「15分間の瞑想」へと誘う、室内用ランタン

キャンプは“焚き火”がないとはじまらない。ゆらめく炎をただぼんやり眺めているだけで、心は無にもなり、内なる自分と向き合ったり。

そんな焚き火に近い心理的効果が期待できるのが、室内用ランタン「Re:ful」。創業70年の老舗ストーブメーカー「トヨトミ」が手がけたリラクゼーションプロダクトだ。

©きびだんご株式会社

写真のように両手でボディを包み込むと、タッチセンサーがはたらきガラスフードの中に本物の火が点る設計。燃焼時間は15分。疲れた仕事帰り、リラックスしたい休日、精神のスイッチを切り替えるのに、長すぎもせず短すぎもせず、じつにちょうどいい時間だ。

また、炎のゆらめきに加えて香りを楽しめるのもRe:fulの特徴。全5種類のアロマタブレットを本体にセットすれば、さらなるリラックスが適う。

ちなみに、ボディは山桜の原木から削り出し、ガラスフードは回し吹きで仕上げている。いずれも富山県の熟練の職人による手しごと。

販売価格約4万4000円は、簡単に手を出せるものではないが……オール電化が進み日常で火に触れる機会もなくなりつつあるなか、再び人が火の元に集まる“囲炉裏”のような存在にもなってくれそうだ。

日常にともる15分間だけの特別な時間。自分ならどう使うだろう?想像するだけでも楽しくなる。

©きびだんご株式会社
Top image: © きびだんご株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「QUATTRO LANTERN」は1台で4役をこなすランタンです。もう、名前の通りですね。ランタンを皮切りに、LEDライトやサーキュレーター、モバイルバ...
12月23日、富士山のふもとでスカイランタン祭りが開催決定。今回のスカイランタンでは、ただスカイランタンを飛ばすだけではなく、開催地の富士吉田市に1000...
まるでボトルのようなカタチの〈SOLR LANTERN〉はランタンとしての仕様はもちろん、中にコード類やサングラスを入れて使うこともできます。
台湾やタイ、ベトナムなどで開催されるフェスティバルが一大コンテンツとなっているように、ここ数年で急激に注目度を高めている「ランタン」。そのやさしい光を空に...
「ランタン祭り」といえば、タイ・コムローイ祭りや台湾・平渓天燈節が有名。ディズニー映画『塔の上のラプンツェル』に登場したことから、その知名度は一気に高まり...
「ecoBirdy」はゴミになってしまう“プラスチックおもちゃ”を回収して、新しいキッズ用インテリアを製造しています。
ブランケットを無造作にソファにかけたり、ランタンをインテリアとしてレイアウトしたり、コットをベンチ代わりにつかったり…。アウトドアのアイテムって、室内に置...
商業施設の壁面緑化や植栽など、プロ仕様の花材だった「フェイクグリーン」。それをインテリアを彩る「グリーン雑貨」として室内に持ち込んだ、フェイクの仕掛け人・...
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
イギリスの「ロングウッド・プライマリー・アカデミー」という小学校は、敷地内に瞑想スペースを設置しました。
本来はアウトドア用だけど、日常でも使えるプロダクト。〈ユニフレーム〉のドリッパー「コーヒーバネット」は、その代表格とも言えるものです。
タイ・チェンマイで、ランタン祭りが開催されました。2016年10月13日にプミポン・アドゥンヤデート国王(ラーマ9世)が亡くなってから1ヶ月が経ち、娯楽・...
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
コワーキングスペースだったりサウナだったり、モビリティの多様化は欧米を中心にとどまることを知りません。ニューヨークシティを走り回っているのは「瞑想スタジオ...
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...
クラウドファンディングで資金を募っているアイテムは、これまでにも様々紹介してきました。が、こんなにも支持を集めている商品には、書き手としてもなかなか出会え...
自転車を室内に持ち込むわけだから、結局のところインテリアとどれだけ調和できるかがすべて。だけど、スチールものやハンガータイプはさもありなんで、どうしても部...
光。それは人類の生みだした英知の象徴。先進国の都市ならば夜でも眩しいほどに明るいですが、別の国や山に登ったり、あるいは災害に見舞われたときなどは、闇夜を照...
とあるロンドンのオフィスに設置されたこの『Regeneration Pods(再生ポッド)』は、バイオフィリアと呼ばれる概念をもとに設計されたオフィスにあ...
手軽にインドアグリーンが楽しめる「人工観葉植物」を使って、室内空間をディスプレイ。