スポーツをしない人も注目したい、外苑前のニュースポット「NEUTRALWORKS.」

アスレジャーなんて流行語を引き合いに出すまでもなく、スポーツというキーワードがライフスタイルと密接になってきた。今やフィットネススタイルはカジュアルの一ジャンルだし、ジョグ用ボトルでドリンクを持ち歩くビジネスマンだって珍しくない、ジムに通ってなくてもスマホで1日の歩行距離を気にしている人は多い。

とすれば、現代人をスポーツマン(&ウーマン)と非スポーツマンに分けるのはナンセンス。あらゆるスポーツウェアやグッズ、あるいはフィジカルコンディションへのケアは、早朝に公園を走っているランナーや休日を芝生の上で過ごすヨギーだけのものじゃない。老若男女、すべての生活者に関係しているはず。

現在建設中の新国立競技場や神宮球場、国立霞ヶ丘競技場などが隣接する国内随一のスポーツエリア、外苑前。そこに2016年4月オープンした『NEUTRALWORKS. BY GOLDWIN』は、そんな今の時代にフィットしたストアだと思う。当然、ウェアやグッズ類のセレクトは魅力的。加えて、シリアスなスポーツ愛好者でなくても利用したくなるコンテンツがつまってる。

外苑前駅出口から徒歩約30秒
立ち寄るチャンスは多そう

まずはアクセスから。最寄り駅は東京メトロ銀座線の外苑前駅。3番出口から徒歩約30秒。周辺にはインテリアショップや人気のレストランも多く、休日はショッピングエリアとして賑わっている。『NEUTRALWORKS.』だけを目当てにせずとも、インテリアや雑貨をみるついでに、食事の帰りにと、気軽に立ち寄れる好立地だ。

『NEUTRALWORKS. BY GOLDWIN』

住所:東京都港区北青山2-7-22 H・T・神宮外苑ビル
営業時間:11:00〜20:00(1F、2F)
TEL:03-6455-5961
HP:www.goldwin.co.jp/neutralworks/
APP:http://yappli.plus/NEUTRAL-WORKS

1F
街のカフェスタンドとして、気軽に活用したい

4フロアからなる『NEUTRALWORKS.』では、各フロア毎にキーワードが設定されている。1Fのそれは「アスレチックライフ」。

一歩店内に足を踏み入れると、THE NORTH FACEやSpeedoのウェアやグッズ、さらにはグリーンまでが並べられている。とくにショップオリジナルとなる「N」が大胆にプリントされたTシャツやボトルなどは、フィットネスをしない人でも食指が動くのでは?

さらに注目はフロアの一番奥にある「NEUTRALWORKS.STAND」というカフェスペースだ。

カラダのリカバリーやコンディショニングを意識したオリジナルスムージーや水素水のサーバーなどが人気で、新鮮なフレッシュジュースもテイクアウトできる。買い物や散歩のついでに、喉を潤す……そんな街のカフェスタンドとして気軽に利用したい。

2F
機能とデザインを兼ね備えたウェアは、普段着としても優秀だ

2Fのキーワードは「アスレチックアクティブスタイル」。ランニングやスイムを楽しむ人には垂涎のウェアやグッズ類は、「自分には関係ない」と素通りしてしまうには惜しい。

高い機能を備えたTシャツやウィンドブレーカーは、日常使いでもそのスペックをいかんなく発揮してくれる。そもそも日常のシーンにおいても、吸収性、速乾性、防水性などは有効だ。デザインに目を向けてみても、『NEUTRALWORKS.』でセレクトしているウェアはファッション性が高いものが多数揃っている。“コンフォタブルな普段着”ぐらいの感覚で接してみるのがオススメだ。

3F
トレーニングとは無縁の人だって「ボディチェック」と「水素吸引」には、惹かれるはず

3Fはプロダクトではなく、サービスコンテンツを提供するフロア。キーワードは、カラダの「リカバリー」「メンテナンス」「トレーニング」。低酸素のトレーニングルームやパーソナルストレッチルームなど、ここならではの設備とサービスが話題となっているが、ここで注目したいのは「ボディチェック」と「水素吸引」だ。

まず「ボディチェック」だが、これは体内で電子が化学反応する際に放つ光を特殊な機械で撮影し、それを解析。カラダが持っていうエネルギーの強さやバランスをチェックするというもの……と説明を聞くと難しそうだが、自分のカラダの状態というのは、誰も気になるもの。10分、1,000円(税別)という手軽さで、チャレンジしやすい。

