ロンドンの街路樹に添えられた「Dear Everyone」から始まるメッセージ

ロンドンのオックスフォード・ストリート。クリスマスが近づくと色とりどりのネオンがきらめく街路樹、その一角に1本だけ背の低いカエデの木が植わっています。いま、この木が道行くロンドナーたちの心をほっこり温めているんだとか。

細い幹にくくりつけられたメッセージを読むと、その理由が分かるはずです。

お小遣いで買った植木の成長を
みんなで見守って!

Dear Everyone
 
My name is Arrabella Cornelius, I am 7.
 
I have planted this tree here for everyone to watch it grow and enjoy. 
Please respect it as I bought it with my own money. Plus my Daddy risked getting arrested planting it!
 
Arrabella xx
 
みなさんへ
わたしは7歳のArrabella Corneliusです。
街行くみんなに成長を楽しんでもらおうと思い、おこずかいの中からこの木を買い、ここに植えました。パパも逮捕されちゃうかもしれないリスクを冒して、木を植える手伝いをしてくれました。だから、みんなもやさしくしてください。
 
Arrabellaより
 

つけひげをしておどける、この子がArrabellaちゃん。お父さん(Neil Cornelius)と一緒にカエデの木を植えた張本人です。彼女のいてもたってもいられない気持ち、分かるなあ。

ある日、仕事帰りに暴漢たちによって、街路樹がいたずらにポキンと折られるのを見かけたNeilさん。オックスフォード・ストリートといえば、世界屈指のショッピングエリアです。無残に折られた木は、やがて市が撤去したものの、その後一向に新しい街路樹が植わる様子なかったんだとか。

Arrabellaちゃんにこの話をしたところ、「パパ、私たちで植えよう。夜暗いうちにやちゃおう!」7歳の子どもらしい発想。だけどNeilさんは「パパ、捕まっちゃうかもしれないよ」と、いったんは娘の提案を退けました。

ところが、Arrabellaちゃんの正義感は本物。

翌日、父親を引きずるように車に乗せホームセンターへと走らせ、自分のおこずかいでカエデの苗木を購入。そして、人通りが少なくなった夜、Neilさんに手伝ってもらいながら、空いたままになっていた道の脇にこの木を植えてしまいました。

もしかしたら、また誰かに悪さをされてしまうかもしれない。そこでArrabellaちゃんは、まだか細いカエデの幹に前述のメッセージをくくりつけた、という訳です。

街の美観をまもる
“ゲリラ・ガーデナー”親子

じつはこの親子、ゲリラ的な植樹はこれが初めてではないんです。以前にも同じウェストミンスターのメリルボーン地区の枯れた木の根元にヒマワリやトマトの寄せ植えをしたことも。

父と娘の植樹が街行く人達の目に止まり、それがSNSで拡散される。いつしか親子についたあだ名が「ゲリラガーデナー」。じつにうまい言い回し!

人々の反応も上々のようでThe Telegraphは、「とっても励まされる」、「この親子がウェストミンスターの美観を守ってくれている」といった声を紹介。地域のコミュニティはこういうところからも広がっていくんでしょうね。

Licensed material used with permission by Neil Cornelius, Gemma O'Brien
他の記事を見る
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
今年9月に行われたロンドンファッションウィークに先駆けてロンドンの中心街ゲリラ的に行われたファッションショーがありました。主催は下着ブランド「Bluebe...
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
ロンドンにある「Cereal Killer Cafe」は、シリアルをモチーフにしたカフェ。シリアルがトッピングされた可愛いドリンクがたくさん!
雨季以外はほぼ夏というダナンで、住人がエアコンの使用に依存することなく快適に暮らせるよう考案された、アイロンビーズのような家があります。
重厚感や軽快感がうまくミックスされたこの建物。実はこれ、ベトナムのハナム省にあるコミュニティセンターです。この地域の工事現場から出された、行き場のない廃棄...
友人がロンドンでルームシェア先を探していた時、とんでもない条件を突きつけられたと言う@rxdaznさん(ツイッターのアカウント名)。募集した人からのメール...
ロンドンのストリートライフを中心に撮影するEdo Zolloは、夜もふける頃にだけ感じることができる“邪悪なロンドン”を写し出す。彼いわく、深夜だけに聞こ...
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
Bella Foxwellさんのインスタアカウント「The Doors of London」には、ロンドンにある「ドア」の写真が投稿されています。
Nikeがアフリカ系の人々に敬意を表する「Black History Month」に合わせて、2019年のコレクションを発表しました。
ロンドンを拠点に活動するフォトグラファー、Alex Bartschさんのプロジェクト。写真集には40ヶ所以上の「聖地」が収録されている。
セント・ポール大聖堂を、ロンドンの一般的な道に再現しようというプロジェクト「LUCIDA BASILICA」の紹介。
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
ロンドンで最先端のクリエイターが集る場所と聞けば、多くの人はソーホーを思い浮かべるかもしれません。でも、僕ならサウス・ロンドンの郊外にあるペッカムを推します。
「持続可能な社会」に向けて、世界の様々な企業がエコな活動を進めていますが、アメリカのEnGoPLANET社が開発したのは、「太陽光」と「通行人の歩く力」が...
ラジオ・ニュージーランドが作成したニュージーランドの地図。いくつもの星マークが表示されていて、クリックするとその土地にゆかりの曲のタイトルと短い紹介文がで...
ここで紹介するのは、シティ・オブ・ロンドンの近くにあるブティックホテル「Cuckooz」にある、子宮みたいなカタチをしたベッドルームです。
ロンドンで20年間もフィッシュ&チップスを提供してきたレストラン「Sutton and Sons」は、ヴィーガンフードの需要が増えてきたことをいち早く察知...
ロンドンの建築デザイン事務所が、超高層ビル「The Tulip(チューリップ)」のプロジェクトを発表。通称「ガーキン」の隣に建設され、新たな観光名所になる...
何気ない街の風景を切り取ったデザインが、なんだか愛おしい。
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
このマップは、ロンドン各地にゆかりのあるバンドの名前や曲名、歌詞で表現。ミュージシャンの生まれた場所や暮らしていた場所を知れるだけでなく、レコーディングス...
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。