よなよな開園する「ネズミ専用テーマパーク」が誕生

「ネズミ」と「テーマパーク」。こんな2つのワードが並んだら、万国共通、老若男女、問答無用に“アレ”が思い浮かぶはず。そりゃあもう、仕方ない。

でもでも、そんな当たり前に待ったをかける存在がこれ。ネズミが出迎えてくれる夢の国ではなく、ネズミのためのテーマパークだ。もちろん、決してネタなんかじゃない。観覧車やコーヒーカップ、ジェットコースターなど、施設の充実っぷりからは、その本気度が見て取れる。

これは、ネズミたちにとっての「夢の国」

こちらが、スウェーデンのマルメに誕生した遊園地「Tjoffsans Tivoli」。ネーミングは、同国の児童文学に登場するキャラクターに由来しているらしい。

ウソかマコトか、今から約1ヶ月前のオープン初日には、こちらの予想を上回る「来場鼠数」があったそう。人員が足りずに迷惑をかけてしまったと、Instagramで公式に謝罪している。

一番人気のネコ型ジェットコースター。ネズミも人間も、恐怖を楽しみたいという欲求は同じなのかも。

マダム・ラクレットという占い師の館。中央付近で輝くのは水晶玉だろうか。右に見えるトイレも芸が細かい。

客のほとんどは夜行性なので、暗くなってから開園。

手がけたのは、また「あの組織」

プロデュースするのは、匿名の集団「アノニマウス」。思わず、ウマい!と言ってしまうキャッチーなその名前を聞いた記憶があるかもしれない。

実は彼ら、昨年末にもネズミのためのレストランを同都市にオープンさせ話題に。

「この取り組みは、ネズミと人間、双方のためなんだ。

もともと、子どもたちって想像力が豊かだろ?きっと、小さな動物にも人間と同じ世界があるとイメージしていたはずさ。

そんな空想上の世界をリアルに再現することが、俺たちは大好きなんだよね」

ちなみに彼らは、ネズミのための整備を継続していくらしい。この街では、今後も足元に注目だ。

Licensed material used with permission by @anonymouse_mmx
ミツバチのためのナイトクラブ、なんて店が誕生したときには、それはそれは目を疑ったもの。ですが、ここで紹介する出来事も負けず劣らずのインパクト。舞台はスウェ...
地雷の恐怖から人々を救ってくれるのは、なんとネズミたち。バート・ウィートジェンス氏によって設立されたAPOPOは、アフリカオニネズミを訓練して地雷除去をす...
「東日本遊園地協会」が、おうちにいながら遊園地のワクワクを堪能できる特設サイト「おうち遊園地」をオープン。「東京ドームシティ」「東京サマーランド」「那須ハ...
栃木県小山市民を中心に老若男女に愛され、2005年に惜しまれつつ閉園した「小山ゆうえんち」。遊園地が開園中に活躍していた2層式アンティークのメリーゴーラン...
「コロナ災禍下も日本橋から日本を元気にしよう」と、日本橋を代表する老舗店舗が一堂に会したオンラインストア「江戸東京一」がオープン。
ネズミのための遊園地、ハムスターのための一軒家、と動物のための施設を今までも紹介してきたけれど、今回はひとあじ違う。4月の3日間限定ではあるが、世界初「ネ...
今年、ロサンゼルスのショッピングセンター「サンタ・モニカ・プレイス」に、スーパーモデルのTyra Banksが手がけるテーマパークがオープン予定。その名も...
スウェーデンの決済プロバイダー「Klarna」が、自社のプロモーションも兼ねて粋な方法で万引防止に乗り出した!動画には商品を持ったままポカ〜ンとする犯人の姿も。
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...
スウェーデンの田舎町に誕生した一軒のコンビニ。24時間営業で店員はゼロ。この完全無人化を実現したシステムの背景には、現在日本でも問題視されている、地方特有...
先日提供が開始された「VUniverse」は多数のストリーミングサイトを統合したプラットフォームアプリ。このアプリ使えば、あなたが視聴可能なすべての選択肢...
アメリカ雑貨好き&ビンテージマニア必読! アメリカを代表する人気キャラクター「ナウガモンスター」の歴史とユニークな誕生秘話!
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
スウェーデンで誕生した、AIが搭載されたソフトウェア「Memory Lane」。話し相手がいなくて寂しい思いをしているお年寄りの話を聞いてくれるというもの...
2022年秋に「愛・地球博記念公園」内に開園予定の「ジブリパーク」の整備概要が発表された。総工費は約340億円、年間180万人の来場者を想定。経済波及効果...
結婚式を大好きな遊園地のジェットコースターで挙げたカップルは。140人もの人を招待して、乗車から戻ってくるところまで盛り上がりました。自分が好きな場所で式...
米アニメスタジオ「ピクサー」が、ゲイカップルを主役としたアニメーション短編作品『Out(アウト)』を公開。「ピクサー」史上初となる“LGBTQを主人公にし...
今もっともオモシロいストリップクラブは「Lucky Devil Lounge」だ。少し前はダンサーが料理を届ける「Lucky Devil Eats」で話題...
スウェーデンに「Kajstaden」と名付けられた9階建ての木造マンションが誕生。建築事務所「C.F. Møller Architects」が設計をおこな...
静岡・熱海で長く愛されているお土産「ネコの舌」は、口に入れた時の舌触りが猫の舌のようなラングドシャ。かわいいと評判のパッケージは、このお菓子を作る老舗洋菓...
「こんなオイシイ仕事あるの?」と思うような求人情報が話題となっています。採用された人は、仕事始めと終わりにスウェーデン・ヨーテボリの駅「Korsvägen...
スウェーデン・ストックホルムに拠点を置く広告制作会社「Clear Channel」は、2018年11月にホームレスの人々に向けたプロジェクトを実施。
8月21日、Googleが良いニュースだけを教えてくれるGoogleアシスタントの新機能をテストしていると発表しました。
5月、スウェーデンで408時間ものあいだアイスホッケー世界選手権のトーナメントについて喋り通したスポーツキャスターがいました。彼の正体は……。