「水素吸引」は、水素水を飲むのと同様に、吸引することで水素を体内に取り込み、カラダのバランスを整えようというもの。アスリート御用達だった酸素カプセルが、一般にも広まったように、ちょっと疲れている時などに利用するのも良さそうだ。リフレッシュコースが30分3,000円(税別)、リラックスコースが60分4,500円(税別)と、こちらも試しやすい価格設定だ。

そして4Fだが、こちらは一般向けというよりもメディア向けのスペース。ワークショップやイベント開催を目的としている。

背景にあるメッセージは「ココロとカラダをニュートラルに整える」

最後にきちんとこのストア全体のコンセプトを伝えておくと「スポーツライフスタイルで24時間過ごしたい人たちのためのココロとカラダをニュートラルに整える」となっている。

ここでは普段スポーツをしない人に向けて『NEUTRALWORKS.』を紹介してきたが、もちろん日常的にカラダを動かすことが大好きな人にとってはさらに楽しめる施設だ。

ジャンクフードもヘルシーに楽しめるヴィーガンバーガーを食べられる外苑前のカフェORGANIC TABLE BY LAPAZ〒150-0001 東京都渋谷区...
スイムブランド〈SPEEDO(スピード)〉とスポーツライフスタイルショップ〈NEUTRALWORKS.〉のダブルネーム。
18年間愛される黒いチーズケーキが名物外苑前でワインとスイーツを楽しめるカフェesola the lab〒107-0062 東京都港区南青山3丁目3-21...
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
「Soup Stock Tokyo」とファミリーレストラン「100本のスプーン」が、レトルトの離乳食「あかちゃんがなんどもおかわりしたくなる離乳食」を共同開発。
〈SPEEDO(スピード)〉と〈NEUTRALWORKS.(ニュートラルワークス.)〉がコラボした「ウォータープルーフポーチ」が便利です。本来の用途は水着...
今回は3月16日にオープンしたばかりの「Banh mi Tokyo」。バインミー専門店のこちらのお店のパンは米粉100%を使ったグルテンフリー!化学調味料...
価値のある上質なライフスタイルを提案する「Goldwin」より、寒暖差の激しくなる秋の街に適した、高機能素材を使ったコート&ジャケットが発売された。
「Goldwin(ゴールドウイン)」から、スポーツシーンに最適なフェイスカバーが登場。
「MIYASHITA PARK」にて、プロの講師から教われるフィットネスプログラムが、11月7日、8日、15日の3日間限定で開催される。
「The World's 50 Best Bars 2020」が発表され、日本からは10位に「The SG Club」、40位に「Bar Benfiddi...
11月下旬、五感を使って暗闇を体験する「ダイアローグ・イン・ザ・ダーク(DID)」が、国立競技場前の「三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア」を新たな拠点...
ビジネス街であり、古き良き商店街もあり、洒落たベイエリアもあり、新幹線や飛行機で移動するときのハブでもあり、古くは東海道品川宿として旅の要地でもある「東京...
スポーツジムやフィットネスクラブに通う、近所をランニングする、など健康維持や肉体改造のため日常的に運動をする人が増えていますよね。また、運動前後に欠かせな...
お風呂上がりのストレッチについて解説していきます。
4月6日よりサービスがスタートした「GenoFitness」は、遺伝子検査とそれに基づくオーダーメイドのオンラインフィットネス動画が、月額9,98...
世界中で使用されているWeb会議ツール「Zoom」。無料版ライセンスユーザーは、通常40分間でタイムアウトする時間制限が各ミーティングにかけられているが、...
「フィリップス」より「電動ファン」付きの「ブリーズマスク」がデビュー。本日19日(木)、「Amazon」及びブランド公式オンラインストア楽天市場店にて発売...
「銭湯特区」と呼ばれる、東京都南部に位置する大田区。ここは、東京23区内で最も銭湯が多い街です。40を超える銭湯の中から選んだ、東京・大田区の「天然温泉」...
目の前で焼きあがるフレーバーは10種類乃木坂にオープンした食パン専門ベーカリーViking Bakery F〒107-0062 東京都港区南青山1丁目23...
自分が運動した時間を植物を育てるのに役立てられるのが「Phabit」だ。ユーザーは、専用アプリを使って個人の目標を設定して、ワークアウトをするだけでいい。
「Makuake」で販売中のフィットネスバイク「BIKEBOX」は、静音式で移動もカンタン、収納幅は11センチとコンパクトで家庭的だ。
めまぐるしいインターネットの普及やオリンピック種目になるのではないかという話題から、熱い注目を浴びるようになった「eスポーツ」スポーツとして本格的にプレー...
東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...