まるで折り紙のよう。MITが近未来的な新素材を開発。

マサチューセッツ工科大学(MIT)が開発した新しい素材は、日本の折り紙からヒントを得た「aeroMorph」。布や紙、プラスチックなどのベースに菱形模様を刻むことで、プログラミングにより菱形の部分を支点にして折れ曲がる素材だとか。

以下の動画をチェック。自動で折り紙が形を変えているように見える不思議な仕組みです。

おもちゃや家具などに応用できる

「aeroMorph」は、まず専用のソフトでモデルを作成し、折り方のシミュレーションをします。折るときの角度などを調整して特殊な装置にデータを転送し、まるでキルトを縫うように菱形の模様をベースとなる生地に刻む。プログラムによっては、非常に複雑な動きを再現することもできるのだとか。

折り紙というより生き物の動きのようにも見えてきませんか。

菱形の形状によって、素材の動きはまるでベツモノに変化。開発チームはaeroMorphを使って、衣類やおもちゃ、ロボット、特殊な梱包材に応用できると考えているようで、用途は多岐にわたりそう。

敷き布団や枕に利用して、身体の向きに関わらず快適な睡眠を保ち続けてくれるように形状を変える寝具なんかも作れそうですよね。あるいは、ロボット工学と組み合わせることで、今までになかったなめらかな動きを再現することも可能になるかもしれません。

見た目こそ地味だけど、新素材が今後いろんな場面で応用され、近い将来、身のまわりに当たり前に存在するものになるのかも。

Licensed material used with permission by MIT Media Lab

関連する記事

ハーバード大学とMITの研究所が協力をして、新たなソフトロボティック人工筋肉を開発しました。その構造にインスピレーションを与えたのは、日本の「折り紙」でした。
「PUMA」が、新しいクッショニングテクノロジー「XETIC」を搭載した期待のランニングシューズ「CALIBRATE RUNNER」を発売。「米国マサチュ...
マサチューセッツ工科大学(MIT)は、ナノテクノロジーとバイオテクノロジーを組み合わせ、まるで照明器具のようにクレソンを光らせる技術を開発しました。未来の...
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
発酵食品仕込み教室「神楽坂発酵美⼈堂」が、天然のヒト型セラミド配合した「オーガニック セラミド甘酒」をリニューアル発売。
フィンランドの折り紙アーティストJuho Könkkölä氏が製作したサムライ。折り方を自身のサイトでレクチャーしているが、製作時間は50時間以上かかる。
服の上をスーッと滑るように移動するアクセサリー。これは、MITメディアラボやスタンフォード大学の研究者たちが開発した「Kino」という名の小さなロボットだ。
ゲーミング機器メーカー「Razer」から、近未来的スマートマスク「Project Hazel」が登場。衛生面や環境への配慮、そして先端のテクノロジーを活用...
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
「パッケージはエコな生分解性の素材から作るべきだ!」と謳うサステイナブルなブランドが、キノコの菌糸体を使ってプラスチックのように機能するパッケージ材料を開発。
ファッションブランド「KoH T」より、サッと取り出しクシャッとしまう、身に付けるエコバッグ「Pebble」が登場。
11月19日から東京・六本木の「森美術館」で近未来の人間像を考察するための展覧会「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命——人は明日どう生きるか」が開催。
米国「ハーバード大学」と「マサチューセッツ工科大学(MIT)」の共同チームが、新型コロナウイルスを検出すると蛍光シグナルを出すマスクを開発中。マスクを装着...
トルコの建築事務所「Hayri Atak Architectural Design Studio」は、2020年3月からカタールに巨大なエコフローティング...
今日、世界的に危惧されている食糧危機。万が一、明日直面することになったら、あなたはこんな料理を食べられますか?
アメリカでは98秒に1人の女性が、性的暴行の被害に遭っているそう。日本でも女性の性暴力被害に関する法改正が行われたりなど、国にかかわらず大きな社会問題とな...
米・マサチューセッツ工科大学(以下MIT)が、誰でも無料で単位が取得できるオンライン講座を開始しました。世界中どこにいてもMITの単位が取れる授業スタート...
まるで機械の基盤のような、不思議な模様。そう言われてもなお理解に苦しむけど、これタトゥーなんだそう。
宮本信義准教授が率いる「福岡工業大学」の研究グループが、力を検知して色変化を起こす新素材「無機ナノシート構造色ゲル」を開発したと発表。この素材は、微弱な力...
プラスチックの代替素材として、日本でも馴染みのある「寒天」が注目されています。なかでも日本人のデザイナーグループ「AMAM(アマム)」は、国際コンペティシ...
プログラミングを、PC画面とにらめっこせずに学べるツールが開発されています。「Project Bloks」では、子どもたちが遊びながらにして、自然と基礎を...
『スター・ウォーズ』の「銀河元老院会議場」を彷彿とさせる仏パリにオープン予定の「Ōma Cinema」。観る映画だけでなく、映画館にもワクワクを!
環境負荷を低減するパッケージに注目が集まるなか、「凸版印刷」が新機能パッケージ「チューブな紙パウチ」を開発。
まったく新しい再生可能素材をはじめとするサステナブルでハイテクな素材を使用した、デザイン性と機能性、そして快適性に優れた、「Hi-Vis(ハイ・ビズ)」コ...
先日、NASAは「PUFFER」の試作機を発表。この調査ロボット、パタっと折り畳まれたり開かれたりと、自由自在に変型可能。実はこれ、日本の「折り紙」にイン...
「SHITOI」は、畳表をインソールに用いたサンダル。こだわりはその素材で、シェア率の高い「い草」ではなく高級素材の「七島イ(しちとうい)」を使用。履き心...
アジア最大のeスポーツイベント「RAGE ASIA 2020」のオフィシャルTシャツを「BEAMS」がデザイン。テクノや近未来をイメージしたファッショナブ...
世界の水のほとんどは海水だ。そのうち人間が利用可能な淡水はたったの数%ほど。しかも、そのほとんどが北極や南極で凍っている氷塊である。それだけ安全に利用でき...
日本のベンチャー企業『株式会社TBM』が開発した、石灰石を使用した『LIMEX(ライメックス)』。これ、紙やプラスチックの代替となる新素材なんです。
'60年代から'70年代初期にかけて、様々な建築家によってフューチャーレトロ調のタイニーハウスがつくられていた。特筆すべきは、その佇まい。今から50年も前...