「ゴミの街」を色鮮やかに。カイロのアートワーク

過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティ・タウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改めて紹介。

巨大なアートが現れたのはマンシェット・ナセル。ここにはカイロで出されるゴミが全て集まる、なんて言われています。なにかとネガティブなイメージがまとわりつくこの地区ですが、彼は50軒もの建物にグラフィティを描くことで、地域コミュニティを活性化させました。

eL SeedだけでなくJRやGERMEN crewといった多くのアーティストたちが、同じようなスラム街を元気付けるプロジェクトをおこなっていますよね。

やっぱりアートで人の心を動かすって、スゴい!

©2016 eL Seed
©2016 eL Seed
©2016 eL Seed
©2016 eL Seed
Top image: © 2016 eL Seed
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
エジプトの古代都市メンフィスの市長だった人物の墓で見つかったのは、なんと約3,300年前のチーズ!世界最古のチーズとみられています。
2019年8月、ミラノやユトレヒトなどに建設される住宅「垂直の森(Bosco Verticale)」のデザインを手がけた建築家ステファノ・ボエリが、カイロ...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...