あぐらでも「ダラけさせない」クッション

表題のクッション、本来は瞑想を目的に開発されたものだそう。けれど、猫背でお困りの人へ、矯正座椅子としても悪くないかも。

ほら、背筋ピーン!

流行りのビーズクッションもいいけれど、こちらのUNDOは「くつろぐ」ことよりも前に、正しい姿勢を保つことに主眼が置かれています。なぜなら瞑想時のあぐらのサポートが本来の役割だから。

姿勢を正すには、ただ座るのみ。

背筋が伸びるというだけでなく、座面クッションも骨盤をきちんと正しい位置へと誘導してくれるようにできているそうです。ゆえに、座るだけでスッと姿勢良く見えるのかもしれませんね。

ローテーブルにPCをおいて作業していると、だんだん背骨が曲がってきて、耐えきれず床にうつ伏せになってみたり、ソファに移動したり。それって結局作業効率はガタ落ちなんですよね。

瞑想だけでなく、きちんとした姿勢で作業にあたる。猫背卒業にちょっといいかも。

Top image: © UNDO
Reference: Behance
andmore
他の記事を見る
ひとり暮らしでネックになるのは、やっぱりスペース。ソファも作業机も置きたいけれど、なかなかそんな場所が取れなかったりする。それなら、ひとつで何役にもなるこ...
「坐禅」には、専用のクッションがある。名前は「座蒲(ざふ)」。高さと硬さが坐禅仕様になっていて、日本の職人が心をこめて手づくりしている。坐禅は近年、僧侶の...
「Stappone」は、靴の中に入れておくだけで体全体をスキャンしてくれるインソール。そして、姿勢が悪くなったときや歩き方に問題があるときには、連動したス...
考えてみれば当然のことですが、ふつう妊婦さんはうつぶせになれませんよね。臨月までお腹はどんどん大きくなっていくので、寝るときは横になっても仰向けになっても...
タイの家具デザイナーApiwat Chitapanyaさんが製作したソファの紹介です。これは日本庭園のなかで佇む石に着想を得ていて、名前は「Zen Sto...
水も砂も寄せ付けない!と昨年話題になった、「Sandusa」の最強ビーチタオル。オーストラリア発のこのブランド、今年は水も砂も寄せ付けない「最強クッション...
飛行機で長時間眠れない子どものために開発された「Fly Tot」。ふかふかのクッションですが、背もたれに使うわけでも、抱いて使うわけでもありません。
現在「INDIEGOGO」で資金調達中の「The Buttress」。見た目はまるでお尻のこのクッションは、触り心地もふわふわで、つい一緒に眠りたくなりそ...
着ぐるみのような洋服のお尻の部分にクッションがついているThinkGeekの「Bean Bag Onesie」。キャッチコピーは「Never stand ...
座っている時間が長く、運動不足であればあるほど、姿勢も悪くなってしまいがち。すると、背中や腰が痛くなるだけでなく、消化がうまくいかなくなったり、頭痛の原因...
さまざまな事情で犬や猫を飼えない人におすすめしたいのが『Qoobo』のクッション型セラピーロボット。「しっぽ」の形をしたこのクッションは、なでるとしっぽを...
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
イギリスの「ロングウッド・プライマリー・アカデミー」という小学校は、敷地内に瞑想スペースを設置しました。
コワーキングスペースだったりサウナだったり、モビリティの多様化は欧米を中心にとどまることを知りません。ニューヨークシティを走り回っているのは「瞑想スタジオ...
誰もがなったことがあるであろう「ゲシュタルト崩壊」。これにインスピレーションを受けた家具って一体どんなだ?
恋人とふたり、テレビの前でゴロゴロしながらうたた寝。なんてシチュエーションで、まず間違いなく活躍できそうなくつろぎグッズを見つけました。こんな中でヌクヌク...
本を読みながら寝落ちするという幸せな体験がコンセプトになったのは、ご存知「BOOK AND BED TOKYO」。で、その「読書」を「音楽鑑賞」に置き換え...
デスクワークをしていると、つい運動不足になりがち。オフィスで隙間時間にエクササイズができたらいいのに、と思う人もいるかもしれません。そんな人の強い味方……...
ご存知の通り、「本の虫」とは読書が好きで好きでたまらない人を指す言葉。コレ、てっきり日本独特の言い回しだと思っていたけれど、調べてみたら英語でも「book...
先日、香港国際空港にできた「The Sanctuary by Pure Yoga」。キャセイパシフィック・ラウンジのひとつ「ザ・ピア」のビジネスクラスラウ...