スペインの刑務所に描かれた「希望の大木」

高い壁で外界から囚人を遮断する刑務所。このような閉鎖的な場所では、日々の生活に希望を見出すことも難しいでしょう。

でも、スペイン北部のエル・ドゥエソにある刑務所は少し違うかもしれません。

刑務所の裏にある森を象徴するというこの壁画。刑務所内の殺風景な様子を「死」と捉えるとしたら、そこに少しだけ「生命」を吹き込んでくれたかのよう。

この壁画の制作には囚人も携わりました。きっと、いつの日かその目に……と期待する壁の向こうを想像しながら描いていたことでしょう。

Top image: © PEJAC
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ウクライナにある少年刑務所の壁に描かれたのは、飛行機を操縦する男の子の巨大なイラスト。アーティストのMilloが描いた壁画には、「罪を償いながらも人生の可...
日本のテクノロジーとスペインのデザインを融合させることで、大きなシナジー効果が生まれます。今回は、他の欧米諸国ではなく「なぜ、スペインのデザインなのか?」...
ホテル?美術館?こんなモダンなデザインの建築物を見たら、そう思ってしまうのは、僕だけではないはず。これが、刑務所と知った時、絶句してしまった。
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...