スマホで「投げ銭」ができる!路上ライブ感覚で楽しめるアプリが登場

そう聞くと、「ニコニコ動画」や「ツイキャス」と何が違うの?と考える人もいるはず。でも、「Fanify」には2つの大きな差別化ポイントが。このアプリを使えば、今までとは違った形で音楽を楽しめるようになります。

ミュージシャンの
ライブ配信に特化!

【差別化ポイント2つ】

①「ミュージシャン」のライブ配信に特化
②課金が可能

従来のライブ配信サービスでは、動画のジャンルは問われておらず、ある種の雑多感が魅力になっていました。が、逆にいうと、「何が楽しめるか」が不明瞭な印象に。

しかし、このアプリは「ミュージシャン」の映像配信に特化したもの。場所や時間の制約を受けずにライブが開催できるだけでなく、スマホ内には、音楽好きによる、音楽好きのための濃密な空間ができあがるというわけ。

世界中から
「推しメン」を探せる!?

さらに、課金システムも画期的です。

音楽を聴く側にとっては、まだ誰も知らない“金の卵”を見つけて、まるで親にでもなったかのようにキャリアを支援できるところが魅力の一つ。ある種、AKB48の「推しメン」の概念に近いかもしれません。しかも、舞台はグローバル!(もちろんアイドルとアーティストは違いますが)

一方、音楽で食べていこうと本気で考えているミュージシャンにとっては、チャンスでしかありません。このアプリのユーザーは、いわゆる「イイ音楽」を求めている人のみ。この場を使ってどんどんアピールできるため、才能と運があれば、絵に描いたようなサクセスストーリーの可能性も十分?

【まとめ】

「Fanify」の楽しみ方

①発見する
→世界中から新しいアーティストを見つける
②つながる
→いつでも、どこでも彼らのパフォーマンスをチェック
③支援する
→必要に応じて課金し、キャリアをサポート

Licensed material used with permission by Fanify, (App Store)
いつでもどこでもスマホがあれば、AR技術でアーティストのライブが見れるアプリの紹介。広告なしでダウンロードしたあとすぐに聞ける。新しいアーティストとファン...
トゥルク大学の研究によって開発されたアプリでは、脳梗塞の一因となる心房細動を読み取れるようになっている。その精度は96%を誇る。スマホを胸に当てるだけ、と...
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
3月4日、スイスの自動車メーカー「Micro Mobility Systems」は超小型EV「Microlino」の新バージョン「Microlino 2....
パートナーとのケンカの理由にありがちな家事分担の不平等を解消するために開発されたアプリ「Labor of Love: Tasks Marriage」。
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
ロシアのあるクリエイティブ・エージェンシーが、世界で初めてとなる試み「ストリートミュージシャン専門の音楽レーベル」を立ち上げました。
「ながら運転」をさせないアプリ「eGURAD」が配信開始。歩行中や運転中の状態を検知してスマホ操作を抑止する。
「Apollo's Moon Shot AR」は、人類の月面着陸から50年の節目を祝うアプリ。ARが搭載されたこのアプリを起動し、スマホやタブレットをかざ...
台湾に3600店を展開する「ファミリーマート」で、大豆、えんどう豆、しいたけ、米を主原料とする香港発の植物性ミート「OMNIPORK」を使用したインスタン...
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
カレがなかなかスマホを触らせてくれないとなると、注意を払いたいところ。「Elite Daily」のElana Rubinさん曰く、触らせてくれない以外にも...
2014年に中国ではじめてリリースされた『Forest』は、スマホ依存症になることを防ぐためにつくられたアプリ。App Storeのランキングで1位になっ...
AppleのARkitに対応した「TweetReality」では、現実世界に合計25枚のツイートを表示することができます。イメージは、SF映画に出てくるよ...
Androidを世に広める「Google」とロンドンに拠点を置くデザイン会社「Special Projects」が先日ローンチした「Paper Phone...
アメリカのスターバックスで導入した際、大きな話題となった「オーツミルク」と「アーモンドミルク」」が、3月13日よりスターバックス コーヒー ジャパンでも楽...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
「今のスマホって大きくなりすぎて、ごちゃごちゃしてない?」。そんなふうに考えたのは、フランスのデザイナーPierrick Romeufさん。
「Die With Me」は、あなたのスマホのバッテリー残量が5%以下になって、はじめて使えるメッセンジャーアプリです。
11月初旬、「アドビシステムズ」はスマートフォン向けカメラアプリ「Adobe Photoshop Camera」のリリースを発表した。
スマホを持ち歩かずにSpotifyの音楽を楽しめるプレーヤー「Mighty」の販売が開始された。
自慢するという意味を持つFlex(フレックス)とFaceTimeの名を融合させたアプリ「FlexTime」が、アメリカで開発されました。
「Couch Potato(カウチポテト)」は、何もせずゴロゴロしている時間を計ってくれるアプリです。動かなければ動かないほど、スコアが上がっていきます。