カレとスマホの関係、この6つを見つけたらかなり危ない。

今や生活になくてはならないスマホですが、秘密の宝庫と化しているのは言わずもがな。だから、もしカレがなかなかスマホを触らせてくれないっていうときは、注意を払いたいところ。

Elite Daily」のElana Rubinさん曰く、この6つの行動はレッドフラグとみなしたほうがいいそう。見て見ぬフリをするんじゃなくて、ちゃんと腹を割って話す機会を設けてみてください。


スマホとは、その人の人生を詰め込んだ機械です。予定、写真、連絡先…スマホを見るだけで人となりがわかると言っても過言じゃありません。

べつに隠し事なく生きていれば、問題ないと思うんです。とは言え、やっぱり恋人のスマホの中身を勝手に探るのはルール違反。それでは信頼関係が崩れてしまいます。ですが、たまたま恋人のスマホを使おうとしたときに、このレッドフラグが見られたら、怪しむのも無理ないかもしれません。

いくら恋人といえ、越えちゃいけない一線ってありますし、このレッドフラグが立っていたからって「浮気者!」と断定はできませんが、パートナーの行動に違和感があるのは決していい状態ではありません。でも、違和感を感じる点は人によってそれぞれなので、思うところがあればその度に発言をしていかないと伝わらないでしょう。

とくにこの6つの行動を見かけたら、恋人と話し合いの時間を設けたほうがいいかも。

01.
メールや着信を削除している

私も見たくないメールや着信は削除したりしますが、いまはシングルなので、べつに何をしたっていいと思うんです。

問題は、あなたのスマホの充電が切れてしまい、カレのスマホを使って電話やメールを送ろうとしたとき。すべての履歴が削除されているのが確認できてしまったら、それは大きなレッドフラグ。隠し事をしている可能性があるかもしれません。

02.
ロック解除のパスワードを
教えてくれない

もはやスマホを触らせてもくれないのは、超危険サインです。もしかしたら見せられないメールが隠されているのかも。元カノからの着信履歴が残っていたり。はたまた、誰かとロマンチックなデートの約束をしている可能性も?

03.
出会い系アプリから通知がきている

カレのスマホでレストランの予約をしていたら、出会い系アプリから「マッチ」だとか「新着メッセージ」なんて通知が。

「アプリを削除するのを忘れた」というのは王道の言い訳ですが、メッセージが届いたり、マッチだなんて通知がくるのは、さすがに言い訳のしようがありません。

04.
あなたの前で電話を受けない

恋人が目の前にいるときに電話がかかってきたとしたら、私は気軽に出ます。そもそもがおしゃべりなので、電話がかかってくるとペチャクチャしゃべっちゃうんです。

だからもし恋人の電話が鳴ったとき、なぜだか出るのに躊躇しているのなら、あなたに聞いてほしくない何かを隠しているのかも。

05.
絶対に電話を放置しない

これは、純粋に持っていないと不安になっちゃうだとか、浮気じゃない理由が潜んでいる可能性も大いにあるでしょう。ですが、トイレに行くときすらも持って行くなど、必要以上に用心深くしている場合は怪しむのも無理ありません。

だって、なんでそこまで気を配る必要があるの?

06.
ロック画面や背景画像が
知らない子とのツーショット

私が話しているのは、キャンプ友だちとの集合写真のことじゃありません。知らない誰かとのツーショット写真のことです。ハグしているのか、チューしているのか、ラブラブなムードを醸し出しているのか知りませんが、これは言わずもがなレッドフラグです。

こんなのを目にするのは絶望的ですが、さすがにこれは一線を越えています。

このようなレッドフラグが立て続けに登場するようなら、カレと話し合いの時間を設けましょう。コミュニケーションがすべてです。もしかしたら何かの手違いかもしれませんし、改善の余地だってあるかもしれませんよ。

Licensed material used with permission by Elite Daily

関連する記事

必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
取っ手部分にスマホがカチッとくっつく「スマホ傘」。傘を使いながらスマホが操作できるほか、傘部分をバッグにしまえばハンズフリーのスマホスタンド、逆さに持てば...
スマホカメラに取り付ける「スマホ用望遠レンズ」は、一眼レフクオリティーの写真を撮ることができる驚きのギア。付属品やオプションも豊富でまさに「プロ仕様」。
もしも「ハーマン・カードン」が「スマホ」を作ったら、どのようなルックスになるのだろう? デザイナーJames Tsai氏は、そんな疑問をもとに自らプロトタ...
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
「Air Throne」は、持ち運び便利なエアーソファ。最大のポイントは、空気を入れる手軽さ。内蔵されているマイクロポンプに、スマホを接続するだけ。たった...
「HAKU」はミニマリストに向けた、必需品(+α)だけを持ち運ぶためのバッグ。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
オーストラリア発、いま世界が注目する紫色したワイン「パープル・レイン(Purple Reign)」
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...