一時的に「使えなくなる」スマホで自分の時間を取り戻してみる?

10年前に比べて、私たちの生活を一変させるほど便利にしてくれた一方で「つながりすぎ」に疲れてしまった人も多いのでは?そうです、スマホの話です。

ひとりの時間を楽しみたくても、集中したいことがあっても、お構いなしに届く通知に邪魔をされてしまうようになりました。そんなあなたに「Siempo」という新しいスマホはいかがでしょうか。

このスマホには
「使えなくなる」ボタンがある

「Siempo」の機能はちょっと特殊。それは、ボタンひとつで一定時間通知を遮断できるというもの。いつでも世界と繋がることができるスマホ、の真逆を行くような機能です。

つまり、とめどなく流れてくる通知を止めて、やるべきことに集中できるのです。

また「15分、30分、60分ごとに通知する」という設定にもできるので、一定頻度でメッセージをチェックすることもできます。

ホーム画面で
サクサク処理

散らかりがちなホーム画面。メッセージを打とうとしたはずなのに、つい目に付いた別のアプリを開き始めちゃったり…。

そこも想定済みの「Siempo」は、ホーム画面からサクッと直接メッセージを打ったり、メモをとったり、検索をしたりすることできるとか。

機能はシンプル
でも、それがいい

このスマホは「なんでもできる」というタイプではありませんが、必要最小限な機能はきっちり押さえています。

電話、カレンダー、地図、メモ、音楽、カメラ、など…。

あえてゲームアプリなどは入れない、という生活もありでしょう。

「自分の時間」を
取り戻す

Siempo」は現在、Kickstarterでクラウドファンディング中。最初の限定500台は279ドル(約30,000円)。機能に対して価格はちょっと高めに感じますが…2017年12月に発送開始予定とのことなので、来年こそは自分の時間を取り戻す!と決意して、思い切るのもアリでしょうか。

Licensed material used with permission by Siempo
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。
リンゴから作られるアルコール飲料「シードル」を自分で作れちゃうガジェット『ALCHEMA』です。
「Lumen」は、息を吹き込むだけで現在の新陳代謝を測定してくれます。さらには、栄養素などのアドバイスも。リアルタイムで体内の調子を知ることができて優秀な...
「コロナ災禍下も日本橋から日本を元気にしよう」と、日本橋を代表する老舗店舗が一堂に会したオンラインストア「江戸東京一」がオープン。
撮ったその場で現像できるインスタントカメラが、若い世代を中心に人気を集めている。この流れに乗って、モバイルプリンターを使ってスマホ写真を現像しようという動...
「Air Throne」は、持ち運び便利なエアーソファ。最大のポイントは、空気を入れる手軽さ。内蔵されているマイクロポンプに、スマホを接続するだけ。たった...
2014年に中国ではじめてリリースされた『Forest』は、スマホ依存症になることを防ぐためにつくられたアプリ。App Storeのランキングで1位になっ...
スマホを持ち歩かずにSpotifyの音楽を楽しめるプレーヤー「Mighty」の販売が開始された。
カレがなかなかスマホを触らせてくれないとなると、注意を払いたいところ。「Elite Daily」のElana Rubinさん曰く、触らせてくれない以外にも...
厚生労働省が定める必須栄養素(全48種)をすべて植物性原材料のみ無添加で仕上げたバータイプの完全栄養食「CENZ BAR」。
「Calendar Watch(カレンダーウォッチ)」の機能はとてもシンプル。スマホやPCで管理しているスケジュールを写真のように盤面に表示してくれます。...
11月初旬、「アドビシステムズ」はスマートフォン向けカメラアプリ「Adobe Photoshop Camera」のリリースを発表した。
この記事を読もうとするときに、頭を下に向けて読んでいたら、あなたはスマホ首になっているかもしれません。MuscleWatching高稲トレーナーが紹介する...
ものをたくさん持たず、シンプルなライフを提案する「ミニマリズム」を実践する人も、数多く見受けられるようになってきました。リーダーシップやコーチングに精通す...
「Cubinote」は、専用アプリをダウンロードして、スマホやパソコンで文字を打ち込みプリンターへ送信するだけで簡単に付箋のメモが作れます。インクも不要!
6月1日より、カナダ発の2週間で消えるオーガニックタトゥー「Inkbox」が新商品を発売する。これまでの製品より多くの点でバージョンアップしたその魅力とは?
5月20日、国内初となる馬肉専門の定食ファーストフード店の第1号となる「ウマキチ 都立家政店」が都内にオープン。
ゲームやアプリケーションにおいて、拡張現実(AR)の可能性は広がりつつあります。これもまた、AR体験があってこそ生まれた便利ツール。スマホのカメラ機能を利...
今や北京では、スーパーやショッピングモール、レストラン、カフェはもちろん、生花市場の中ですら、スマホ決済ができます。なかでも中華SNSアプリ『WeChat...
通信機能がついており、スマホとの距離が一定を超えるとアラートを送信してくれる。そんな「財布」が話題です。いつもうっかりモノを置き忘れちゃうあなたにとっては...
「EyeQue VisionCheck」は、測定用のデバイスをスマホに取り付けて、専用アプリを使って自宅で視力検査ができます。所要時間は3〜5分ほど。20...
特徴は、スマホの背面に貼るシールタイプというところ。これまでのスマホスタンドは、専用の台に置いて使う式かバンガーリングで支える式のモノだったので、新しいデ...
「Smartables」は、僕たちの生活を便利にしてくれるスマートテーブルです。例えば、充電器として、スピーカーとしても。他にもある便利な機能を紹介します。