SNSで話題!「ハッセルバックポテト」が旨すぎて危険レベル・・・

じゃがいもに無数の切れ目を入れてオーブンで焼く。たったこれだけの工程なのに、めちゃくちゃ美味しい!

SNSで話題となるや、シンプルな調理法がウケて、じわじわ人気に火が付いた「ハッセルバックポテト」。Instagramは、趣向を凝らしたオリジナルのアレンジレシピがいっぱいです。

アレンジ自在のポテト料理

スクリーンショット 2015-12-30 10.11.40

このアコーディオン状になったポテト「ハッセルバックポテト」は、1700年代に創業したストックホルムのレストラン「Hasselbacken」の名前が由来となっている、と「SwedishFood.com」は伝えています。同レストランの看板料理だったようですよ。

とにかく調理が簡単。オーブンがなくても、魚焼きグリルやトースターを代用すれば、美味しくできるはず。切れ目を入れてはさんで焼くだけ。たとえば、こんな感じに。

切れ目に何をはさむ?
アレンジ自在のポテト料理

スクリーンショット 2015-12-30 11.11.58

tetsu390さんがはさんでいるのは、じゃがいも、チーズとのコンビネーション鉄板レベルのベーコン。さらには、刻みにんにく、バター、仕上げにパセリとパルメザンチーズでお化粧されています。

スクリーンショット 2015-12-30 10.09.23

watttchanさんは、パルメザンチーズ後のせ戦法。カリカリ、ほくほくのバランスが良さそうですね。

スクリーンショット 2015-12-30 10.10.59

話題のニトキス鍋に、ナスとトマトを一緒にグリルしたaryton4848さん。ローズマリーの香りでプロヴァンス風の仕上がり?

スクリーンショット 2016-01-04 20.27.49

georgebeatz_ironrecordさんは、トマト、バジルをあしらったカプレーゼスタイル。

スクリーンショット 2015-12-30 10.12.08

mickyhukuさんのハッセルバックポテトは色鮮やか。切り込みにはさまれた紫色はビーツ、緑はズッキーニのスライスだそう。

スクリーンショット 2015-12-30 10.25.40

f_candleさんのオシャレランチプレートにもハッセルバックポテト。主役級の存在感です。

ハッセルバックポテトのつくりかた

では、一番ベーシックなハッセルバックポテトのつくり方をkaorinkitchenさんのレシピよりご紹介。とってもカンタン。おせちに飽きたら、ぜひお試しあれ♪

スクリーンショット 2015-12-30 10.11.40

<材料>じゃがいも(キタアカリ)、にんにく、バター、パルメザンチーズ、塩こしょう

よく洗ったじゃがいもを皮付きのまま、ペティナイフで切れ目を入れてアコーディオン状にする(下まで切り過ぎないように地注意)。薄くスライスしたにんにくとバターを切れ目にはさむ。バター、パルメザンチーズ、塩こしょうをお好みでふりかけ、200度に余熱したオーブンで30分〜1時間じっくり焼いていく。

パセリとサワークリームを添えてできあがり。チキンの付け合せとしても◎!

Reference:SwedishFood.com
Licensed material used with permission by watttchan ,georgebeatz_ironrecord ,  aryton4848 , tetsu390mickyhuku, kaorinkitchen, f_candle

冷蔵庫を開けた時に、トマトしかない。でもお腹を満たしたいし、美味しいモノを食べたい! ここでは「しかない料理研究家」の五十嵐豪が、そんなニーズに応えます。...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
愛知県・瀬戸市にきたら、だいたい宿泊先は「瀬戸パークホテル」になる。そもそも街中に泊まれるホテルが少ないのも理由のひとつだが、深川神社の境内のなかにあると...
米造形作家による作品です。
「クロナッツ」、「フローズンスモア」、「クレームデュラコーン」、これまで数多くのメディアがどれだけドミニクアンセルベーカリーを紹介しても、ユニークすぎるお...
夜遅くから始める家飲みパーティー。コンビニでできあいのおつまみを見つけるのも楽しみのひとつですが、コンビニ食材だけでちゃっちゃとつくる、こんなサラダはいか...
SNSに1時間ほどでも滞在すると、睡眠の量や質には大きな影響が出る。スマートフォンなどの発するブルーライトもさることながら、24時間絶え間なく更新されるニ...
SNSが友だち同士のコミュニケーションツールにとどまらず、世界とつながるものであることは、もはやスタンダード。誰とでもつながれるものだからこそ、ときに国境...
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
デザイン、サイズ、店舗を通して、本当の自分を表現したい全ての人を応援するアパレルブランド「The Phluid Project」。
大切なのは「上手に使うこと」。なんて、もう聞き飽きてしまった人も多いでしょう。けれど、SNSの闇に飲まれてしまう危険性は誰もが抱えていること。スタンフォー...
両手が空くし、ひとつあるととても重宝するバックパック。でも、1年使ったらけっこうボロボロになったりします。だから毎年のように買い換えるけど、それなりにお金...
さつまいもがおいしい季節になりました。定番の食べかただけでなく、せっかくならこんなアレンジはいかがでしょう。ポテトスキンをさつまいもで代用する「スイートポ...
SNSのプロフィール写真って、やっぱりこだわりたくなりますよね。角度を工夫したり、加工してみたり…。でも、自分で「これが一番いい!」と思っても、意外と他の...
『Dancing With Her』は、世界初のレズビアン向けウェディング雑誌。先月オーストラリアで創刊されるや否や、各国のメディアに取り上げられている。...
SNSはセルフブランディングをする最適なツールか、それとも偽りの自分を世界にさらけ出す恐怖のツールか。もちろんそれは「使いこなす」あなた次第。ライターのB...
お茶は精神世界とつながっている。よくこんな表現がされますが、お茶を飲むことが私たちの創造力に磨きをかけてくれるという研究結果が出たようです。Valerio...
「SEAL」が始める新たなサービスは、あなたの背中を3Dスキャンするというもの。これにより、バックパックと背中の間に無駄なスペースがなくなり、バックパック...
チョイスは「バックパック」一択。街中を歩いていても、男女問わず、そんな人が増えている印象を受けます。きっと、比較的治安が良いとされる日本の事情もあるでしょ...
ソーシャルメディアの危険性は、さまざまなところで取り上げられているが、改めてそのリスクを再確認した方がいいかもしれない。とくに未成年のユーザーに関しては。...
まるで結婚式の花束のような「ブーケサラダ」。その可愛すぎる見た目から、パーティやお祝いごとにもぴったりと、SNSでも評判なんです。しかもむずかしそうに見え...
マレーシアのクアラルンプールにあるレストラン「Charlie's Cafe」では、食事をする人が5リンギット寄付すると、食事の引換券となり、恵まれない人た...
「Visvo」は、ワイヤレス充電規格Qiに対応した充電器を搭載していて、AppleのAirPodsなどの完全独立型イヤホンの紛失を防止してくれる機能もあります。