なんでもないけど、機転のきいた「花瓶」

ビビッドなお色味のフワラーベース。お花との相性もゴキゲンでございます。

どこにでもありそうでいて、ここにしかない。そんなプロダクトを世に送り出しておられるEvan Gantさまによる、機転のきいた花器をご覧くださいませ。

お花を抜き取りまして、お水を捨ててしまうと、右から左のようにシュッと見た目もスリムになられるようです。

なぜかって?

そうでございます。この一輪挿し、外皮は風船にございます。

風船の内部にこの支柱を仕込むことにより、水で満たされたときも転がったり、傾いたりなさらないんだそう。

仕掛けがわかると、「なーんだ」なんて失望なさるかもしれません。なんの芸もない。その通りかもしれません。割れたらどうする?水モレしそう?はい、いろんな懸念点もたしかにおありでしょう。

難癖つけるのは簡単でございますが、風船にお花を活けよう。その発想に脱帽してしまいました。

これで11ドルというから1100円ちょっと。コンシューマープライスを聞けば、みなさまもきっと納得なさるはず。

Licensed material used with permission by Evan Gant
「Firevase」と名付けられたこの花瓶。実は、簡易消火具にもなるんです。使い方は簡単で、火元にこの花瓶を投げつけるだけ。いつも身近に置いておけるから、...
アムステルダム近郊で集められたプラスチックゴミを利用して作られてた「フラワーベース」。マーブル模様はひとつとして同じものがありません。
一本の角材から削り出している装飾台付きの花器は、まるでヨーロッパの神殿の柱を眺めているよう。
なぜ?何のために?は、ここで問うてはいけません。ただ、感じるのみ(笑)
ウール専門ブランド「Woolly」が、ランニング用として徹底的にこだわり抜いたソックスを開発。
誰でも花を美しく生けられる花器がありました。
「窓に貼るフラワーベース」というコンセプトの「+d Kaki(カキ)」は、宙に浮いた状態で花を生けることができる不思議な花瓶。今までは「置く」ことしかでき...
ふたつとして同じものはない、その偶然性こそが「人間らしさ」。
オシャレなカフェが立ち並ぶ街、台北。でも、実際どこに行けばいいのかわからないもの。今日は最近、台北で人気の“ドライフラワーカフェ”をご紹介。ガイドブックと...
脳波から送られてくる電気信号を使ってつくるフラワーベース
「Apple」が6月のプライドマンスに向けて二種類のアップルウォッチバンドを発表。一つはNikeとのコラボ商品だとか。
花をいつまでも楽しみたい。ドライフラワーを上手に暮らしに取り入れてみませんか?
インテリアとして長く味わえる、植物標本「ハーバリウム」。
殺風景になりがちな部屋の壁には、「掛けられる花瓶」が正解かもしれません。テーブルや玄関に置かれることが多い花瓶。花のある生活が心を穏やかにしてくれるのは言...
結婚式のフラワーガールといえば、親戚の小さな女の子が定番。でも去る7月1日、アメリカ某所で行われた結婚式では、92歳のフラワーガールが登場しました。
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
「モエ・エ・シャンドン」のブランドアンバサダー、ティモシー・ベック氏が「モエ アンペリアル」を例に、自宅での上手な楽しみ方を指南する動画が公開されている。
石川県の元・縫製工という僧侶が型紙作成、裁断、縫製までをすべて“ひとり”で生産するデニム「ボーズソーイング」。応援購入サービス「Makuake」でプロジェ...
結婚式で、花を撒きながらヴァージンロードを清めるフラワーガール。小さな女の子の愛らしい姿に会場が和む素敵な時間ですよね。花嫁のPatrick Caseyさ...
福井発のインテリアプロダクトブランド「MOHEIM(モヘイム)」と、ライフスタイルブランド「TRICOTÈ(トリコテ)」とのコラボレーションにより生まれた...
スーパーモデルたちに憧れて、誰でも真似できる簡単な「花盛りヘア」を考えた結果。髪の毛の中にペットボトルを仕込むという、斬新なヘアスタイルが生まれました。
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
女性像の優美な曲線やミステリアスな海の生き物などを想起させる彼女の作品。今回は「Dior」の為に25ピースのベースを全て手作業で作成。
橋にはセンサーが埋め込まれていて、歪み具合や負荷のかかり方を測定してくれる。他にも、「何人が橋を利用したのか」や「どれくらい時間をかけて渡るのか」も記録できる。