中国ではこうやって活用された「老け顔アプリ」

中国で3歳のときに誘拐され、行方不明となっていた21歳の男性が発見された。本人特定にに活用されたのが、いわゆる「老け顔アプリ」の技術だ。

AIの画像認識技術を活用したロシア発の「FaceApp」が広く知られているが、今回は中国で同様の開発を進めるIT大手、騰訊(テンセント)の技術が手がかりに。AIを使った作業は容易ではなく、2ヵ月以上が費やされたという。

発見された男性は、18年間も生き別れとなっていた両親と再会。養父母が男性を育てるに至った経緯は明らかにされていない。

爆発的な人気の裏では個人情報流出のおそれなどが危惧されている「老け顔アプリ」だが、こと技術においては活用次第で役に立つ大きな可能性を示唆した。

Top image: © iStock.com/martin-dm
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

先日、中国の研究者がパンダの顔を認識できる技術を開発したと報じられました。今後はアプリ開発も行われ、動物園の入園者にも利用してもらう予定。
植樹をするのではなく、表面を藻類で覆ってしまおうというコンセプト。中国・杭州市に建設される高層ビルに採用予定です。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
パートナーとのケンカの理由にありがちな家事分担の不平等を解消するために開発されたアプリ「Labor of Love: Tasks Marriage」。
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
顔が一瞬で変わる中国四川省の伝統秘技「川劇変面」。この門外不出・一子相伝の秘技をいとも簡単に、そして誰でも披露できちゃうお面があるというので紹介したい。そ...
中国は2020年までに“人工月”を打ち上げる計画をしているそう。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
バイクギアメーカー「KUSHITANI」とサステイナブルブランド「SEAL」がコラボした廃タイヤチューブをアップサイクルしたバッグギア2製品が発売。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...