都内から90分!富士山のふもとで「ランタン祭り」

最近、Instagramのフィード上で、スカイランタンをたびたび目にするようになった。「どこだろう?」と思ってチェックすると、場所はタイ、台湾、中国など、おなじみのところなことが多い。日本でのスカイランタンを見かけることって、まだまだ少ない気がしている。

そして、アメリカのランタンフェストが2016年に日本に初上陸したとき、100組の応募枠に対する応募数はなんと28万組…! この結果を見ても、みなさんの“スカイランタン欲”はまだまだ満たされてはいないように思える。

そんな憧れのスカイランタン祭りが、12月23日(土)に開催されることが決定した。しかも富士山のふもとで。

一体、どんなイベントになるのだろうか。

舞台は
山梨県富士吉田市

1c5f923c6a51f0450f5979fc66ff0ec913802dba

富士吉田市へは、都内からバスで90分ほどとアクセスも良好。市内からはもちろん富士山を眺めることができ、とくに12月は、積雪で白く染まった富士山を楽しめるらしい。ちなみに、上の新倉山浅間公園からの景色は、外国人を中心に、インスタグラマーがこぞって写真を投稿するスポットだったりもする。

 

冒頭にすこし話を戻すと、日本でもスカイランタンを飛ばすイベントはいくつかある。新潟の「つなん雪まつり」や岡山の「雪あかり」など、どれも地域の特性が活かされたものだ。

「そんな『ランタン祭り』をもし、富士山のふもとで行うことができたら、どんな景色が待ち構えているだろう」

そんな発想から、プロジェクトは走りだしたのだ。

200個のスカイランタンで
「ハタオリ」に感謝を

今回のスカイランタンは、ただ飛ばすだけではない。スカイランタンが本来もつ「感謝」の意味とかけて、開催地の富士吉田市に1000年以上根づく機織(ハタオリ)文化に感謝を伝えるという。

451b2afffb51576d5d7d9d4ed88baf8745ba7b392e9aef0418aaaaa33a72adc062efc3d08bd85a11

富士吉田市では、古くからハタオリが栄えてきた。とくにネクタイの生産量は日本一。ここで生まれる織物は、国内外のたくさんの有名ブランドから注目されているのだそうだ。

47ca1204bdb7bfe0f5441e3a2357911c6077ff49

だから、当日の200個のスカイランタンたちは工夫をほどこされ、それぞれ、ハタオリの生地をなびかせながら、空を舞う。“ここならでは”の風景と文化が、カタチとしてかけ合わさる瞬間だ。

伝統工芸、景色、食、人・・・
地域内外をトリコにする文化がある。

ランタン祭りで楽しめるのはスカイランタンだけではない。会場の道の駅で待っているのは、富士吉田の食文化。名物「吉田うどん」や、ホットカクテルなどのドリンクなど、芯からからだがあったまるものがズラリ。地域の人々との交流を楽しめる焚き火エリアも見逃せない。

48eef767a93ede8c5b9f799ba9f96c72dce64779

富士吉田市出身ではないこのイベントの主催者が、この地域に関わるようになって1年弱。すっかりまちのトリコになった主催者は、都会の人に地域を案内したりもしたんだそう。そんな時に言われたのが「もっと早くこの文化を知りたかった」といううれしい言葉。

それは、先ほどご紹介した、伝統工芸のハタオリ、富士山の景色、食文化、そして地域で生活する人だったり。どれもふれてみないとわからないものばかり。

地域を知りたい、という都会の人の想いと、

私たちを知って欲しい、という地元の人たちの想い。

「2つの想いが交差しあう夜」。それが、今回のランタン祭りなのだ。

 

日時 12月23日(土)

