ミツバチのためのナイトクラブがオープン。「彼らにも楽しんで生きる権利がある」

思わず自分の目を疑ってしまった。でも、たしかに「THE FIRST HARD CORE BEE NIGHT CLUB(世界初ミツバチ用ナイトクラブ)」とある。動画を見ると、ブンブン音をたてたミツバチたちが、店の中へと入っていく様子が…ナンダコレ!

このアイデア、
斬新すぎませんか?

8648b37e03c876d5f6402d8eec5c2f4c8003a9af

ここは、ドイツ・ミュンヘン。とあるビルの屋上に、もうひとつ小さなビルが。

7305ac11dd2304672c59d9b7b820adc6f7dfa44c

この「MET BAR」は、ミュンヘンに拠点を置くクリエイティブエージェンシー・Edgy & Cheesyがミツバチのために開いた“お店”。と、言われたところで、背景がよくわかりませんよね。

972f2bf4a8b28d100d053152a98a29686a851a69

アメリカ合衆国農務省のデータによると、ミツバチの減少傾向は一向にストップする気配がないのだそう。真偽はさておき、ミツバチが絶滅すると人類も滅亡する、なんて話を耳にすることもあります。

4989c34a3b7a44164c5b8a267d3a73d35cbadb5d

そんな状況を受け、ミツバチのクオリティオブライフを向上させるべく立ち上がったのがEdgy & Cheesy。彼らは、ドイツのアート系メディア「Urbanshit」にこうコメントしています。

「ミツバチにも、1日のハードな仕事を終えたときに立ち寄れる家のような場所があるべきだよ」

1e5b16ab94b30916bd5bae797d5dbaaaf3b8c6c8

店内で何が行われているのか。それはミツバチたちのみぞ知る。

E1ec2ff39a26540599dbe24cdc26e3515fbb303eEb7f55206dd184a0a5fabbe1aaf7ae72209c9a14

グラフィックアートもそれっぽい雰囲気を演出。

Aef07b83701782be5c892143c6636c6177d86ada

動画の中で「ミツバチにも楽しんで生きる権利があるんだ」とメッセージを発信する彼ら。いや〜、さすがにこの発想はなかった!

Reference:Urbanshit
Licensed material used with permission by Edgy & Cheesy
ミツバチのためのナイトクラブ、なんて店が誕生したときには、それはそれは目を疑ったもの。ですが、ここで紹介する出来事も負けず劣らずのインパクト。舞台はスウェ...
オーストラリアのアーティストが開発したのはミツバチの授粉をサポートする人工授粉”花”です。植物の生態系を維持するために、まずは農薬や殺虫剤からミツバチを守...
ダンサーのSergey Melnitchenkoは、故郷のウクライナから中国を訪れた時、ある名もなきナイトクラブに雇われる。しかし、彼は働き始めてすぐに、...
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
虫嫌いなら拒絶すること間違いなしですが、専門家が「養蜂」を真剣に考えた結果生まれたものなんです。
ある日突然、養蜂業者で飼っていたミツバチが消滅するという奇妙な事件が頻発している。多いときでは巣箱の90%にも及ぶ大量の蜂が、突如として姿を消す・・・。巣...
アボカドやトマト、ベリー、ナッツ類など、スーパーフードと呼ばれる日本でも人気の食物たちに加え、さらにはコーヒーまでが近い将来、世界の市場から姿を消すかもし...
ドナルド・トランプ大統領の毎回のツイートに友達のようにリプライを投稿する男性。実はアメリカの人気コメディ番組の「サタデー・ナイト・ライブ」の放送作家のジョ...
佐賀県武雄市や神奈川県海老名市などで展開されている「TSUTAYA図書館」の影響もあり、改めて図書館と向き合う機会が増えてきました。そんな中で目にしたこの...
皮膚やコブをまとったままの恐竜(ノドサウルス)が発見されたというニュースに、目を疑ったのは私だけではないはず。でも興味がなければ、スクロールに消えてしまっ...
アメリカに暮らすHilde Kate Lysiakの趣味は、ジャーナリストとしてニュースを報道すること。彼女は、地元で新聞を刊行し、ニュースメディア「Or...
先日パートナーと同性婚をした私は、ゲイ業界でここ10年ほど、台湾ブームが来ていたことを肌で感じていた。理由は安直なところで「日本人は台湾人にモテる」という...
僕は、毎朝バタバタと準備をしてしまうタイプ。というのも、アラームを止めてからもついつい二度寝をしてしまうことが多いから。気付いた時には、急いで準備をしなき...
花粉の時期になると「花粉症予防になるらしい」と話題に昇る食材のひとつが「ビーポーレン」。いつもの朝食に「ふりかけ感覚」で取り入れてみるのはいかが?
Tinderで知り合った、22歳の男性Josh Avsecさんと21歳の女性Michelle Arendasさん。3年かけてマイペースにメッセージを送りあ...
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
毎年、入れ替わりの激しい「ハワイの定番土産といったらコレ」。「ホテル・ハレクラ」のパンケーキミックスは何度もらっても嬉しいし、もちろん「ホールフーズ」でオ...
フランスに拠点を置くデジタルラボTHÉORIZ Studioが最近公開した、話題の動画を紹介します。仮想現実をよりリアルに体験するテクノロジーを応用したも...
一日30品目──、バランスのいい食事をとることで日々の健康づくりに役立てる。それは、バラエティに富んだ食材があって初めて成立するロジック。もし世の中の食材...