「15分間の瞑想」へと誘う、室内用ランタン

キャンプは“焚き火”がないとはじまらない。ゆらめく炎をただぼんやり眺めているだけで、心は無にもなり、内なる自分と向き合ったり。

そんな焚き火に近い心理的効果が期待できるのが、室内用ランタン「Re:ful」。創業70年の老舗ストーブメーカー「トヨトミ」が手がけたリラクゼーションプロダクトだ。

©きびだんご株式会社

写真のように両手でボディを包み込むと、タッチセンサーがはたらきガラスフードの中に本物の火が点る設計。燃焼時間は15分。疲れた仕事帰り、リラックスしたい休日、精神のスイッチを切り替えるのに、長すぎもせず短すぎもせず、じつにちょうどいい時間だ。

また、炎のゆらめきに加えて香りを楽しめるのもRe:fulの特徴。全5種類のアロマタブレットを本体にセットすれば、さらなるリラックスが適う。

ちなみに、ボディは山桜の原木から削り出し、ガラスフードは回し吹きで仕上げている。いずれも富山県の熟練の職人による手しごと。

販売価格約4万4000円は、簡単に手を出せるものではないが……オール電化が進み日常で火に触れる機会もなくなりつつあるなか、再び人が火の元に集まる“囲炉裏”のような存在にもなってくれそうだ。

日常にともる15分間だけの特別な時間。自分ならどう使うだろう?想像するだけでも楽しくなる。

©きびだんご株式会社
Top image: © きびだんご株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事