控えめに主張するナチュラルトーンの植物標本

瓶に専用のオイルを入れて、ドライフラワーやプリザーブドフラワーなどを浸けた「ハーバリウム」。インテリアとして長く味わう植物の楽しみ方です。

ところが、その多くは着彩されたカラフルな花や枝葉。それはそれでキレイなのですが、より落ち着きがあって、リラックスできる、ナチュラルトーンを探していました。すこし色褪せはあったとしても、植物本来の色を身近に意識したいから。

そうしてたどり着いたのが、元インテリアコーディネーターがつくる「errer」のハーバリウム。ボトルの中の素材は、すべて自ら野山に分け入って採集したものだそう。手書きのラベルも相まって、なんだか標本みたいなニュアンスです。

そもそも、ハーバリウムとは「研究のための植物標本」を指す言葉。アカデミックな印象とともに、どこかノスタルジアも誘います。窓辺や水まわりに数本ボトルを並べてみたくなりませんか?

ガラス瓶の中で息づく
生きていた記憶

公式サイトから購入できます。プレゼントにもいいですよね。

Reference: errer
Top image: © errer
花をいつまでも楽しみたい。ドライフラワーを上手に暮らしに取り入れてみませんか?
〈The Landscapers(ザ・ランドスケーパーズ)〉による「Plantaholic」シリーズは、ひとつ飾るだけで圧倒的な存在感。小さくとも、リビン...
オシャレなカフェが立ち並ぶ街、台北。でも、実際どこに行けばいいのかわからないもの。今日は最近、台北で人気の“ドライフラワーカフェ”をご紹介。ガイドブックと...
手軽にインドアグリーンが楽しめる「人工観葉植物」を使って、室内空間をディスプレイ。
「渋谷キャスト」で開催される、たった一夜限りの「東京夜市」。大人が楽しめるナイトマーケット。
アーティストのAnn Woodの標本はとてもリアルで美しいけど、なんと紙とハサミで作られています。シンプルな素材からできたとは思えないほど、緻密な作品に圧...
テーブルの中に植物の花や種子を閉じ込めて。
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
クリスマスプレゼントにぴったりなデザインウォールグラスのパイオニア「GOODGLAS(グッドグラス)」の新作「ルドルフ」。かわいいだけじゃなく、高い機能性...
一本の角材から削り出している装飾台付きの花器は、まるでヨーロッパの神殿の柱を眺めているよう。
東京・渋谷の「CLUB TK SHIBUYA」。今夜も終電後に盛り上がりはピークに。女の子たちをシューティング。
ルーマニア在住のアーティストPaulaさんが作っているのは、ドライフラワーをカプセルに閉じ込めた樹脂ジュエリー。小ぶりなネックレスやペンダントのなかにも、...
「iHerb(アイハーブ)」でおすすめのドライフルーツを3つピックアップしました。マンゴー、ドラゴンフルーツ、ナツメというラインナップです。
「オトコの趣味」として注目の「塊根(かいこん)植物」を扱う専門店が東京・世田谷にオープン。その名も「SLAVE OF PLANTS(スレイブ・オブ・プラン...
インドアグリーンとして人気のフェイクグリーン(人工観葉植物)。じつは、そのなかには自然界に存在しない植物が存在します。
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
「コニカミノルタプラネタリウム天空 in東京スカイツリータウン」の音楽イベント「LIVE in the DARK」。本公演には3度目の出演となるmoumo...
ヨーロッパではグローブにさまざまな動物の革を使用するのに対し、アメリカでは「ディアスキン<鹿皮>」一辺倒。その理由とは?
デザインはジャスパー・モリソン、製作は松徳硝子という豪華な組み合わせによって生まれたグラスは、高級感のある佇まい。だけど、1個税込1,944円。とても控え...
ナチュラルワインって、なんですか?
意外と困ってしまうワイングラス洗い。薄くて繊細だし、シャンパングラスなんかは細いのですごく洗いにくい。そんな悩みを解決する最強スポンジを発見。
このグラスが、あなたに本音を語らせる。
写真家のIsabelle Chapuisと、フラワーアーティストのDuy Anh Nhan Ducの2人による作品。それぞれの男女が一輪の花のように咲く姿...
慈悲深きマリアを象ったフラワーポット。