部屋の香りを、アプリで調香してみる?

スマートフォンアプリを使って、香りを自由にアレンジできるデバイスが、「Indiegogo」で紹介されています。

サンダルウッド、ネロリ、バニラ、ローズなどの香料が入ったカプセルを、一度に4つまで本体に設置する仕組み。画面上のボリュームバランスを整えるようにして、指先で組み合わせをコントロールできます。

F7acee470e26dffb26f5ee8400d116b7e1e76e1f7ea9d7188b0183e5017aceed177212cf28c9156e

自分で調香したこだわりの設定を保存して共有することもできるし、用意されているパターンから選んでもOK。海のにおいや、冬のログハウスの雰囲気を演出したり、自動で頻繁に香りを変えてくれるパーティモードも。

日本から事前予約する場合、本体と、8種類のカプセルが2セットつきで、価格は送料込み・169ドル(約1万9,000円)から。配送開始は2017年7月を予定しています。

自宅で香りを調合することに抵抗があっても、これなら簡単そう。料理のレシピを作るような感覚で、オリジナルの「ルームフレグランス」づくりに挑戦してみてもいいかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Moodo Team
2014年に中国ではじめてリリースされた『Forest』は、スマホ依存症になることを防ぐためにつくられたアプリ。App Storeのランキングで1位になっ...
いつでもどこでもスマホがあれば、AR技術でアーティストのライブが見れるアプリの紹介。広告なしでダウンロードしたあとすぐに聞ける。新しいアーティストとファン...
東南アジアの国々に多いトゥクトゥク。乗りたいけれど、ぼったくられないか目的地へちゃんと着けるか、心配になる旅行者も多いはず。でも、カンボジアでは配車アプリ...
トゥルク大学の研究によって開発されたアプリでは、脳梗塞の一因となる心房細動を読み取れるようになっている。その精度は96%を誇る。スマホを胸に当てるだけ、と...
「#IMWITHKAP」という彼に賛同する意味のあるハッシュタグが刺繍されているデザインです。
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
〈LUSH(ラッシュ)〉の練り香水は、1個約1,000円〜1,500円というプライス。手の平に乗るサイズの缶入りで、香りもいろんなベクトルのものがあって、...
もう使ったことがある人は多いかも。リリースからたった5日間でユーザー数が65万人に急増したフィルターアプリ「Prisma」を使うと、スマホで撮影した画像が...
音楽が大好き、仲間と一緒と盛り上がるのはもっと好き! そんなアナタへ。インストールしたくなるアプリを紹介しましょう。まずはこの動画を見れば、このアプリが最...
ゆずには多様な使い道がありますが、もうひとつの愛媛県の特産品しいたけと合わせてお味噌で和えることで、ゆずの香りが食欲をそそる、白いご飯にぴったりのおかず味...
ゲームやアプリケーションにおいて、拡張現実(AR)の可能性は広がりつつあります。これもまた、AR体験があってこそ生まれた便利ツール。スマホのカメラ機能を利...
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
そう聞くと、「ニコニコ動画」や「ツイキャス」と何が違うの?と考える人もいるはず。でも、「Fanify」には2つの大きな差別化ポイントが。このアプリを使えば...
AppleのARkitに対応した「TweetReality」では、現実世界に合計25枚のツイートを表示することができます。イメージは、SF映画に出てくるよ...
メルローズアベニューのポールスミスの壁に「Go Fuck Ur Selfie」という落書きがされてしまいました。
タカラトミーが12月に発売したプリンタおもちゃ「プリントス」は、電池もアプリも不要で、スマホに写った画像をその場でチェキ化可能な衝撃商品。味のある仕上がり...
アルツハイマー病を患うおばあちゃんをもつ少女が開発した、あるアプリの話。
音楽がつくれたり、演奏できるアプリはたくさんあるものの、楽器をやったことがない人にとっては、ハードルが高いものも多いですよね。でも、このアプリならまったく...
相手が笑顔なら、自然と自分も笑顔になりますよね。でも、視覚障がいがある人にとっては、相手が笑っているのかどうかに気づけずもどかしい思いをすることも。そんな...