無料で食事を提供するレストランは今、街の「ハブ」として機能していた。

ホームレス限定」あるいは、「支払いは募金箱」など、経済格差に関係なく様々な人に食事を楽しんでもらおうと、独自のアイデアを掲げるレストランをこれまでも取り上げてきました。今回は、マレーシアにある「Charlie's Cafe」に注目。

メディアを通して彼らが注目されるようになったのは、2016年のこと。今も恵まれない人たちを救うため、活動は続いています。

「みんなが満たされるべき」

35bea044876f7150607c02d0d402744d84371a06

首都クアラルンプールにある「Charlie's Cafe」。このレストランは、お客が任意で5リンギット(約130円)を寄付するたびに、ホームレスあるいは外食ができるほど経済力がない人が使える食事の引換券を発行する「Pay it Forward」と呼ばれるアイデアで知られるようになった。

寄付の流れは簡単。

①寄付金の5リンギットをレジ担当に渡す
②レシートを受け取りメッセージを書く
③レシートとメッセージを一緒にして壁に張る
④使用できる対象の人が剥がしてレジへ持っていくと無料で食事ができる

D6f542487f876d4a40fbf4938c3574ba467e5e7b

ただお金を寄付するだけではなく、メッセージを添えることができて、食事する人に思いが届くというこのアイデア。人と人の心を繋いでいて、なんだか温かい。

「食品業界にいて、お腹を空かせた人をただ見ているなんて間違っている」と、「NextShark」に語っているように、カフェのオーナーであるTuzanさんの考えが色濃く反映されているのがわかります。

30d9ccad6f3842cc7278ce9e2958fa74c99ee95f

右側のメッセージには「あなたが食事を楽しめますように」と書かれています。

56fadcc56a83c9e8d05eb79e971f82051a412efe

助け、助けられ、
人が集うレストランに

Eac4d064521714f4d8553b070157479d0e78fc1c

オープンからまもなく1年半が経とうとする今、レストランはどうなっているのだろうと連絡してみたところ、「Pay it Forward」に加えて、歯ブラシや石鹸など日用品の寄付も集めているとのこと。道行く人々が店に立ち寄り、品物を置いていってくれるそうです。

こうして集まった日用品は、引換券を使用した人に食事と一緒に提供するのだとか。机に並べられた数を見ると本当にたくさんの人が、この取り組みに協力していることがわかります。

助けられる人、手を差し伸べる人、Charlie's Cafeはいつのまにか地域の人が集まる温かいハブのような場所になっていました。ある意味、本当のクアラルンプールを知れる場所でもあるんじゃないでしょうか。

Licensed material used with permission by Charlie's Cafe(Facebook), (Instagram)
米メリーランド州ボルチモアのとあるレストランが、この夏5日間限定で特別客を招待すると、地元情報誌「Baltimore magazine」が伝えている。ライ...
今ロンドンで話題となっているレストラン、テーマは「解放」。なんと裸で食事ができるんです。いまだ完成を見ないため設計のコンセプトから想像するほかありませんが...
フランスを中心に欧州で拡大しつつある、売れ残り食品廃棄禁止への気運。しかし、ここで紹介するのは、新興国でのお話です。舞台はインド南部。主人公の女性は、欧州...
みんなが祝福し、喜びを分かち合うのがクリスマス。そんなお祝いの日に、ひとりぼっちで食事なんて寂しいに決まってる。そこで…ロンドン南西部の町シドカップにある...
2011年5月にフィンランドで始まった「レストランデイ」は、今や世界の数百もの国で年に4回も開催されているフードカーニバル。誰でもどこでもレストランのオー...
いつ、どこでも、つながれる、それが今の時代のキーワード。たとえ、それが食事中であったとしても。だから、それが家族との食事であれ、仕事上の会食であれ、友人と...
レストラン、ビストロ、ブラッスリー、カフェ。その違いは当然呼び名だけではありません。これらの語源はすべてフランス語。ちゃんと使い分けられないと…紳士淑女と...
自然な状態に近づくためのチャレンジ。それが裸で食事をすることである。という定義はさておき、いま世界では超開放的な「ヌード・レストラン」が大流行中。今度はベ...
食べるだけじゃなくて、見ることや聞くこと。その場の雰囲気を楽しむのも“美味しい食事”だと私は思う。今回紹介する「Project 52 times」は、1年...
アメリカで暮らす93歳のClarence Purvisさんは、4年前の2013年に愛する妻Carolynさんを亡くしています。でも、最愛の人を失ったあとも...
インド北部の町ルディヤーナーに行くことがあれば、たとえあなたが大の肉好きだろうと、ぜひ座席数72シートのベジタリアンレストラン「HAWAI ADDA」に、...
路上でのヘアカット。一見なにかの撮影のようにも見えますが、もみあげを整えられている男性はホームレス。カットしているのは、美容師のJosh Coombesさ...
大きなスクリーンで映画鑑賞しながら、テーブル付きの座席まで運ばれてくる本格的な料理を味わい、ビールやワインに酔いしれるーー。そんな映画館が2016年4月2...
ミツバチのためのナイトクラブ、なんて店が誕生したときには、それはそれは目を疑ったもの。ですが、ここで紹介する出来事も負けず劣らずのインパクト。舞台はスウェ...
2019年3月にオープン予定の「Under」は、ヨーロッパ初の海中レストラン。水深は約5mで、海洋の変わりやすい気象にも耐えられるように、厚さ1mのコンク...
「一切のムダを出したくないので、レストランをはじめます」。 そんな型破りな宣言とともに突如ブルックリンに現れた“残飯”レストラン「Saucy by Nat...
4,000万円以上の寄付を集める、「GoFundMe」のクラウドファンディングが話題に。きっかけは、全財産が20ドルだったホームレス男性が、ある女性を助け...
滞在先に到着したら、街の美味しいお店で食事をするのが醍醐味の一つかもしれません。でも、最初から美味しい料理が楽しめるホテルを予約するのもアリ!ここでは「T...
米・セントルイスに住むジェイク・オースティンは、長年ホームレスへのボランティア活動をしている男性。「ボランティア」とひと口に言っても、食事の補助から衣服提...
忙しく生きる現代人は、毎日の食事もつい「早食い」になってしまいがち。しかし、早食いは肥満の原因となり、健康にも悪影響……。健康診断などでメタボを指摘され、...