一度は体験してみたい、レトロフューチャーなタイニーハウス

近年、国内外でタイニーハウスのムーブメントが起こっている。

しかし、意外にもその歴史は長くて、'60年代から'70年代初期にかけて、様々な建築家によってフューチャーレトロ調のタイニーハウスがつくられていたとのことだ。その頃は「タイニーハウス」という言葉自体はなかったみたいだが。

特筆すべきはその佇まい。宇宙空間的で、まるで火星にでもいるかのような錯覚を引き起こす。

ここ、ホントに地球?

個人的に気になったのは、まるでUFOのような形の「FUTURO HOUSE」。フィンランドの建築家であるMatti Suuronenによって設計されたものだ。

日が暮れてくると、怪しさが増幅してくるのが写真からでも伝わってくる。こんな空間に紛れ込んだら、「ここ、ホントに地球?」と呟かずにはいられないだろう。

これらのタイニーハウスが展示されているのは、フランスのマルセイユ郊外。「Utopie Plastic」と題されたイベントの開催期間は、2017年7月1日〜10月1日だ。近々、フランスに行く予定がある人は、ぜひ訪れてみることをオススメする。詳しい情報はこちら

Licensed material used with permission by La Friche de l’Escalette
他の記事を見る
火星のクレーターが写っている一枚の写真。このクレーターの表面は、白い靄のようなもので覆われているように見え、その様子がまるでスケートリンクのようだと噂に。
火星居住区環境のリサーチからデザインまで、およそ2年をかけて発表されたコレクション「The MAD Martian Collection」。ダイニングテー...
トレーラーハウスやキャンピングカーは、永遠のオトコの憧れアイテム。中古でもいいからいつかは手に入れたいけれど、どうせなら人とは違った、こんな“和風”のもの...
この家、外から見るとなんだか小さくて狭そうですよね。実際、床面積はたったの18㎡(約9.8畳)。でも中に入ってみるとびっくり、とっても快適な空間が広がるタ...
「FlexiSpotデスクバイクV9」は、堅牢なデスクやモニターアーム、テレビスタンドなどを造り続けてきた企業「Loctek」が生み出したもの。重力センサ...
大手化粧品メーカーの「L’Oreal(ロレアル)」が、2019年のCESで発表した「My Skin Track pH」。ペタッと貼るだけで、15分以内に肌...
男なら、一度は憧れる秘密基地。自分だけの空間は、ドキドキワクワクしますよね。そんな男の夢が叶う小さなおうち「タイニーハウス」の人気がアメリカでますます高ま...
ダン、ダン、ダン。まるで、積み木を重ねたようなシンプルな構造。じつは、これは立派な家。いや、見た目以上に機能的な家なのだ。3つのリビングユニットは、それぞ...
近年アメリカでは、「小さな家で無駄なく豊かに暮らす」新たなライフスタイルが流行。トレーラーハウスやタイニーハウスで、自分らしく生活する文化に注目が集まって...
宇宙に行きたい人、手をあげて!2015年12月14日、NASAが「求人募集」を開始します。どうやら火星探査に必要な300名以上の宇宙飛行士を集めようとして...
アウトドアアクティビティのひとつとして数えられるまでになった「焚き火」の「着火」に関連する話題&注目のアイテムを厳選してご紹介! 「ファイヤーサイド」「ロ...
火星調査プロジェクトが本格化する米航空宇宙局(NASA)。今年度、宇宙飛行士に採用が決まった8名のうち、なんと半数は女性。NASAは恣意的なものでなく、あ...
地球以外の惑星に人類が住めるようにする、テラフォーミング。現在は火星が一番適していると考えられていますが、そんな火星には数十億年前には「大気と水」が存在し...
車両の規制が多い日本ではなかなかブームにまで至りませんが、海外ではキャンピングカーの概念をさらに家に近づけた、移動式の「タイニーハウス」で生活を体現する人...
世界中に多くのファンを抱えるオリンピック・マルセイユのホームスタジアム「スタッド・ヴェロドローム」。
ロシアのソユーズロケットに乗って宇宙を旅した、高知県ひまわり乳業の乳酸菌。その子孫たちを使って作られたグミ、その名も「宇宙のグミ」を紹介する。商品開発の経...
食堂でも屋台でも夜市でもない、台湾家庭の味を伝える「台湾キッチン かのか」。薬膳鍋がうまい!
7月30日から、デザイナー・原研哉氏がディレクターを務める展示「HOUSE VISION 2016 TOKYO EXHIBITION」が開催されています。...
2030年の火星移住プロジェクトにむけ、NASAが「火星での植物栽培」を本格的に考えている、というニュースは何度か見かけたことがあるかもしれません。地球以...
2020年代に人類が火星に移住する計画があることは、多くのメディアが伝えています。ここで紹介する「Asap Science」の動画は、それにまつわる様々な...
今から3年前。ギョームとジェナは退屈に感じていたそれまでの仕事にピリオドを打ち、旅に出ることにしました。当時は借金があり、所有していたのはたくさんの家具だ...
火星の地表からでは測定できないデータを収集するためにNASAが目をつけたのは、ハチのようなロボットだった。曰く、機能性が高い「Marsbee」を使うことに...
宇宙探索ソフト、SpaceEngine。自分で惑星をつくったりマニュアルを覚えて宇宙船を操作したり。とにかくリアルです!
こんなに「泳いでみたいプール」って、早々ないです。