時間 15:00~19:00 ※ランタンは17:00を予定

場所 道の駅 富士吉田

費用 無料

※スカイランタンは有料購入。購入方法など、詳細はリンクより

後援 富士吉田市

Licensed material used with permission by Makuake
「ランタン祭り」といえば、タイ・コムローイ祭りや台湾・平渓天燈節が有名。ディズニー映画『塔の上のラプンツェル』に登場したことから、その知名度は一気に高まり...
タイ・チェンマイで、ランタン祭りが開催されました。2016年10月13日にプミポン・アドゥンヤデート国王(ラーマ9世)が亡くなってから1ヶ月が経ち、娯楽・...
山梨の河口湖にある「星のや富士」は、2015年に日本初のグランピングリゾートとしてオープンし、かなり話題になったのを覚えています。そこで今回は、気になって...
街でも宿泊先でも、フリーのWi-Fiを利用すればいいだけの話かもしれない、けれど、それがいつでもどこでも快適に、ネット環境にアクセスできるとは限りません。...
「Culture Captcha」は、国民全員に自国の観光に関する知識をつけてもらおう!という狙い。
Mt.Fuji photographerの成瀬亮さん。彼はどこにでもいる普通のサラリーマンだったが、4年前に山中湖で「富士山」を目の当たりにして人生が変わ...
あたり一面に広がるのは、目にも鮮やかなピンク色の絨毯。ここは埼玉県秩父市にある羊山公園です。
はじめて実物の富士山を見たとき、その形の美しさに息を飲みました。バランスの取れたシルエットは、日本を代表する形のひとつとも言えるかもしれません。デフォルメ...
「筑波山」は、秋葉原からつくばエクスプレスで約45分の茨城県つくば市にあります。ここは年間を通して山登りができる、日本の百名山のひとつ。ケーブルカーやロー...
「星のや富士」は山梨県南都留郡富士河口湖町に、2015年10月30日(金)開業予定。日本初のグランピングリゾートとして、注目度を高めています。ちなみに、グ...
「Fliteboard」は電動モーターが搭載されているサーフボード。リモコンでスピードをコントロールして、最高で時速40kmも出るそうですよ。
山梨の河口湖にある「星のや富士」は、2015年に日本初のグランピングリゾートとしてオープンし、かなり話題になったのを覚えています。そこで今回は、気になって...
台湾やタイ、ベトナムなどで開催されるフェスティバルが一大コンテンツとなっているように、ここ数年で急激に注目度を高めている「ランタン」。そのやさしい光を空に...
日本が誇る絶景「富士山」を舞台とし、20台を超えるドローンの編隊飛行、三味線の生演奏、そしてMIDIコントロールされた1万6,500個のLEDライトが一斉...
まるでボトルのようなカタチの〈SOLR LANTERN〉はランタンとしての仕様はもちろん、中にコード類やサングラスを入れて使うこともできます。
光。それは人類の生みだした英知の象徴。先進国の都市ならば夜でも眩しいほどに明るいですが、別の国や山に登ったり、あるいは災害に見舞われたときなどは、闇夜を照...
今回は、かなり心が震える映像をご紹介。なんと、世界で初めて富士山の頂をドローンで捉えた4K動画があるというのです。空撮されたのは、これまでにほとんどの人が...
ケース内に収納された真空ガラス管に食材を入れて太陽の熱を集め、火が通るのを待つだけ。アウトドアファンが待ち望んだ自然派クッカー「GoSun」に新シリーズ登場。
クラウドファンディングで資金を募っているアイテムは、これまでにも様々紹介してきました。が、こんなにも支持を集めている商品には、書き手としてもなかなか出会え...
「富士山」と「お茶」をガッチャンコして『FUJICHAN』。このネーミングに、思わず頬がゆるんでしまいました。一方、デザインはといえば、よくある冠雪を表現...
昔から縁起がいいと言われている初夢の数々について。そのほかにも、初夢が暗示するいくつかのことをまとめました。今年1年について、夢で占っていきましょう!1....
日本3大奇祭のひとつに数えられ、数え年で7年に一度行われる長野県諏訪地方の御柱祭。7トン超えの巨木を山から切り出し、諏訪大社まで最短距離で運ぶために川を越...
茨城県・つくば市の筑波山にある「ガマランド」は、ただのB級スポットじゃありませんでした。廃墟と化した遊園地ゾーンの下にひっそりとある「ガマ洞窟」。その暗闇...
オススメの雲海スポットがある。それが、埼玉県の秩父「美の山公園」の展望台だ。最寄り駅は、西武秩父駅。都内からなら、特急で1時間半。駅からは車で30分ほど。...