結婚パーティーでは「スーツ×花瓶」が小洒落てる。

自分は初対面が苦手な方ですね。結婚パーティーなんかで話しかけなければいけないとき、もうなんて言ったらいいか分からない。「今日は天気がいいですね〜」って言ったら「この人、面白くないな」と思われるんじゃないかとか、余計なことを考えてしまいます。

むしろあっちから話しかけてきて欲しいのが本音ですよ。だからどうやったら話しかけてもらえるか?これが問題だと思うんです。

ここで紹介するのは、小さな花を生けるラペルピン。スーツの襟にさりげなく付けられる。派手さもなくて、たとえ年をとってもずっと使えそう。

通常は真鍮の加工に使われる技術を用いてガラス職人が手作業で加工しています。デザイナーOmer Polakさんは、見た目の美しさだけでなく、中に水を入れることで花の鮮度と香りを保つようにしたんだとか。

話しかけられたら「花の香り」を楽しんでもらうこともできるってことですね。

Licensed material used with permission by Omer Polak
8月25日(日)から31日(土)まで、表参道の「FABRIC TOKYO」にて、女性のための「メンズオーダースーツ」採寸イベントが開催。
「動きにくいし繊細だし、スーツは嫌い」という人にオススメしたい“スーツに見える作業着”、その名も「ワークウェアスーツ」をご紹介。3月17日まで「伊勢丹 立...
「Ultra Suit」は、「水」に関するトラブルを一気に解決してくれる、防水機能のあるスーツです。でも、防水どころか、防臭性や伸縮性もあるため、シワにな...
数々の有名アスリートがトレーニングに使っていたことでも知られる「一本歯下駄」のトレーニングDVDが今年9月に発売予定。通常の体幹トレーニングや筋トレでは届...
大量の情報、商品、買い方の前に正しい判断に迷う「買物ストレス」が増加する中、もっと気軽にオーダースーツを楽しんでもらいたいとの思いから、「THE SUIT...
「Firevase」と名付けられたこの花瓶。実は、簡易消火具にもなるんです。使い方は簡単で、火元にこの花瓶を投げつけるだけ。いつも身近に置いておけるから、...
淡いブルーが特徴的な、パリ13区にある小洒落たマクドナルド。市内にある最も古いマクドナルドのひとつで、改装にあたり、イタリア・ミラノ出身のデザイナーである...
「結婚」この言葉。あなたは幸せに感じる?それとも重く感じる?もしも、結婚したあとに「こんなはずじゃなかった……」と、思っちゃたら、一生後悔し続けるかも。「...
オーストリアで「Siri」と「Alexa」の結婚式が挙げられました。多くの人に見守られながら、誓いの言葉を述べ、2人は“婦婦”と認められることに。AI同士...
「THERMOS COFFEE TO GO」は、マイボトル持ち込み型のテイクアウト専門店。テイクアウトにマイボトルを使用することで、使い捨て容器の排出量を...
不幸だった14年の結婚生活に終止符を打つために、離婚記念パーティを開催したKimberly Santleben-Stitelerさん。彼女はウェディングド...
ベルギーリーグ1部のサッカークラブ「シント=トロイデンVV」がオフィシャルスーツサプライヤーとして都市型オーダースーツブランド「Aoki Tokyo(アオ...
「JoinMyWedding」は、式に参加して欲しいインド人ファミリーと、式に参加したい旅行者をマッチングするサービスです。
多様な結婚式に参列するにあたり「何を着たらいいのかわからない」と悩む女性たちへ向けたオンラインサービス「BEAMS SALON(ビームス サロン)」が今週...
結婚式の夢は日々の恋愛を表していることが多いのですが、その意味は見た人の置かれている立場や心理的状況によってがらりと変わります。ひとり身の未婚で結婚願望が...
夜空に流れる「天の川」の美しさを追い求め、世界各地で捉えた天の川の画像をまとめました。夜空を眺める前にこちらもいかがですか?
感染予防にはモノと手の衛生を「長時間持続」させることが重要。そこでおすすめは、48時間効果が持続する「手」の抗菌化が可能なハンドフォーム「EZ BARRI...
「MAISON SPECIAL」が、在宅で働く人に向けたセットアップ「リモートワークスーツ」を販売中。本格的なドレスアイテムなのに快適で楽チンな機能が満載。
4月19日の会見にてNY州知事は「結婚許可証をリモートで取得するのを認め、事務局員はリモートで結婚セレモニーを行うことを法的に認める」と宣言。
オーダースーツECサービス「FABRIC TOKYO」が店舗にいかずオーダースーツ、シャツを新規購入できるサービス「家から採寸」と「ビデオ無料相談サービス...
ビジネスウエアの代表格「スーツ」の「ラペル(襟)の穴」に隠されたロマンチックなストーリーとは?
「恋は盲目」という言葉通りに、どんな事でも許してしまいがち。でももし今の彼にこのような特徴や性格があれば、将来の結婚は考え直して、別れを決断した方が良いか...
93歳のSylviaさんは、88歳のFrankさんとの結婚を控えていました。「結婚式のパーティーで、どのドレスを着たらいいでしょうか?」彼女は、Faceb...