優雅なグランピングと、原始的な狩猟を一度に体験してみて感じたこと(後編)

1泊2日の旅でした。地元である、河口湖の新しい魅力に気づけるのかどうか。

その短い期間で、グランピング的な楽しみ方とリアルな狩猟という、ある意味 “真逆” とも言える2つのキャンプ体験を同時にできたことで、自分のなかの価値観がグルグル掻き回されたような気がします。

前編はこちら。

(※後編は、鹿の解体写真なども掲載してあります。閲覧にはご注意ください)

いざ、富士の麓
本栖湖へ

5691968424247296

山梨県の河口湖にある「星のや富士」に宿泊。

翌朝は、背負子(しょいこ)のように運ばれてきた、釣り具をイメージした木箱に入った朝食「モーニングBOX」をテラスでいただき、いざ狩猟体験の地「本栖湖」へ、車で30ほどかけて移動。

体験したのは、星のや富士が提案している「ジビエを通した、大人の食育プロジェクト」。ここでは、狩猟から解体までの一連の流れを見ることができるんです。

プロが狩り、プロが作った
「ジビエ」だったんだ

5967839273943040

案内してくれたのは、猟師歴40年以上の滝口雅博さん。圧倒的なプロフェッショナルから繰り広げられる話がとにかく面白く、「これこそ学びだ」と思うものばかり。

山や植物のこと。鹿や猪の特性。ハンティングと狩猟の違い。わな猟の仕掛けのロジック。経験と敬意。解体と鮮度。鹿や猪との距離感。その場で解体するインディアンカット——。

そこには、グランピングで来たお客さんになんとなく山を体験してもらおう、みたいなゆるさはなく、惜しげもなく一流の猟師のこだわりを話してくれます。そして、ツアーを通して滝口さんが何度も口にしていたのが「プロとは何か」ということ。自身は猟と解体と料理のプロであり、そこにプライドを持っておいしくいただくことがいかに大切なのかということを、熱く、ときにジョークも交えながら話してくれました。

 

前日の夜に食べたおいしいお肉も、突然あの形になって出てきたわけではなく、生きていた鹿や猪を狩り、血抜きと解体をし、猟師やシェフが食材として高いレベルにまで引き上げたからこそ、あのグランピングディナーのテーブルに並んだのだ、と。

これは、今回の1泊2日のような連続性のある体験でなければ、ここまで深く考えさせられることはなかったと思うんです。

54733277453352965411149503791104

「すべては繋がっている」と
強烈に理解できる

5154204695920640

狩猟体験ツアーで行なう猟は、主に「わな猟」。実際に鹿を仕留めたときは、インディアンカットと呼ばれる、もっとも原始的な解体の第一作業をその場で行なうこともあるそうです。

滝口さんによる解体作業は、あまりにもスムーズで目を疑うレベル。先ほどまで「鹿」だったものが、徐々に見慣れたお肉になっていきます。動物の体の構造をすみずみまで理解しているからこそ、というプロの技を見ることができます。

489088092209152049245468890234886506059879415808

滝口さんはベテランの猟師でありながら、富士河口湖町のジビエ食肉加工施設の所長でもあり、本栖湖にあるレストラン「松風」では、調理も担当しています。

「中途半端な仕事してたら、恥ずかしくて星のやさんに卸せない。臭みがないのは当たり前。本当においしいジビエを知ってほしいんです」

6085302066085888

この取材を体験するまで、僕自身どこかで「グランピング」と「狩猟」を分けて考えていて、どちらを体験したいかはそのときの気分次第だな〜ぐらいに思っていました。

でもそもそも、山の中に泊まる、お肉を食べる、火をおこす、星空を見る、キャンプをする、狩りをする、みたいなことってすべてが繋がっていて、定期的にその繋がりを体験して意識することが大事なんじゃないかな、と思ったんです。

日々の暮らしの中では忘れがちになってしまうし、動画や本を見て「命をいただくってそういうことだよね!」と思うだけではどうしても足りない領域なんじゃないかな、と。

もちろん、どちらかだけを体験したい、という人も多いと思います。でもやっぱり、どちらの魅力も知っておいてほしい。そんなことを思いながら、改めて地元の自然に感謝しつつ、東京へ。

