よなよな開園する「ネズミ専用テーマパーク」が誕生

「ネズミ」と「テーマパーク」。こんな2つのワードが並んだら、万国共通、老若男女、問答無用に“アレ”が思い浮かぶはず。そりゃあもう、仕方ない。

でもでも、そんな当たり前に待ったをかける存在がこれ。ネズミが出迎えてくれる夢の国ではなく、ネズミのためのテーマパークだ。もちろん、決してネタなんかじゃない。観覧車やコーヒーカップ、ジェットコースターなど、施設の充実っぷりからは、その本気度が見て取れる。

これは、ネズミたちにとっての「夢の国」

こちらが、スウェーデンのマルメに誕生した遊園地「Tjoffsans Tivoli」。ネーミングは、同国の児童文学に登場するキャラクターに由来しているらしい。

ウソかマコトか、今から約1ヶ月前のオープン初日には、こちらの予想を上回る「来場鼠数」があったそう。人員が足りずに迷惑をかけてしまったと、Instagramで公式に謝罪している。

一番人気のネコ型ジェットコースター。ネズミも人間も、恐怖を楽しみたいという欲求は同じなのかも。

マダム・ラクレットという占い師の館。中央付近で輝くのは水晶玉だろうか。右に見えるトイレも芸が細かい。

客のほとんどは夜行性なので、暗くなってから開園。

手がけたのは、また「あの組織」

プロデュースするのは、匿名の集団「アノニマウス」。思わず、ウマい!と言ってしまうキャッチーなその名前を聞いた記憶があるかもしれない。

実は彼ら、昨年末にもネズミのためのレストランを同都市にオープンさせ話題に。

「この取り組みは、ネズミと人間、双方のためなんだ。

もともと、子どもたちって想像力が豊かだろ?きっと、小さな動物にも人間と同じ世界があるとイメージしていたはずさ。

そんな空想上の世界をリアルに再現することが、俺たちは大好きなんだよね」

ちなみに彼らは、ネズミのための整備を継続していくらしい。この街では、今後も足元に注目だ。

Licensed material used with permission by @anonymouse_mmx
ミツバチのためのナイトクラブ、なんて店が誕生したときには、それはそれは目を疑ったもの。ですが、ここで紹介する出来事も負けず劣らずのインパクト。舞台はスウェ...
地雷の恐怖から人々を救ってくれるのは、なんとネズミたち。バート・ウィートジェンス氏によって設立されたAPOPOは、アフリカオニネズミを訓練して地雷除去をす...
栃木県小山市民を中心に老若男女に愛され、2005年に惜しまれつつ閉園した「小山ゆうえんち」。遊園地が開園中に活躍していた2層式アンティークのメリーゴーラン...
ネズミのための遊園地、ハムスターのための一軒家、と動物のための施設を今までも紹介してきたけれど、今回はひとあじ違う。4月の3日間限定ではあるが、世界初「ネ...
元々ビスケット工場だった、アイスランドの世界最北の首都レイキャビクにあるホステル「KEX」。随所に当時の面影が残っています。レトロな雰囲気を味わえる空間が素敵!
ヨーロッパの小国「ルクセンブルク」が、2019年の夏までに公共交通機関をすべてタダにすると発表しました。
スウェーデンの決済プロバイダー「Klarna」が、自社のプロモーションも兼ねて粋な方法で万引防止に乗り出した!動画には商品を持ったままポカ〜ンとする犯人の姿も。
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...
スウェーデンの田舎町に誕生した一軒のコンビニ。24時間営業で店員はゼロ。この完全無人化を実現したシステムの背景には、現在日本でも問題視されている、地方特有...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
シンプルなアイデアですが、予想以上の人気っぷりで、クリスマスまでのストックが既になくなっているこちらのチョコレート。ホットミルクの中に入れると、中から出て...
結婚式を大好きな遊園地のジェットコースターで挙げたカップルは。140人もの人を招待して、乗車から戻ってくるところまで盛り上がりました。自分が好きな場所で式...
8月21日、Googleが良いニュースだけを教えてくれるGoogleアシスタントの新機能をテストしていると発表しました。
生き物のサイズによって、脅威となるものは変わります。葉についた水滴は、人間などにはもちろん恐いものではないが、昆虫などにとっては脅威。水に吸い込まれて、脱...
「はじめて夢中になったオモチャが、LEGO®でした」。自分自身がそうだったという人もいれば、子供や兄弟、甥っ子や姪っ子が、時が経つのも忘れるほど遊んでいた...
香川・高松にある「プシプシーナ珈琲」は、自家焙煎のコーヒー豆店。プシプシーナはムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソンさんのお母さんが飼っていた猫の名前です...
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
「ドイツに来てからボードゲームに誘われることが多くなった」という記事を前に書きましたが、ありがたいことにもうひとつお誘いが増えたものがあります。そう、誕生...
使っているものが壊れたら、修理せずに買い換える。その方が安いし、新品の方が優秀だーー。スウェーデンはそんな“使い捨ての仕組み”を変えようとしている。「修理...
北欧スウェーデンの首都ストックホルム市内には、赤、青、緑の3本の地下鉄路線がある。3路線の全長は100km以上にもなり、じつに100駅が存在する。その中で...
3月、デンマークの首都コペンハーゲンから鉄道に乗って、南スウェーデンを訪れました。スウェーデン人のご主人と結婚した友人・エンニがルンドという街に暮らしてい...
アートってよくわからなくて難しい…と、頭で考えるよりも五感をフルに働かせて感じる。体験型の巨大なアート作品が、岐阜・養老郡にあります。「楕円形のフィールド...
アメリカに暮らすHilde Kate Lysiakの趣味は、ジャーナリストとしてニュースを報道すること。彼女は、地元で新聞を刊行し、ニュースメディア「Or...
夜になれば、多くの星が輝く空を眺められる。運が良ければ、オーロラを観測できる可能性もあるらしい。神秘的な景色を望めるホテル「Arctic Bath」は、ス...