【注意!】スマホを見る「何気ない姿勢」が、肩こりや頭痛の原因に?

突然ですが、肩こりや頭痛に悩まされていませんか?もしかしたらその原因は、スマホを見る姿勢かもしれないという記事が「Spirit Science」に掲載されています。

毎日使用するスマホだけに、その姿勢を少し意識するだけで、カラダへの負担は大きく変わりそうです。

cell-phone-1

衝撃の事実
スマホが首に与える影響

過去10年間、テクノロジーの変化は驚くべきものであり、同時に恐ろしいものでもあります。
少し前までは、インターネットが使えるタッチスクリーンのデバイスは、SF映画の中だけの話でした。でも、今や当たり前。

スマホの普及は、私たちの健康によくない影響を与えている可能性が…。その原因は、スマホを使う時の姿勢。

首を曲げながらの操作は、頭に8歳の子どもを乗せているのと同じくらい負担がかかるといいます。テキストメッセージを読んだり、インターネットを閲覧している時ですら約27キロもの圧力が首にかかっているというのです。

cell-phone-2

ニューヨークの脊椎外科・リハビリテーション病院の脊椎外科主任であるKenneth K. Hansraj氏が、その負担をわかりやすく紹介する画像を作成しました。私たちは1日に平均2〜4時間、こういった姿勢をしているといいます。

Surgical Technology International」に掲載されたHansraj氏の論文では、良い姿勢とは耳と肩が一直線になっており、背中を伸ばした状態だといいます。

この姿勢は、ストレスの原因であるコルチゾールを減少させます。一方で、首を曲げた姿勢は背骨にストレスを与えて、悪い場合は手術する可能性すらあります。

理想の姿勢は
首を曲げないこと

頭をうつむける代わりに、自分の顔の目の前でスマホを見ましょう。文字を打つときは、30度ほど傾けて打つのです。この角度であれば手首の負担も軽減できます。読むだけであればもっと垂直に近い角度にしましょう。姿勢を正すため、首を後ろにストレッチしてみては?

Licensed material used with permission by Spirit Science

 

この記事を読もうとするときに、頭を下に向けて読んでいたら、あなたはスマホ首になっているかもしれません。MuscleWatching高稲トレーナーが紹介する...
2016年4月1日に開設から20周年目を迎えたYahoo! JAPAN。お祝いムードはすでにウェブで、リアルで、あれこれ目にしてきたはず。そして、今日6月...
「Stappone」は、靴の中に入れておくだけで体全体をスキャンしてくれるインソール。そして、姿勢が悪くなったときや歩き方に問題があるときには、連動したス...
雑誌WIREDの表紙を飾るなど世界的に注目度の高い、煙突のようなこの「かぶりもの」いったいナンダ?
花一輪をプレゼント……はキザでも、ワイン1本ならプレゼントできちゃうかも。
そんな簡単な贈り物にするのだっていい、エチケットの花一輪が可憐で愛らしいアルゼ...
そろそろ夏も終わりですが、季節の変わり目には「偏頭痛」に悩まされる人が多いといいます。デスクワークも多く、スマホやタブレットと対峙する時間も長く、なにかと...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
デスクワークやスマホ操作の代償…「肩こり」。ガチガチに凝りすぎて頭まで痛くなってきたり、もはや凝っていない状態を思い出せなかったり。程度に差はあれど、悩ん...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
カレがなかなかスマホを触らせてくれないとなると、注意を払いたいところ。「Elite Daily」のElana Rubinさん曰く、触らせてくれない以外にも...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
気温もグンと下がることもあり、これからの季節に多い悩みのひとつが「肩こり」です。1年通して症状がありそうなイメージですが、とくに冬は寒さの影響で、筋肉が凝...
生活­習慣を見直し、根本的な「美」の改善を狙う“結果重視”のアロマサロン「Organic Aroma Gift」。今回は同サロンの公式HPで公開されている...
スマホも使い方によっては、いろいろなリスクがあるもの。事故、健康、人間関係にも影響することはなんとなくわかりますが、ここでは「Little Things」...
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。
『スマホ依存症』って最近よく耳にしますが、常に持っていないと落ち着かない、1日に何時間も画面を見ている、などの症状は、多くの人に当てはまるものだと思います。
頭がズキズキ痛む…。そんなあなたは「Little Things」がまとめた頭痛の原因リストをチェック。もちろん症状が深刻な場合には医師の診断が必要ですが、...
出産ストーリーって、自分で経験したことがないと、何度聞いても腑に落ちることはないのでは?自分でリアルに感じることが難しいからかもしれません。けれど、Aly...
通勤電車の中でふと周囲を見渡すと、ほとんどの人は下を向いてスマホに夢中。職場でも長時間PCと向き合い、帰宅してからもデジタルな生活は終わらない。なるほど、...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
日本人のおよそ5〜8%が、睡眠時間6時間以下のショートスリーパーだとか。「一日8時間」なんて長いこと言われ続けてきましたが、睡眠は長さよりも質、という声も...
スマホを使ったことがある人なら、一度は落下させたことがあるはず。バンカーリングとかも流行ったけど、見た目が、ちょっとヤボったいし、スタイリッシュじゃない。...
まるでSF映画から飛び出してきたかのような、不思議な見た目の道具。これ、一体何かというと…。なんだそう。「iTENS」と呼ばれるこのバンデージ(絆創膏のよ...
特徴は、スマホの背面に貼るシールタイプというところ。これまでのスマホスタンドは、専用の台に置いて使う式かバンガーリングで支える式のモノだったので、新しいデ...