そんなことある?リノベしてたら、見知らぬ人の結婚アルバムを発見。

フロリダ州に住むMeganさんとBobbyさん夫婦はある日、自宅のリノベーションをしようと天井を壊していました。

するとそこから出てきたのは、見知らぬ人の「結婚アルバム」。

50年以上前?

6901ec1ea01a54547cf50bc6dc1d73e2386797f6

天井に、今まで見たことのなかったスペースを発見。中を調べてみると、結婚アルバムと招待状が出てきたのです。

856fed4fde6ed3d68c7607a5e67880b00e2d615b

招待状を見る限り、ここに写っているふたりが、1963年9月14日にニューヨーク州クイーンズにある「St. Thomas Apostle教会」で結婚式を挙げた、MargueriteさんとJosephさんであることが判明。

8afe4ca73197cef864bf95482780de117e1d6f7d

Meganさんはアルバムを持ち主に返そうと、Facebookに写真を公開。

「この夫婦のことを知っている人はいませんか?」

たくさんのコメントが寄せられた中に、有力な住所と電話番号を見つけましたが、その場所にはすでに別の人が住んでいて、電話も繋がらなくなっていました。

91860a790bce9160bf8bc19b26e7ebb7e066d32cCd2011002efa42d9634a993316310a8861cf4660

しかしその後、様々なつてを辿って、無事に結婚アルバムは本人たちの手に!

詳しい経緯や屋根裏部屋にアルバムを隠していた理由などは、本人たちのためにも公開しないとのことですが、それでも大切な思い出を通して素敵な出会いがあったことは間違いないでしょう。

中古物件を購入し、リノベしていく文化のアメリカらしい、時を超えた偶然のストーリー。あなたの家の屋根裏にも、誰かの思い出が眠っていたりして?

Licensed material used with permission by Megan Kapsidis
「恋は盲目」という言葉通りに、どんな事でも許してしまいがち。でももし今の彼にこのような特徴や性格があれば、将来の結婚は考え直して、別れを決断した方が良いか...
「結婚=幸せ」なんてシンプルに考えたいところですが、「めでたし、めでたし」を手に入れるためには、たくさんの試練があります。「Elite Daily」の既婚...
アメリカ人女優メーガン・マークルとイギリス王室のヘンリー王子の婚約は、様々穴てんで実は歴史的なものといえる。その4つのポイントを紹介。メーガンが英国王室で...
結婚を決意するのってどんな時?何が決め手になる?なんて考えるときに、参考にするものはなんだろう。男性には、“あ、オレはこの人と結婚するんだ”ってなんとなく...
なくしてしまったはずの結婚指輪が、奇跡的に見つかった。天にも昇るよろこびを経験したのはMary Gramsさん。畑で農作業中に、薬指にはめていたはずの指輪...
これは、20代半ば〜30代半ばのアメリカ人男性に聞いた「結婚しない理由」。日本人男性にも通ずるところは多々あるのではないでしょうか。あなたの彼も、じつはこ...
恋愛においての絆の深さは、一緒に過ごす「期間」ではなく、そもそもの「相性」にあるのかもしれません。2ヶ月ほどで今の旦那さんとの結婚を踏み切ったというライタ...
若いうちの恋人選びは「可愛ければいい」「ライバルがいるほうが燃える」なんて理由だったとしても、大人になるにつれて、内面的な部分やさりげない思いやりに目を向...
「YourTango」のSteve Austinさんは、10年間の結婚生活を経てようやくうまく付き合っていく方法が掴めてきたそう。長く付き合っていくのなら...
ある人は言いました。「準備をしないことは、失敗に備えているようなものだ」と。「Elite Daily」の既婚者ライターJasmine Vaughn-Hal...
しあわせな恋人同士が次に目指すのは、やはりしあわせな「結婚」でしょうか。でも残念ながら、結婚したカップルのすべてがHAPPYじゃないのも現実。もともとは他...
将来玉の輿に乗りたいと思っている女性は、イケメンとナルシストはやめておいたほうがいいという研究結果があります。必ずしも全員に当てはまるわけではないけれど、...
ウェディングフォトは一生もの。だからこそ、できるだけ心に残るユニークな写真を撮りたい、と海外で挙式をする人も増えています。そのアイデアを拡大させて、世界中...
左手の薬指にはめるリングは、やっぱり一生大切にしたい。でも、何から何まで自分の希望を込めたい女性に対し、「買ってくれる男性の身にもなってほしい!」と、声を...
賢い女性は、結婚できない?1980年以降に生まれたジェネレーションY世代に向けられたアメリカのニュースメディアELITE DAILYで、物議を醸している話...
93歳のSylviaさんは、88歳のFrankさんとの結婚を控えていました。「結婚式のパーティーで、どのドレスを着たらいいでしょうか?」彼女は、Faceb...
今あなたが一緒にいるパートナーは「運命の人」ですか?もし確信がないなら、辛い恋愛の末に運命の人と出会えたというAnjali Sareen Nowakows...
結婚とは、一生を共に過ごす人を選ぶこと。だけど相手をひとりに絞ることが必ずしも「正しい」ことなのでしょうか?22歳にして当時のパートナーとの結婚に踏み切っ...
「結婚」と聞くと、どのような印象を持ちますか?真っ白なドレス、神聖な教会、愛し合うふたりの前に立つ証人、ピシっと決まった花婿に可愛らしい花嫁…結婚式のイメ...
アメリカは、ロシアに次いで2番目に離婚率が高い国だそう。アメリカ人夫婦の2組に1組は離婚するとも言われています。いまの時代、ひとりめの結婚相手と一生を寄り...