なかなかとれないその疲れは、「姿勢」からきているかもしれない。

座っている時間が長く、運動不足であればあるほど、姿勢も悪くなってしまいがち。すると、背中や腰が痛くなるだけでなく、消化がうまくいかなくなったり、頭痛の原因になってしまうこともあるそうです。さらにストレスで憂鬱になったり、疲れやすかったりするのも、もしかしたらここに原因があるのかも。

Little Things」が紹介している、姿勢を良くして体の内側から美しくなるための「6つのチェックポイント」を参考にしてみては?

01.
まずは猫背になっていないか、
鏡でチェック。

まずは、自分の姿勢がどうなっているか、鏡を見てみましょう。そして、いつも通り立ってみてください。次に肩を後ろに下げるようにして、顎を引き、まっすぐ立つように意識してみましょう。それだけで、鏡に映る姿はずいぶん変わるかもしれません。

同時に、重心の位置についてもチェック。つま先に体重がかかっていたら要注意。猫背になって、重心が前に傾いていたら、足全体で体の重さを支えるようにするべしとのこと。

02.
背もたれに背中を
預けて座る

Fd21f6c1295cc9a1adb8c64c85c82754c273e79b

デスクでパソコンに向かっていると、気がつけば前かがみ、かなりの猫背になっていませんか?頭が前に出てしまうと、支える背骨に負担がかかり、背中の筋肉が緊張して疲れやすくなってしまいます。

椅子に深く腰掛けて、背もたれに背中を預けてみましょう。多くの椅子は、こうした姿勢で最も快適に、そして健康的に使えるように設計されています。車のシートの場合も同じです。ヘッドレストにきちんと頭がつくような姿勢を心がけましょう。

03.
寝ている間の
姿勢にも気をつける

3d336ddf99a777fe77574616ab116bfc9179096f

ときおり寝返りを打つことがあるにせよ、寝ている間は起きているときとは比べものにならないくらい同じ姿勢でいます。そのため体に負担がかかる寝方をしていると、起きたときに体が痛い…なんてことも。

横向きだと背中が丸まってしまったり、片方に負荷がかかって体が歪んでしまいがちなので、仰向けにまっすぐ寝るのが一番いい姿勢です。

04.
耳、肩、おしりを
一直線に

8f95e2ee25845261bbcd15517b1db7cfafe937e5

横から見たときに、耳、肩、おしりが一直線になっているのがいい姿勢と言われています。頭の上から糸で吊り下げられているイメージをして、ピンと姿勢を伸ばして歩くようにしてみるといいとか。

また、ポケットに手を入れていると、肩が前に出てしまうことによって、背中と肩甲骨のまわりの筋肉に負担がかかってしまうようです。

05.
ちゃんと自分に合った
「椅子」を選ぶ

椅子によって、座ったときの姿勢は変わります。でも共通して言えることは、背中全体をサポートしてくれるのが「いい椅子」だということです。

オフィスワークにせよ車の運転にせよ、座っているときは長い時間同じ姿勢になります。深く腰掛けて背もたれに背中をあずける正しい姿勢で座ったときに、ちゃんと支えてくれるのが「自分の体に合った椅子」。高級なものである必要はありませんが、できるだけ自分に合ったものを選ぶようにするといいそうです。

06.
ハイヒールは
できるだけ控える

D4f23f035e593127b69f0b165a9c349313c98130

確かにハイヒールは、正しく履きこなすことであなたの脚を美しく見せてくれる効果があります。でも、それで姿勢が崩れてしまっては本末転倒です。どうしてもハイヒールを履かなくちゃ、というときもあるかもしれませんが、なるべく控えたほうがいいでしょう。

ハイヒールは重心が前になって、つま先に負荷がかかります。履く場合は重心を後ろに持って行くように意識してみてください。

Licensed material used with permission by Little Things
「Stappone」は、靴の中に入れておくだけで体全体をスキャンしてくれるインソール。そして、姿勢が悪くなったときや歩き方に問題があるときには、連動したス...
デスクワークやスマホ操作の代償…「肩こり」。ガチガチに凝りすぎて頭まで痛くなってきたり、もはや凝っていない状態を思い出せなかったり。程度に差はあれど、悩ん...
ポルトガルのある研究によれば、女性の背中の反りが大きいほど、男性は魅力的に感じるそうです。つまり、猫背を改善できれば、男性からの好感度も上がるのでは?
「猫背の人は実年齢よりも老けて見える」とはよく言いますが、他にも、やる気がなさそうに見えたり、自信がないように見えるなど、とにかく良い印象を与えません。こ...
猫背が癖になってしまい、貧相に見えると周りから注意されがち…。そんな悩みを解決してくれるかもしれない、姿勢矯正ガジェット「UpRight」を紹介します。1...
日本人のおよそ5〜8%が、睡眠時間6時間以下のショートスリーパーだとか。「一日8時間」なんて長いこと言われ続けてきましたが、睡眠は長さよりも質、という声も...
寝ても寝ても疲れがとれない……。という人は、「Little Things」でAngel Chang氏によって紹介されているリストをチェックしてみてはいかが...
「The Neck Hammock」は、ドアノブなどに引っ掛けて、頭を専用の枕のようなものに固定して、首の疲れを軽減してくれる健康器具。使うときに必要な動...
果たして、これでリラックスできるんだろうか…(笑)。
なんだかいつも疲れてる?それなりにちゃんと寝てるはずなんだけど…なんてぼやきながら1日中「疲れ」と戦っている人、自分も含めて多い気がする。なんでだろう?今...
重い荷物をどちから一方の肩にかけたり、利き手でばかり荷物を抱えていたり。昔から、姿勢がゆがむ原因のひとつに挙げられているのは、周知の事実ですよね。自分の歪...
突然ですが、肩こりや頭痛に悩まされていませんか?もしかしたらその原因は、スマホを見る姿勢かもしれないという記事が「Spirit Science」に掲載され...
パソコン、スマホ、テレビなど、仕事でもプライベートでもスクリーンを見る時間はどんどん増えていますよね。そんな暮らしの中で「目の疲れがなかなかとれない」とい...
デスクワークをしていると、つい運動不足になりがち。オフィスで隙間時間にエクササイズができたらいいのに、と思う人もいるかもしれません。そんな人の強い味方……...
ちょっと変わった形のこの椅子。あなたなら、どう座りますか?って、タイトルで答え言っちゃってますが…。背もたれにも見えますが、そう。木馬みたいにまたがって、...
通勤電車の中でふと周囲を見渡すと、ほとんどの人は下を向いてスマホに夢中。職場でも長時間PCと向き合い、帰宅してからもデジタルな生活は終わらない。なるほど、...
「Muista Active Chair」は長時間体を動かさずにいる現代人が、オフィスで体をほぐせる用に考案されたエクササイズチェアー。血行促進やストレス...
「慢性疲労症候群」は、極度の疲弊感と微熱、筋力・思考力低下、睡眠障害などの症状が半年以上も続く病。未だ治療法は確立されていない。知名度の低さから理解されに...
たとえば、ハードな出張の合間に空港のラウンジで手足を伸ばしてのんびりしたい。こんな場面でゼッタイ役立ちそうなウォーターベッドが登場しました。それも、ただご...
長時間、座りっぱなしの姿勢が身体に悪影響を及ぼす。この考え方は、ここ数年トレンドになりつつあります。「LittleThings」ライターPhil Mutz...