河口湖は、僕が10代の頃に感じていたよりも、ずっと面白いところでした。

星のや富士

住所:山梨県南都留郡富士河口湖町大石1408
(※こちらはレセプションの住所です)
TEL:0570-073-066(9:00〜20:00)
1泊1室 45,000円〜

Photo by 稲垣正倫
山梨の河口湖にある「星のや富士」は、2015年に日本初のグランピングリゾートとしてオープンし、かなり話題になったのを覚えています。そこで今回は、気になって...
「星のや富士」は山梨県南都留郡富士河口湖町に、2015年10月30日(金)開業予定。日本初のグランピングリゾートとして、注目度を高めています。ちなみに、グ...
アウトドアといえば、どう考えても夏のイメージ。寒さゆえ外で過ごす機会が減ってしまう冬は、はっきり言って不向きでしょう。でも、こんなグランピング体験なら話は...
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
「お気に入りの本を友だちにオススメしたいですか?」という質問に対して、先生も予想しなかっただろう答えを書いています。
手ぶらで、快適に自然を楽しむ。グランピングは、グラマラス×キャンピングの造語で、贅沢なアウトドア体験ができる新しいキャンプスタイルです。関東近辺で手軽にさ...
はじめて実物の富士山を見たとき、その形の美しさに息を飲みました。バランスの取れたシルエットは、日本を代表する形のひとつとも言えるかもしれません。デフォルメ...
白州町のミネラルウォーターを寒天で固めた水菓子が「水信玄餅」。製造元は、山梨県北杜市白州町に本店を構える金精軒。限界を遥かに超えた水分を含ませており、常温...
まずはこちらの写真をご覧ください!いかがでしょう?一見普通のキャンプ風景ですが、何だか妙に豪華にみえませんか?実は「グランピング」とは、アウトドアのスキル...
2016年7月20日。ついに、首都・東京にも「星のや」が開業。ポイントは、東京では姿を消してしまったかのように思える日本旅館をコンセプトにしている点。設計...
夏にピッタリの辛口白ワイン!「ヴィーニョ・ヴェルデ カザルガルシア」はボルトガル特産の微発泡性ワインとして有名な1本。世界中の料理となんでも合ってしまう味...
都心部から1時間半ほど車を走らせたところにある山梨県笛吹市芦川町。ここは、人口400人のうち50%以上が65歳以上という「限界集落」です。遊ぶ場所がない。...
12月23日、富士山のふもとでスカイランタン祭りが開催決定。今回のスカイランタンでは、ただスカイランタンを飛ばすだけではなく、開催地の富士吉田市に1000...
近頃よく耳にする「グランピング」というワード。知らない方のために説明すると、これは「glamorous」と「camping」から成る造語で、“贅沢なキャン...
二度寝といえば、ちょっぴり罪悪感を感じてしまうもの。でも、あの気持ちよさは、止められないんですよね。僕が快感を覚えるひとつが国内旅行。旅館やホテルなどで、...
都市機能もあり、のどかなイメージの「ファームステイ」からは一見縁遠い街のように見える静岡・浜松市は、都市と田舎を行き交う体験ができる街であることを伝えるべ...
日本の自然をテーマにした動画はよく見かけますが、山陰地方にフォーカスしたものは少ないように感じます。これは「山陰地方の自然と文化の魅力」が、これでもかって...
「Nadi X」は、足首と膝、お尻にセンサーが埋め込まれているヨガパンツ。
今回訪ねたのは、山梨県笛吹市芦川町にある1日1組限定の貸し切り古民家宿「LOOF」。兜作りの屋根が特徴の「澤之家」と、瓦屋根の昭和建築「坂之家」の2棟から...
三浦半島城ケ島公園で、初の野外映画祭「星降る町の映画祭 with CINEMA CARAVAN」が、9月30日に1日限定で開催されます。映画監督専用のギャ...
雪の気配を背に感じつつ、テント内でお酒に舌鼓。
ここは兵庫県篠山市。約400年の歴史を持ち、国の史跡に指定されている篠山城の城下町であるこの場所に、ぜひ訪れてみたい独創的なコンセプトのホテルがあります。
浜松駅から徒歩10分ほどにある「肴町(さかなまち)」は、ディープに楽しめる飲食店が軒を連ねる人気のエリア。そこからさらに1本細い路地裏に入って行くと見えて...
「星のや竹富島」に泊まってみて、実際に感じたことを書いていく。