バーの売上アップに貢献した、ほっこり手書き看板

道行く人がつい足を止め、気になって見てしまうちょうど良さがキモ。特に奇をてらった内容ではないけれど、なんとなくリラックスできるイラストが日々描き続けられます。

日本だと「オススメの一品」のように料理名を羅列することが多いもの。でも、これくらいカジュアルなほうが、逆に興味を惹くポイントになるかも。

料理名を書く必要はナシ?

「お金で幸せは買えないけれど、ウチのハンバーガーは買えるぜ」

「たしかに酒を飲んでも、何の問題解決にもならない。でも、ミルクを飲んでも同じだろ?(それなら酒を飲もうぜ)」

いや、それは水ではなくお酒!とツッコミたくなります。

Hedgehog(ハリネズミ)と、hedge(垣根)をかけたダジャレ。

こちらは、Bored doe(めちゃくちゃ暇)とdoe(鹿)をかけたもの。

以降もゆる〜いイラストが続きます。

ちなみにこの店は、彼女の友人が経営するバー。ちゃんと売上アップにも寄与したそうですよ。

今ではきっと、この看板目当てに通う人も多いはず。そんな人たちのために、そしてまだ見ぬ新規のお客さんのために今日も彼女はイラストを描き続けます。

Licensed material used with permission by WolffBones, (Facebook)
不気味な色をしたドリンク。これらはすべて、化学をテーマにカクテルを提供するバー「Viscocity」で飲めます。
街角で突然看板を使ってパフォーマンスを始める男性・・・その得体の知れない絶技が凄すぎるとSNS上で話題沸騰中!一体何者だ?// Post by hello...
『あわじ国バーチャン・リアリティ』は、田舎に帰省し家族と一緒に食卓を囲む疑似体験ができる、癒し系VRムービー。朝はおばあちゃんと、夜は大家族の中で、ほっこ...
若者たちで連日賑わう遊び場「Szimpla Kert(シンプルケルト)」は、ジドー・ネジェドというユダヤ人街にある廃墟バー。廃墟となって放置されていた集合...
現地時間11月18日(日)16時。フィレンツェはミケランジェロ広場から、コンテンポラリーアーティストの蔡國強さんが手がけた作品が打ち上げられました。
ちょっとした工夫が凝らしてあるカレンダー「ロールカレンダー 2019」。巻物式になっていて、表示期間も調節可能。
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
音楽、映画、文学など、誰にだって心のよりどころとしている作品があるはず。そんな“オール・タイム・フェイバリット”を探る週替り連載企画。今週はロック・バー「...
今年の1月末に、少し異なったカクテルを楽しめるバー「Draft Land」が、台北にオープンしました。店内にはリキュールなどのボトルは一切なく、ただただビ...
日本人にとっては、ものすごく身近な「夜の路地裏」。でも、海外の人の目には、光り輝く看板や赤い提灯がとても新鮮に映るのだそう。実はいま、涌井真史さんが撮影し...
オーストラリア・ボルテックスエアーの飛行機が、目的地を約46kmもオーバーする大失態。これだけでも重大な問題なのですが、「パイロットの居眠り」が原因という...
出勤前や昼食後、さらには仕事の休憩時に、バーで同僚と軽く一杯。もしこれがお酒だとしたら、当然ながら社会的にNG。というより、そんな時間帯にはオープンしてい...
メイクアップ用として、よく使われるグリッター。どうやら海外では、食べ物にコレをトッピングするレストランやバー、カフェが増えてきているようです。
旅行は楽しみだけど、飛行機の待ち時間は、少し憂鬱。そんなときはハイセンスなバーで一杯いかがでしょうか?今回は「oyster.com」にまとめられていた、世...
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...
気象観測機器「Storm Cloud Weather Predictor」。雲の形をした容器の中にある結晶が天気によって変化するので、朝起きてカーテンを開...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
2016年2月某日。インフルエンザが流行しているポーランドの首都・ワルシャワに、とある看板が出現しました。コレ、一体なんだと思いますか?実はこの看板、赤外...
この「Honomobar」は、使われなくなったコンテナを改装したもの。完成後そのままトラックでここへ運ばれ、ポンと置かれているだけ。
「あずきバー」は、井村屋株式会社が誇る大ヒット商品。1972年に販売がスタートした不滅のロングセラーです。このたび、そんな名作の“新たな用途”が発見され、...
「No Tech Zone(テクノロジー禁止ゾーン)」と書かれている。この標識が設置されたのは、米・サンフランシスコにある「Alamo Square Pa...
プーケットにある「Baba Nest」。ラグジュアリーホテルの最上階にあるこのカフェからは、パノラマの絶景を堪能できます。しかも、視界を遮る障害物はなく3...
〈BARNEYS NEW YORK(バーニーズ ニューヨーク)〉で限定販売中のミントタブレット。
ショートフィルム『パン屋のビリー』を観ていると、今すぐにこのパン屋に行きたくなる!