ボタンひとつで「快適な体温」に変わるデバイス。

体温調節は健康を維持するための大切な要素。ですが、寒暖差が激しい季節の変わり目なんかは、とくに管理が難しいものです。冬本番で冷え性に悩まされているという人も多いでしょうし。

となったとき、どうやって基礎体温を測りますか?これ、かなり秀逸なデバイスなんです。

瞬時に体感温度を切り替え

マサチューセッツ工科大学出身の開発チームが発表した「Embr Wave」は、手首に取り付けてボタンを押すだけで、快適な体温を保ってくれる画期的なデバイス。

例えば、暖房が効きすぎたオフィスや電車内など、外気温と室温の大きな差で、どうやって体温調節していいかわからないようなとき、このデバイスが瞬時にユーザーのパーソナルな基礎体温に近づけ、体感温度をコントロールしてくれるというのです。

手首に巻いたデバイスをプッシュ、これだけで触れている面が急速に冷えてくるそう。クーラーをつけたときのような涼しさを感じられるというのですが…。もちろん、その逆もしかり。プレートが温まり、それだけでストーブに当たっているような暖かさを体感できるとか。

温度調節の仕組みは血流にあり

ところで、なぜ手首を冷やしたり温めたりするだけで体全体の温度を調節することができるのか。これ、「手首」という部分がポイント。

暑いときに首に冷却シートを貼ると、不思議と涼しくなったり、寒い夜に靴下を履くと体が温まったりした経験ありますよね。つまり、首、手首、足首など皮膚のすぐ近くを動脈が通っている部分を温めたり冷やしたりすることで、流れる血液の温度が変わり、これが体感温度に影響を与えるというロジックだとか。

Embr Waveもこの効果を利用して体温を調整しているようですよ。

1回の充電で25回使用可能

充電式バッテリーを搭載したEmbr Wave、腕時計のように自由な向きでピタッと装着できるよう。携帯用カイロを手首につけて歩いているイメージですが、立ち仕事の多い接客業でも目立つことはありません。ファッションアイテムとしては…ですが、まあこれならば許容範囲内では?

体温調節にはこんな効果が

では、どうして体温調節に気を配りたいかといえば、自律神経の乱れや不調が引き起こされる、なんて言われているから。なんとなく気分が落ち込んだり、息苦しさや頭痛を覚えたり、倦怠感に襲われるのもこの適正体温にないことが原因のひとつかもしれませんよ。

体調管理は体温にも気をつかってこそ、ということなんでしょうね。何度でも使えるカイロってイメージで考えたら、299ドル(約3万4千円)という値段も高くはない?

Licensed material used with permission by embr wave
マサチューセッツ工科大学(MIT)は、ナノテクノロジーとバイオテクノロジーを組み合わせ、まるで照明器具のようにクレソンを光らせる技術を開発しました。未来の...
洋服が着ている人間に合わせて変容するーー。そんな未来を感じさせる動画があります。ドイツのインターフェイスデザイナー・シモーネ・シュラム氏が開発したウェアに...
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
マサチューセッツ工科大学(MIT)が開発した新しい素材は、日本の折り紙からヒントを得た「aeroMorph」。布や紙、プラスチックなどのベースに菱形模様を...
京都のうどん専門店が開発したアウトドアスパイス「MAKE9」
アメリカでは98秒に1人の女性が、性的暴行の被害に遭っているそう。日本でも女性の性暴力被害に関する法改正が行われたりなど、国にかかわらず大きな社会問題とな...
消費カロリーや運動量を測定してくれる、スマートウォッチ。便利なのはいいのですが、バッテリーの消耗が早くて充電が面倒に感じることもありますよね。かといって、...
人肌程度の体温をもとにして電力を賄える懐中電灯が開発されました。「熱電式発電機」を利用したシンプルな構造になっており、指で触れるだけでライトがついちゃいま...
「睡眠中のバストケア」と「基礎体温の計測」という、女性にとって大切なこの2つが一緒にできてしまう画期的なナイトブラ「IoTナイトブラ」。
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
世界中で大ヒットとなった名作映画『タイタニック』。映画の題材となったタイタニック号は、今も海底で眠っている。そんなタイタニック号を市民科学者として調査&探...
ボタンは糸で縫い付けるから取れる。そんな当たり前にギモンを抱き、視点を変えることで誕生したのが「Fast Button」。
「自分の肌に1番合う製品を使って、しっかりスキンケアしたい」女性なら誰でも思うことではないだろうか。忙しくても簡単に肌チェックができるデバイスが、Kick...
日々の時間を“見える化”することで自己管理に役立てる、ボタン型のIoTデバイス「kotobo」。
ミリタリーアイテムに採用されている「パラシュートボタン」が誕生した理由とは?
服の上をスーッと滑るように移動するアクセサリー。これは、MITメディアラボやスタンフォード大学の研究者たちが開発した「Kino」という名の小さなロボットだ。
米旅行雑誌『Condé Nast Traveler』読者が選んだ「Top 10 Hotels in Japan」が発表され、名だたるラグジュアリーホテルが...
11月12日、「YouTube」が2020年の「YouTube Rewind」の公開を中止すると発表した。これはその1年で話題となった動画を中心に構成され...
「オーディーエス」は、スマートフォンで再生した好きな音楽に、入眠時の脳波と同じ周波数の信号を加えるRBS技術を搭載した、快適な睡眠をサポートしてくれるデバ...
「SHERLOCK」では、少しの血液を採取し紙につけるだけで、がんだけでなく感染症も発見できる。
素材メーカーCocona社によると、断崖絶壁を登るクライマーにとって37.5度は理想的な体温。わずかな時間でも急変する山の気候を考えたら、体温をキープする...
米国「ハーバード大学」と「マサチューセッツ工科大学(MIT)」の共同チームが、新型コロナウイルスを検出すると蛍光シグナルを出すマスクを開発中。マスクを装着...
YouTubeで受けられる「無料オンラインヨガ」3つを紹介。NIKE、のがちゃんねる、ブスの美ボディメイクのYouTubeアカウントから配信されている無料...
中国のスタートアップ「Rokid Corp」は、人工知能を搭載して1m以内の人の体温検査と顔認証をおこなうスマートグラスを開発。新型コロナウイルス感染防止...