都内から90分!富士山のふもとで「ランタン祭り」

最近、Instagramのフィード上で、スカイランタンをたびたび目にするようになった。「どこだろう?」と思ってチェックすると、場所はタイ、台湾、中国など、おなじみのところなことが多い。日本でのスカイランタンを見かけることって、まだまだ少ない気がしている。

そして、アメリカのランタンフェストが2016年に日本に初上陸したとき、100組の応募枠に対する応募数はなんと28万組…! この結果を見ても、みなさんの“スカイランタン欲”はまだまだ満たされてはいないように思える。

そんな憧れのスカイランタン祭りが、12月23日(土)に開催されることが決定した。しかも富士山のふもとで。

一体、どんなイベントになるのだろうか。

舞台は
山梨県富士吉田市

富士吉田市へは、都内からバスで90分ほどとアクセスも良好。市内からはもちろん富士山を眺めることができ、とくに12月は、積雪で白く染まった富士山を楽しめるらしい。ちなみに、上の新倉山浅間公園からの景色は、外国人を中心に、インスタグラマーがこぞって写真を投稿するスポットだったりもする。

 

冒頭にすこし話を戻すと、日本でもスカイランタンを飛ばすイベントはいくつかある。新潟の「つなん雪まつり」や岡山の「雪あかり」など、どれも地域の特性が活かされたものだ。

「そんな『ランタン祭り』をもし、富士山のふもとで行うことができたら、どんな景色が待ち構えているだろう」

そんな発想から、プロジェクトは走りだしたのだ。

200個のスカイランタンで
「ハタオリ」に感謝を

今回のスカイランタンは、ただ飛ばすだけではない。スカイランタンが本来もつ「感謝」の意味とかけて、開催地の富士吉田市に1000年以上根づく機織(ハタオリ)文化に感謝を伝えるという。

富士吉田市では、古くからハタオリが栄えてきた。とくにネクタイの生産量は日本一。ここで生まれる織物は、国内外のたくさんの有名ブランドから注目されているのだそうだ。

だから、当日の200個のスカイランタンたちは工夫をほどこされ、それぞれ、ハタオリの生地をなびかせながら、空を舞う。“ここならでは”の風景と文化が、カタチとしてかけ合わさる瞬間だ。

伝統工芸、景色、食、人・・・
地域内外をトリコにする文化がある。

ランタン祭りで楽しめるのはスカイランタンだけではない。会場の道の駅で待っているのは、富士吉田の食文化。名物「吉田うどん」や、ホットカクテルなどのドリンクなど、芯からからだがあったまるものがズラリ。地域の人々との交流を楽しめる焚き火エリアも見逃せない。

富士吉田市出身ではないこのイベントの主催者が、この地域に関わるようになって1年弱。すっかりまちのトリコになった主催者は、都会の人に地域を案内したりもしたんだそう。そんな時に言われたのが「もっと早くこの文化を知りたかった」といううれしい言葉。

それは、先ほどご紹介した、伝統工芸のハタオリ、富士山の景色、食文化、そして地域で生活する人だったり。どれもふれてみないとわからないものばかり。

地域を知りたい、という都会の人の想いと、

私たちを知って欲しい、という地元の人たちの想い。

「2つの想いが交差しあう夜」。それが、今回のランタン祭りなのだ。

 

日時 12月23日(土)

