Tinderで知り合ったふたりの「マイペースすぎるやり取り」

Tinderで知り合った、22歳の男性Josh Avsecさんと21歳の女性Michelle Arendasさん。ふたりのやりとりは、そのユニークさで瞬く間に話題になりました。なんでも、そのペースが遅すぎる。

3年かけた
ふたりのメッセージ

2014/09/20
Josh:やぁ、ミシェル。
 
2014/11/28
Michelle:返事おそくなってごめんね、携帯が死んでたの!
 
2014/11/29
Josh:返事早いね!ぼくは充電器を探すのにだいたい5ヶ月はかかるよ。
 
Michelle:でしょ。やっとフル充電できたの。なかなか電池貯まらなくって。
 
2015/01/19
Josh:ごめん、シャワーに入ってたんだ。
 
2015/02/13
Michelle:今メッセージ見たわ。ごめんね授業中だったの。

注目してほしいのは、その日付。Joshさんが最初にメッセージを送ったのが2014年9月20日なのに対し、Michelleさんの返事はなんと11月28日と2ヶ月後。

そのあとも、の〜んびりと会話を楽しむふたり。

2015/05/18
Josh:しばらく返事してなくてごめんね、期末テストで忙しかったんだ。
 
2015/12/20
Michelle:本当にごめん、すごく忙しい週末を過ごしてたの。
 
2016/10/10
Josh:連絡無精だって思われてもしょうがないけど、中間テストでバタバタしてるんだ。
 
2017/02/22
Michelle:元気?なんだか早く連絡したくなったの!祝日だったから大忙しだったのよ。

7ヶ月ほど間隔があくこともあります。こんな調子で、2人は3年間やりとりを続けました。

返事がないとやきもきしてしまうものなのに、こんなスローペースの関係が3年続くってすごいことです。Joshさんに、何故こんなにゆっくりチャットしているのか聞いてみました。

「一回目のメッセージが時間をたっぷり使ったジョークだったから、僕もそれに乗っかってみたのさ。彼女が返事してくれる限り、ぼくも返そうって思ったんだ。

まあでも、これが僕らのペースだから。彼女と恋人同士になるかはまだ分からないけれど、スムーズに事は進んでる気はする。とりあえず今は、友だち関係を楽しむよ!」 

Tinderの粋な計らい
「ハワイに行ってきなよ!」

Joshさんは、メッセージ画面のスクリーンショットをTwitterに投稿。そのユニークでスローペースなやりとりは拡散され、一気に話題になりました。

2人をマッチングしたTinderにもこの話題は届き、なんと2人にハワイ旅行をプレゼント。「荷物をまとめるのに2年もかけないでくださいね!」なんてジョークも添えられた粋な計らいに、ふたりも大喜びのようです。

さて実際、ハワイには行くの?

「もちろんさ。初デートがハワイだなんて本当に嬉しいよ。Tinder、ありがとう!

そうだね、いつもより“早く”出発して、バカンスを楽しもうかな」 

そうコメントしてくれたJoshさん。旅行の準備は着実に進んでいますか?

Licensed material used with permission by Josh Avsec
Tinderで知り合った、22歳の男性Josh Avsecさんと21歳の女性Michelle Arendasさん。3年かけてマイペースにメッセージを送りあ...
多くのミレニアル世代が使っているTinderが、アメリカの大学で新学期が始まるタイミングに合わせて、大学生限定のサービスを始めました。
ミレニアル世代から人気を集めているデートアプリ「Tinder」。その料金制度が年齢差別的であるとして訴えられました。そして、裁判所はジョークを交えつつ、「...
アメリカでは、まさに私くらいの年代(20代前半)を称して「The Age of Tinder(Tinder世代)」と呼ぶらしい。分からなくもないのは、日本...
自信を持って推せる台湾雑貨のお土産を選びたい。行ってみたいのが『物外設計』という文具ブランドのお店。なかでも「Y STUDIO」シリーズは、女性の手にも映...
仲の悪い関係が続いているラッパーの50セント(50 Cent)とジャ・ルール(Ja Rule)。彼らのビーフはアメリカのメディアで度々取り上げられるのです...
EU離脱か残留か、その賛否を問うイギリス国民投票に全世界が固唾を飲んで見守った2016年6月23日。結果は周知の通り。多くの報道でも伝えられているように、...
ロンドン在住の同性愛者Ben Velzianさんは出会い系アプリ「Tinder」を介してTomさんとマッチング。Tomさんは軽い気持ちでBenさんに「初め...
教授の神対応によって、多くの人に笑いを届ける出来事となりました。
Twitterの拡散力はあなどれない、改めてそう思いました。
静岡県静岡市にあるコーヒーロースター「IFNi ROASTING & CO.」の松葉正和さんと、岐阜県土岐市の陶芸家、大江憲一さんがコラボして廃棄コーヒー...
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...
Dima Yarovinskyさんは、“SNSの利用規約”を一般的に使われている契約書のようにして、「I AGREE」というアートを作りました。
SNSに1時間ほどでも滞在すると、睡眠の量や質には大きな影響が出る。スマートフォンなどの発するブルーライトもさることながら、24時間絶え間なく更新されるニ...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
ロシア・ウラジオストクのランドマークである長さ約1300mにもわたる「ゾロトイ橋」。11月某日、どう見ても様子が異なる集団が、車両専用のこの橋を渡ろうとし...
何がすごいって単純に美しすぎるんです。まずは、どんなカップルのデートなの?というところからですが、写真を見れば一目瞭然。誰がどう見たって美男美女のモデルカ...
顔を見たことがない相手に恋をする。映画やドラマの世界ではあり得るシチュエーションでも、実際にはこの上なく非現実的。けれど、映画化されても不思議じゃない、イ...
これはフォトグラファーMarieさんの作品、「Lifeconstruction」。全く知らない人同士を、あたかも親密な関係であるかのように撮るシリーズ作品...
Lisette Pylantさんは26歳の誕生日に友達の紹介で、ある男性(Justin)とバーに行くことに。友人が働いているバーでお酒を飲んでいたのですが...
「県外で行われた友達の結婚式で意気投合」「SNSで知り合って」など、出会いかたもいろいろあるもの。なかには最初の恋愛が遠距離だったという人もいるでしょう。...
お互いに対する思いやりもアップしそうな10個の「カップル目標」を提案するのは、「Elite Daily」のRachel Shattoさん。ふたりの関係に新...
真っ裸のもの、宙吊りになったもの、思いっきりブレてるもの、足だけのもの、仮面をかぶったもの。じつは、これらはすべて婚約写真というから目が点になった。確かに...
8月21日、Googleが良いニュースだけを教えてくれるGoogleアシスタントの新機能をテストしていると発表しました。