植物を育てるには最高の季節だから、おうちで育てられる植物や野菜に関...
「iHerb(アイハーブ)」でおすすめのドライフルーツを3つピックアップしました。マンゴー、ドラゴンフルーツ、ナツメというラインナップです。
デザインはジャスパー・モリソン、製作は松徳硝子という豪華な組み合わせによって生まれたグラスは、高級感のある佇まい。だけど、1個税込1,944円。とても控え...
オーストリアのグラスメーカー「RIEDEL(リーデル)」と日本の塗り作家・藤井嘉彦氏がコラボ。漆塗りグラス「Libero(リベロ)」が誕生した。
テーブルの中に植物の花や種子を閉じ込めて。
一本の角材から削り出している装飾台付きの花器は、まるでヨーロッパの神殿の柱を眺めているよう。
ナチュラル&オーガニックメイクアップブランド「to/one(トーン)」とヨガウェアブランド「emmi(エミ)」が初のコラボレーション。トーンの人気商品であ...
ルーマニア在住のアーティストPaulaさんが作っているのは、ドライフラワーをカプセルに閉じ込めた樹脂ジュエリー。小ぶりなネックレスやペンダントのなかにも、...
このグラスが、あなたに本音を語らせる。
インドアグリーンとして人気のフェイクグリーン(人工観葉植物)。じつは、そのなかには自然界に存在しない植物が存在します。
バリスタの世界チャンピオンや神経科学の専門家のアドバイスを取り入れつつ開発されたというグラスウェア。味、香り、感触、見た目などコーヒーをよりおいしく味わう...
ナチュラルワインって、なんですか?
一見、落ち着いたナチュラルスタイルのインテリアに見えて、実は斬新なアイデアが反映されているインド・ムンバイのレストラン「Cardboard」。実は、テーブ...
「オトコの趣味」として注目の「塊根(かいこん)植物」を扱う専門店が東京・世田谷にオープン。その名も「SLAVE OF PLANTS(スレイブ・オブ・プラン...
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
廃棄になる「宇治茶葉」を、茶葉の元の姿「植物」として目と香りで楽しむものに生まれ変わらせたフラワーボックス「茶和花」が1月より販売をスタートした。
大阪の北のほう、箕面(みのお)市の名物といえば、滝と紅葉と、箕面山のちょっとやんちゃなおさるたち。箕面市のローカルビール「箕面ビール」のオリジナルグラスは...
ワイングラス「Wino Sippo Glasses」には、ステム(脚)がなく従来のものに比べてサイズは一回りは小さい。さらに、ひょろりと伸びたストローみた...