お小遣いを貯めて「刑務所」に100冊の本を寄付した9歳の少年 その理由にあっぱれ!

子どもながらの発想力と、機転の利かせ方、そしてその行動力にあっぱれ。米テネシー州の保安事務所を訪れ、緊張した面持ちで写真に写る9歳の少年。目の前には、首から下が見えなくなるほど積み上げられた本がありました。

刑務所の図書室に
本を届けたい

この物語の主人公Tyler Fugettくんは、お手伝いで貯めたお金に自分のお小遣いを合わせ、100冊以上の本を購入しました。どれも自分のための本ではなく、ある場所に寄贈することが目的です。母のRebeccaさんとともに地元クラークスビルでセール中の本屋を回り、彼が自ら買い集めたのは、この町の刑務所で暮らす受刑者たちに読んでもらいたい本。

悪い考えが浮かんだときは
本を読むのが一番なんだ。

「悪い考えが頭に浮かんだとき、ボクは本を読むようにしているんだ。そうすれば、その考えもどっかに吹っ飛んじゃうからね。刑務所の中にいる人たちにも、いっぱい本を読んでもらいたい。だって本を読んでさえいれば、そこを出るまで悪いことなんて考えなくて済むはずだからね」。

これが、9歳の少年が寄贈を思いついた動機だということに、改めて驚かされます。自分のお小遣いををはたいてまで、ですよ。「彼に満足させられるような生活ができている訳じゃないけど、彼の好きなようにすればいい。だってとっても良いことをしているんだから」、とRebeccaさん。

じつはTylerくんにもまた、刑務所で過ごした経験のある親族がいることを、母は「ABC News」の取材に対し明かしています。彼の行動の背景に、この親族の経験が少なからずあったのでしょうね。

モンゴメリー郡保安事務所Sandra Brandon広報官の説明では、刑務所の図書は100%寄付でまかなわれているため、書籍を購入する予算はゼロ。Tylerくんの厚意に感謝し、ピカピカの保安官バッジを彼に贈ったそうです。

現在、次なる寄付として洗面用具をそろえ始めたTylerくん。もちろんこれも、刑務所の中で必要としている人たちのためだそう。

ウクライナにある少年刑務所の壁に描かれたのは、飛行機を操縦する男の子の巨大なイラスト。アーティストのMilloが描いた壁画には、「罪を償いながらも人生の可...
囚人たちに対して行われていた危険な実験を紹介する「The Infographics Show」の動画に衝撃を受けました。動画の最後に、「囚人に対して実験し...
ホテル?美術館?こんなモダンなデザインの建築物を見たら、そう思ってしまうのは、僕だけではないはず。これが、刑務所と知った時、絶句してしまった。
ニュージーランドのクライストチャーチの街中や植物園には川が通っていて、ボートで観光することができます。特におすすめなのは、朝の時間帯です。
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
サンフランシスコ ダンジョン」という、地元の暗黒歴史をテーマにしたホラー観光名所で、あの刑務所を再現した宿泊施設が限定オープンするのだ。看守や囚人による余...
インスタントラーメンが、アメリカの刑務所内でタバコに取って代わる“通貨”となった。「The Guardian」が報じたこのニュース、クライム映画やドラマに...
アムステルダムから南へ電車で約1時間、ブレダーという街にその元刑務所を舞台とした「Prison Escape」があります。週末を中心に定期的に開催される脱...
2013年に稼働終了した「Shepton Mallet Prison」。最近になり、重い扉がまた開かれた。17世紀に建てられたこの古い刑務所では、現在ゴー...
今から紹介する場所に、お子さんを連れていくのはあまりオススメできません。家族旅行ではなく、友達や恋人と少人数でお楽しみください。どうしてかって?お子さんに...
中国でキャッシュレス化がどんどん進んでいるっていうのはよく耳にする話。で、他の国はどうなんだろう?と思って、いろいろ調べているうちに、意外な国が目に留まり...
フォトブック作成アプリの「Chatbooks」が、来る母の日に向けて制作した、ほっこり動画があります。子どもたちに自分のママが一番だと思う理由を聞いてみま...
米国メイン州の刑務所に収容されている受刑者たち。彼らのポートレートを撮り続けているのは、フォトグラファーのTrent Bell。普段は、商業建築物の分野で...
オーストラリア、タスマニア州に住む12歳のキャンベル・レマスくん。なんと彼、病気で苦しむ子どもたちのために、自分のお小遣いをつかってテディベアをつくり、プ...
食生活や運動がより長く生きるために不可欠なのは、もはや当たり前のことになっています。ここでは、100歳まで生きるために必要なことを紹介している「AsapS...
ロンドンのオックスフォード・ストリート。クリスマスが近づくと色とりどりのネオンがきらめく街路樹、その一角に1本だけ背の低いカエデの木が植わっています。いま...
見ず知らずの100人で、1冊の本を作る。一体どうやって?と思うかもしれません。その答えは、道行く人ひとりひとりに1ページずつ書いてもらう、という意外な力技...
「地元・浜松の人にも知ってもらいたい」。オーナーの山﨑浩さんがそう語るのは、浜松の春野町を中心に獲れる鹿や猪のお肉を使った「ジビエ料理」のこと。わざわざ足...
インドドラマ「Pehredaar Piya Ki」は王家の血を引く9歳男子が18歳少女に一目惚れし、結婚前提・親公認の真剣恋愛をする物語。しかし批判殺到で...
毎年夏になると、車内に残された乳幼児の熱中症による死亡事故を耳にします。アメリカ・テキサス州に住む10歳の少年Bishop Curryくんは、近所で起きた...
北関東に甚大な被害をもたらした、先の「平成27年9月関東・東北豪雨」。発生から間もなく、救援活動に励むボランティアのなかに、横田基地所属の米兵たちの姿があった。
太陽光で充電できる「補聴器」を、発展途上国の子どもたちへと広めている女性がいる。グレイス・オブリエンさんは、スタンフォード大学に通う18歳だ。従来の一般的...
メリーランド州に暮らす10歳のトーマス・ムーアくんは約2年間、一度も髪の毛を切らず、このボサボサ頭。けれど不精なわけでも、ヘアカットのお金が無いわけでもあ...
ドイツのカッセルに出現した「パルテノン神殿」。実はこれ、世界各国で出版禁止になった本で作られています。その数、なんと10万冊。実はこのパルテノン神殿、以前...