SNS上で話題になったこの写真。実はただの「子どもたちのゴミ拾い」ではなかった・・・

今年もハロウィンナイトを楽しむ東京・渋谷駅付近は、まるで年末のカウントダウンのような酔狂ぶり。そして、日付が変わった2015年11月1日(日)朝、宴のあとの渋谷の街では、ゴミを拾うボランティアの人々。なかには、子どもたちの姿までありました。

ハロウィン翌朝、渋谷の街に
ゴミ拾いボランティアが集結

若者のカルチャー発信地を自分たちの手でキレイにしよう。複数のボランティア団体が朝早くから集結し、渋谷駅周辺、センター街、円山町近辺で前夜のゴミを拾い集める様子を、テレビ報道やSNSを通じて耳目にした人は多いはず。そのなかには、大人に混じって子どもたちの姿もありました。
この光景にSNSでは、モラルやマナーを問うコメントがずらり。ハロウィンのゴミ問題が年々深刻化しつつある状況は、こうしたところからも伝わってきます。

発起人はまさかのあの人
渋谷区長も全面協力

ゴミ拾い終了後、その場にいたボランティアスタッフの方々とパチリ。

Posted by ニシノ アキヒロ on 2015年11月1日

 

そんなゴミ問題を解決したいと、キングコング西野亮廣を発起人とする「SHIBUYA Halloween ゴーストバスターズ」のボランティアたちも、この日渋谷の街に集結していました。
“ゴミ拾いをエンターテインメントにしよう”をテーマに、約500人が渋谷の街を清掃、そのゴミを使ってアート作品をつくってしまおうというこのプロジェクトには、長谷部健渋谷区長も全面協力。ハロウィンで汚れた街をキレイにし、そのゴミでトラッシュアートを制作する西野の発案に、大人だけでなく子どもたちも参加していたのです。

ボランティアスタッフがゴミから作ったオバケの数々。

Posted by ニシノ アキヒロ on 2015年11月1日

 

こちらは、集めたゴミから作られたオバケたち。映画『ゴーストバスターズ』で幽霊退治に使われたのがゴーストトラップ(掃除機のような装置)なら、ゴミを集めて作るのはそのオバケ。ボランティアスタッフ一人ひとりがゴーストバスターズとなって、オバケの代わりに渋谷の街でゴミを集めて回ったのです。

今やハロウィンは、クリスマスや年末カウントダウンと肩を並べるビッグイベント。とかく、趣向を凝らした仮装にばかり注目が行きがちですが、彼らを始め率先してゴミ拾いに動いてくれた、多くのボランティアスタッフの活躍を忘れてはいけませんね。

Licensed material used with permission by 渋谷 優汰 / DJ U-TA

「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
オランダで開発された「Goedzakken」は、捨てられているモノを欲しいと思った人に気軽に拾ってもらうために、中身をあえて見せるようにデザインされたゴミ...
いよいよ、ハロウィーンまで10日を切りました。どんな衣装で街に繰り出すか、当然もう決めているはず。で、今年は是非、小道具は少なめにして、手ぶらで参加しては...
海を愛する二人のヨットマン。いくら拾い集めてもキリがないビニール袋やベットボトルといった浮遊ゴミを片付ける目的で、海にゴミ箱を設置しました。場所はヨットが...
それでも、ただのゴミとは違います。
「1週間分のゴミを撮っている写真家がいるんだよ」と言われてもにわかには信じがたいですが、フォトグラファーのGregg Segalは、文字通り、人々の1週間...
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサスティナブルな...
 中国の浙江省に住む高齢の女性の歩んできた人生が、世界中で感動を呼んでいる。楼小英(ロウ・シャオイン)さん。これまでに30人以上の捨て子を拾い、育て上げて...
Julius Senkusさんは、新婚旅行で妻のNeringaさんと一緒にシチリアを訪れていました。そこで、落とし物のGoProカメラを発見。中に保存され...
アムステルダム近郊で集められたプラスチックゴミを利用して作られてた「フラワーベース」。マーブル模様はひとつとして同じものがありません。
<セラミリスト>を名乗るTim Kowalczykは、実際に見つけてきた「ゴミ」をセラミック彫刻でリアルに再現するプロ。アメリカで数々の賞を獲得し、芸術学...
NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...
フォトグラファーのAntoine Repesséさんは、ゴミ問題を写真で訴えるために4年間ひたすらいらなくなったものを集め続けました。種類ごとにわけて、各...
NYの女性デザイナー2名が始めた「Nightwood Ny」は、街を徘徊して家具や木材、織物などの廃品を拾い集め、修理したりつくり直して販売しています。口...
不気味なんだけど、愛着を感じてしまう化け物たち。様々な場所にあるこのアートは、通り過ぎる人々を楽しませるだけのものじゃありません。「蘇ったゴミを見て、使い...
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
ヨーガン レールの名前を知っている人がどのくらいいるでしょう。衣・食・住すべてにおいて、心安らぐ手仕事のモノの価値にこだわり、今日のライフスタイルショップ...
オランダのデザインスタジオ「The New Raw」はユニークな方法を使って、ゴミを減らしつつ、プラスチックの大量消費に対して注意を向けさせています。
チリ人クリエイター、Sebastian Errazuriz氏が生み出した本棚「Bilbao」。コレがなんと、彼が道で拾った枝木で作られているというのだから...
海には、世界全体で毎年800万トンものゴミが捨てられている。このプロジェクトなら大量の海洋ゴミを最小限のエネルギーで回収し、再利用できるかもしれない。20...