無料で食事を提供するレストランは今、街の「ハブ」として機能していた。

ホームレス限定」あるいは、「支払いは募金箱」など、経済格差に関係なく様々な人に食事を楽しんでもらおうと、独自のアイデアを掲げるレストランをこれまでも取り上げてきました。今回は、マレーシアにある「Charlie's Cafe」に注目。

メディアを通して彼らが注目されるようになったのは、2016年のこと。今も恵まれない人たちを救うため、活動は続いています。

「みんなが満たされるべき」

首都クアラルンプールにある「Charlie's Cafe」。このレストランは、お客が任意で5リンギット(約130円)を寄付するたびに、ホームレスあるいは外食ができるほど経済力がない人が使える食事の引換券を発行する「Pay it Forward」と呼ばれるアイデアで知られるようになった。

寄付の流れは簡単。

①寄付金の5リンギットをレジ担当に渡す
②レシートを受け取りメッセージを書く
③レシートとメッセージを一緒にして壁に張る
④使用できる対象の人が剥がしてレジへ持っていくと無料で食事ができる

ただお金を寄付するだけではなく、メッセージを添えることができて、食事する人に思いが届くというこのアイデア。人と人の心を繋いでいて、なんだか温かい。

「食品業界にいて、お腹を空かせた人をただ見ているなんて間違っている」と、「NextShark」に語っているように、カフェのオーナーであるTuzanさんの考えが色濃く反映されているのがわかります。

右側のメッセージには「あなたが食事を楽しめますように」と書かれています。

助け、助けられ、
人が集うレストランに

オープンからまもなく1年半が経とうとする今、レストランはどうなっているのだろうと連絡してみたところ、「Pay it Forward」に加えて、歯ブラシや石鹸など日用品の寄付も集めているとのこと。道行く人々が店に立ち寄り、品物を置いていってくれるそうです。

こうして集まった日用品は、引換券を使用した人に食事と一緒に提供するのだとか。机に並べられた数を見ると本当にたくさんの人が、この取り組みに協力していることがわかります。

助けられる人、手を差し伸べる人、Charlie's Cafeはいつのまにか地域の人が集まる温かいハブのような場所になっていました。ある意味、本当のクアラルンプールを知れる場所でもあるんじゃないでしょうか。

Licensed material used with permission by Charlie's Cafe(Facebook), (Instagram)
他の記事を見る
米メリーランド州ボルチモアのとあるレストランが、この夏5日間限定で特別客を招待すると、地元情報誌「Baltimore magazine」が伝えている。ライ...
今ロンドンで話題となっているレストラン、テーマは「解放」。なんと裸で食事ができるんです。いまだ完成を見ないため設計のコンセプトから想像するほかありませんが...
言うまでもなく、ピンクとストライプが特徴的なデザイン。たくさんの人が写真を撮っている姿が目に浮かびますね。
汗を流した後にミシュランガイドに登録されているレストランで食事ができます。
だけど今、ウユニ塩湖への思いが再熱している。
気持ちも温まるホットチョコレートを飲めるカフェ。晴れた日に、ふらっと立ち寄りたい『COFFEE SUPREME TOKYO』は公式サイトにも、Instag...
「Yelp」が7月24日に、レストランやバーなどが清潔かどうかのレーティングも表示すると発表しました。
マレーシアにあるアジア最大のハブ空港、クアラルンプール国際空港で食べるのは、南ア生まれのチキン料理、辛いけど絶品な「Nando’s(ナンドーズ)」のペリペ...
メイン州にあるシーフードレストラン「Charlotte’s Legendary Lobster Pound」は、ロブスターを茹でる前にマリファナを吸わせる...
フランスを中心に欧州で拡大しつつある、売れ残り食品廃棄禁止への気運。しかし、ここで紹介するのは、新興国でのお話です。舞台はインド南部。主人公の女性は、欧州...
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
みんなが祝福し、喜びを分かち合うのがクリスマス。そんなお祝いの日に、ひとりぼっちで食事なんて寂しいに決まってる。そこで…ロンドン南西部の町シドカップにある...
バリにあるレストラン「Ijen」。特筆すべきは、リサイクル素材でできている点。さらに、残飯は地元の農家に提供。肥料として使われます。ビジュアルからは想像で...
2011年5月にフィンランドで始まった「レストランデイ」は、今や世界の数百もの国で年に4回も開催されているフードカーニバル。誰でもどこでもレストランのオー...
食べるだけじゃなくて、見ることや聞くこと。その場の雰囲気を楽しむのも“美味しい食事”だと私は思う。今回紹介する「Project 52 times」は、1年...
ギリシャのリゾートCosta Navarinoにあるレストラン「Barbouni」。ここの天井は、波のようで美しいと話題になるほど特徴的。一度は訪れてみたい!
2018年12月8日から2019年1月6日にかけて、ロンドンにあるヴィクトリア&アルバート博物館では、ジンジャーブレッドを使ってつくられた街が展示されてい...
いつ、どこでも、つながれる、それが今の時代のキーワード。たとえ、それが食事中であったとしても。だから、それが家族との食事であれ、仕事上の会食であれ、友人と...
レストラン、ビストロ、ブラッスリー、カフェ。その違いは当然呼び名だけではありません。これらの語源はすべてフランス語。ちゃんと使い分けられないと…紳士淑女と...
自然な状態に近づくためのチャレンジ。それが裸で食事をすることである。という定義はさておき、いま世界では超開放的な「ヌード・レストラン」が大流行中。今度はベ...
アメリカで暮らす93歳のClarence Purvisさんは、4年前の2013年に愛する妻Carolynさんを亡くしています。でも、最愛の人を失ったあとも...
インド北部の町ルディヤーナーに行くことがあれば、たとえあなたが大の肉好きだろうと、ぜひ座席数72シートのベジタリアンレストラン「HAWAI ADDA」に、...
「Dinner In The Sky」は話題になっていく中で他のサービスも展開し、今ではフェスに参加でき、サッカー観戦までできるようになっているんです。
路上でのヘアカット。一見なにかの撮影のようにも見えますが、もみあげを整えられている男性はホームレス。カットしているのは、美容師のJosh Coombesさ...