ロンドンの街路樹に添えられた「Dear Everyone」から始まるメッセージ

ロンドンのオックスフォード・ストリート。クリスマスが近づくと色とりどりのネオンがきらめく街路樹、その一角に1本だけ背の低いカエデの木が植わっています。いま、この木が道行くロンドナーたちの心をほっこり温めているんだとか。

細い幹にくくりつけられたメッセージを読むと、その理由が分かるはずです。

お小遣いで買った植木の成長を
みんなで見守って!

2ee2b079fade21e4c6f710048c57198e245d187a
Dear Everyone
 
My name is Arrabella Cornelius, I am 7.
 
I have planted this tree here for everyone to watch it grow and enjoy. 
Please respect it as I bought it with my own money. Plus my Daddy risked getting arrested planting it!
 
Arrabella xx
 
みなさんへ
わたしは7歳のArrabella Corneliusです。
街行くみんなに成長を楽しんでもらおうと思い、おこずかいの中からこの木を買い、ここに植えました。パパも逮捕されちゃうかもしれないリスクを冒して、木を植える手伝いをしてくれました。だから、みんなもやさしくしてください。
 
Arrabellaより
 
B7608a4706a755720afa467905155be56a11a316

つけひげをしておどける、この子がArrabellaちゃん。お父さん(Neil Cornelius)と一緒にカエデの木を植えた張本人です。彼女のいてもたってもいられない気持ち、分かるなあ。

ある日、仕事帰りに暴漢たちによって、街路樹がいたずらにポキンと折られるのを見かけたNeilさん。オックスフォード・ストリートといえば、世界屈指のショッピングエリアです。無残に折られた木は、やがて市が撤去したものの、その後一向に新しい街路樹が植わる様子なかったんだとか。

Arrabellaちゃんにこの話をしたところ、「パパ、私たちで植えよう。夜暗いうちにやちゃおう!」7歳の子どもらしい発想。だけどNeilさんは「パパ、捕まっちゃうかもしれないよ」と、いったんは娘の提案を退けました。

ところが、Arrabellaちゃんの正義感は本物。

翌日、父親を引きずるように車に乗せホームセンターへと走らせ、自分のおこずかいでカエデの苗木を購入。そして、人通りが少なくなった夜、Neilさんに手伝ってもらいながら、空いたままになっていた道の脇にこの木を植えてしまいました。

もしかしたら、また誰かに悪さをされてしまうかもしれない。そこでArrabellaちゃんは、まだか細いカエデの幹に前述のメッセージをくくりつけた、という訳です。

街の美観をまもる
“ゲリラ・ガーデナー”親子

じつはこの親子、ゲリラ的な植樹はこれが初めてではないんです。以前にも同じウェストミンスターのメリルボーン地区の枯れた木の根元にヒマワリやトマトの寄せ植えをしたことも。

父と娘の植樹が街行く人達の目に止まり、それがSNSで拡散される。いつしか親子についたあだ名が「ゲリラガーデナー」。じつにうまい言い回し!

人々の反応も上々のようでThe Telegraphは、「とっても励まされる」、「この親子がウェストミンスターの美観を守ってくれている」といった声を紹介。地域のコミュニティはこういうところからも広がっていくんでしょうね。

Licensed material used with permission by Neil Cornelius, Gemma O'Brien
今年9月に行われたロンドンファッションウィークに先駆けてロンドンの中心街ゲリラ的に行われたファッションショーがありました。主催は下着ブランド「Bluebe...
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
ロンドンのストリートライフを中心に撮影するEdo Zolloは、夜もふける頃にだけ感じることができる“邪悪なロンドン”を写し出す。彼いわく、深夜だけに聞こ...
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
「#IMWITHKAP」という彼に賛同する意味のあるハッシュタグが刺繍されているデザインです。
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
「持続可能な社会」に向けて、世界の様々な企業がエコな活動を進めていますが、アメリカのEnGoPLANET社が開発したのは、「太陽光」と「通行人の歩く力」が...
セント・ポール大聖堂を、ロンドンの一般的な道に再現しようというプロジェクト「LUCIDA BASILICA」の紹介。
ロンドンを拠点に活動するフォトグラファー、Alex Bartschさんのプロジェクト。写真集には40ヶ所以上の「聖地」が収録されている。
2月中旬、ロンドンの中心へ、はるばる福島県からやってきた日本人がいた。
奈良県の「奈良漬け」は、白瓜やきゅうり、生姜などの野菜を酒粕で漬け込んだ漬物のこと。その歴史は西暦700年代、奈良に都があった平城京の時代にまで遡ります。...
ロンドンにある「Cereal Killer Cafe」は、シリアルをモチーフにしたカフェ。シリアルがトッピングされた可愛いドリンクがたくさん!
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
何気ない街の風景を切り取ったデザインが、なんだか愛おしい。
クイーンズ・パーク・レンジャーズFC(通称QPR)のホームスタジアムがロンドン西部にある「ロフタス・ロード」。
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
国が違えば宗教も違う、そうなると食べるものだって当然違いが出るものです。では、ロンドンに暮らす人たちの食事情はどんなもの?
フォトグラファーIwona Pinkowiczさんのプロジェクト「Chasing Dreams」は、ロンドンの街角で知り合った人々の夢を伝えるもの。そこに...
現地時間で9月2日。炎が立ち上るロンドン・テムズ川周辺の様子を撮影した画像や動画がSNSに溢れた。投稿内容をいくつか見てみよう。「ロンドンが燃える姿を眺め...
ロンドンでは、2月21日から、シャチのフォルムをした乗り物を体験できるアクティビティーが始まるそうです。水上では最大時速100kmで、水中では60km/h...