好みの形にできる「ガラス花瓶」

イタリア・ヴェネツィアのムラーノ島を拠点にするデザイナーMatteo Silverio氏が、地元のガラス職人と協力し、形を変えられる花瓶「TOUCH-ME」を製作した。

名前の由来は、ガラス細工には「Do Not Touch(触らないでください)」というサインが頻繁に添えられており、たくさんの人が割れやすいと過剰に思い込んでしまっていることに関係しているという。Matteo氏はもっとガラスに触れ合ってほしいと考えているため「TOUCH-ME(触ってください)」と名付けたのだとか。

さらに、を変えられるように工夫を凝らし、ガラスに対する世間の認識をアップデートしよう試みている。

しかし、残念なことに、このプロダクトは商品化されていないということ......。これをインテリアにできたらクールなのに!

©2020 Matteo Silverio
©2020 Matteo Silverio
©2020 Matteo Silverio
©2020 Matteo Silverio
Top image: © 2020 Matteo Silverio
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「Firevase」と名付けられたこの花瓶。実は、簡易消火具にもなるんです。使い方は簡単で、火元にこの花瓶を投げつけるだけ。いつも身近に置いておけるから、...
殺風景になりがちな部屋の壁には、「掛けられる花瓶」が正解かもしれません。テーブルや玄関に置かれることが多い花瓶。花のある生活が心を穏やかにしてくれるのは言...
「窓に貼るフラワーベース」というコンセプトの「+d Kaki(カキ)」は、宙に浮いた状態で花を生けることができる不思議な花瓶。今までは「置く」ことしかでき...
スーパーモデルたちに憧れて、誰でも真似できる簡単な「花盛りヘア」を考えた結果。髪の毛の中にペットボトルを仕込むという、斬新なヘアスタイルが生まれました。
足けりバイク・キックスケーター・自転車の3つのモードで乗ることが可能な幼児用自転車「Kiccle」が、先週4月5日(月)から発売!
コスパも大事、デザインも重要。でも飽きずに使えたり、ちょっと気が利いてたり、そういう感覚でつき合えるIKEAのグッズをボクら目線で選んでみました。
福井発のインテリアプロダクトブランド「MOHEIM(モヘイム)」と、ライフスタイルブランド「TRICOTÈ(トリコテ)」とのコラボレーションにより生まれた...
ヨーロッパで支持され、いよいよアメリカへ。不思議な変化を遂げた「ワインボトルの一輪挿し」が、こちらです。
脳波から送られてくる電気信号を使ってつくるフラワーベース
「wa/ter」は、インテリア制作の過程で出る「ゴミ(廃材)」にデザインの力で新しい価値を与え、別のインテリアに生まれ変わらせるプロダクトブランド。ゴミを...
4月19日から、オーストラリアとニュージランド間を隔離措置なしで自由に移動できるようになると、ニュージランドのJacinda Ardern首相が発表した。
Simone Crestaniさんが創る「ガラス盆栽」は、吹きガラスという製法を用いられ、優美な雰囲気を醸しています。ピンクに色づけされたものは、今の時期...
9月20日にロサンゼルスを拠点にしているアーティストPlastic Jesusが新たな行動を起こしました。
一本の花や枝を主役にする一輪挿しの花器、それもちょっと個性の強いものを集めてみました。
なぜ?何のために?は、ここで問うてはいけません。ただ、感じるのみ(笑)
2021年初春、北欧のデザイン&ライフスタイルブランド「イッタラ」が、直営店とカフェを併設した「イッタラ表参道 ストア & カフェ」をオープンする。
初対面が苦手でも相手が思わず、それ何?と話しかけてくる個性的なラペルピンです。小さないお花を入れることで香りも楽しめます。お値段も5000円以下とお手頃で...
「Avocado Vase®」は、ロンドンのILEX STUDIOが販売しているアボカドの栽培キットだ。
2017年、バルセロナで開催されたデザインコンテスト「7th jumpthegap」で大賞を受賞した『Panacea』。置く場所やシーンによって、形を変え...
ユニークで可愛いお尻型の花瓶。つるつるバージョンや毛深いバージョンなどもあり、見る人をくすっと笑わせてくれます。思わず視線を留めてしまうインパクト大なデザ...

おすすめ記事

3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
「beta post」の「Homeless Backpack」の紹介。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
カナダのアパレルデザイナーが開発したパンツ専用のハンガー「The Jean Hanger」がシンプルなのにスゴイ。ハンガーラックにかけられてシワの発生を防...
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...