時間 15:00~19:00 ※ランタンは17:00を予定

場所 道の駅 富士吉田

費用 無料

※スカイランタンは有料購入。購入方法など、詳細はリンクより

後援 富士吉田市

Licensed material used with permission by Makuake
「ランタン祭り」といえば、タイ・コムローイ祭りや台湾・平渓天燈節が有名。ディズニー映画『塔の上のラプンツェル』に登場したことから、その知名度は一気に高まり...
山梨県の富士山麓、河口湖にオープンした食パン専門店「FUJISAN SHOKUPAN」。看板メニューは、見た目も味も山梨の魅力がぎゅっと詰まった“富士山型...
関東地方にある「国立公園」の注目ポイントは、ずばり「山」です。美しい山々を前に景観を楽しむも良し、ハイキングで汗を流すも良し。東京近郊にありながら、「山の...
「QUATTRO LANTERN」は1台で4役をこなすランタンです。もう、名前の通りですね。ランタンを皮切りに、LEDライトやサーキュレーター、モバイルバ...
日本発のシーシャブランド「OCHILL(おちる)」は、新しいシーシャ「#吸うお茶」を作るプロジェクトを立ち上げた。当プロジェクトを通じて、日本らしい「Ch...
富士五湖のひとつ山中湖畔の高台にある「ホテルマウント富士」は、毎年恒例の企画「富士山が見えなかったら、無料宿泊券をプレゼント」の実施を発表した。
タイ・チェンマイで、ランタン祭りが開催されました。2016年10月13日にプミポン・アドゥンヤデート国王(ラーマ9世)が亡くなってから1ヶ月が経ち、娯楽・...
Mt.Fuji photographerの成瀬亮さん。彼はどこにでもいる普通のサラリーマンだったが、4年前に山中湖で「富士山」を目の当たりにして人生が変わ...
山梨の河口湖にある「星のや富士」は、2015年に日本初のグランピングリゾートとしてオープンし、かなり話題になったのを覚えています。そこで今回は、気になって...
はじめて実物の富士山を見たとき、その形の美しさに息を飲みました。バランスの取れたシルエットは、日本を代表する形のひとつとも言えるかもしれません。デフォルメ...
世界初のクラフトコーラ専門店・専門メーカー「伊良コーラ(いよしコーラ)」の総本店が、2月28日(金)、東京・下落合にある工房の隣にオープン。
あたり一面に広がるのは、目にも鮮やかなピンク色の絨毯。ここは埼玉県秩父市にある羊山公園です。
山梨の河口湖にある「星のや富士」は、2015年に日本初のグランピングリゾートとしてオープンし、かなり話題になったのを覚えています。そこで今回は、気になって...
外で食べるカレーっておいしい。そこで!庭園や公園を眺めながら食べられるおいしいカレーを集めました!西郷山公園の旧山手通り側入口にあるGreen Cafe ...
「筑波山」は、秋葉原からつくばエクスプレスで約45分の茨城県つくば市にあります。ここは年間を通して山登りができる、日本の百名山のひとつ。ケーブルカーやロー...
創業70年の老舗ストーブメーカーが提案する、室内用ランタン「Re:ful」。日常にともる15分間の炎をインテリアに。
「彼氏やパートナー、会社の上司や同僚など周囲の人にイライラしてしまう」そんなミレニアルズの悩みにおすすめの漢方を、神奈川県鎌倉市大船の薬局三代目・杉本格朗...
1月14日、R&BシンガーソングライターAKONが構想する未来都市の建設に関して、セネガル共和国の国営観光会社「SAPCO」が正式に承認をした。
「星のや富士」は山梨県南都留郡富士河口湖町に、2015年10月30日(金)開業予定。日本初のグランピングリゾートとして、注目度を高めています。ちなみに、グ...
「珍しい動物や植物を見てみたい!」という目的で、「国立公園」を訪れる人も多いのではないでしょうか。そんな願いが叶えられそうな、中部地方にある6つの「国立公...
山梨県のお蕎麦屋さんで食べるべき一品、それが「鳥もつ煮」。砂肝やハツ、レバーにキンカンと、鳥肉の様々な部位を甘辛く照り煮にしていて、お酒との相性も◎。もと...
牧之原台地を中心に、お茶の生産が盛んな静岡県島田市。静岡県の中央に位置するこの街は、静岡駅や掛川駅、浜松駅などの新幹線が停車する駅からのアクセスが便利です...
台湾やタイ、ベトナムなどで開催されるフェスティバルが一大コンテンツとなっているように、ここ数年で急激に注目度を高めている「ランタン」。そのやさしい光を空に...
まるでボトルのようなカタチの〈SOLR LANTERN〉はランタンとしての仕様はもちろん、中にコード類やサングラスを入れて使うこともできます。