メイクをしたまま就寝すると、一晩で「10歳」も老ける!?

Doctors Me(ドクターズミー)
医師、その他専門家
「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、メディカル・ヘルスケアQ&Aサービスです。また、医師をはじめとする専門家が執筆・監修する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信しています。
Doctors Me

飲み会でアルコールが入って、帰宅した途端ベッドに倒れこんでしまった…朝起きたらメイク落としていなかった、そしてお肌のコンディションは最悪に! そんな経験はありませんか?
メイクを落とさずに寝てしまうことがどれほど肌によくないか、医師に聞いた詳しいお話をお伝えします。

化粧をしたままだと、
なぜ肌によくないの?

50229097化粧品には色素や保存料など、いろいろな人工物が含まれています。顔料などの粉末成分、油分、金属物質は、時間とともに酸化していきます。それが皮脂と混ざりあうので、例えるならば、傷んだ食べ物と同じ状態なのです。化粧をしたままで眠ることは余計な油分を肌に乗せているだけではなく、肌のくすみやニキビなどのトラブルを起こす可能性があります。
また、残ったファンデーションが微生物の温床になっているという衝撃的な報告もありますので、面倒でもメイクを落としましょう。

メイクを落とさないで眠ると
一気に肌が年をとる!?

239293147

敏感肌や乾燥肌のかたは、メイクを落とさずに一晩過ごしてしまうと、肌への負担が大きいため、シワが出やすくなったり局所的に肌がカサカサになる可能性があります。一説によるとメイクを落とさないで眠っていると一気に肌が10歳年をとるともいわれています。一晩でそうならなくても、クレンジングをサボっていると徐々にシミが増えたりシワが増えたりと、皮膚の老化が進む可能性が高くなります! 

10年先、20年先も生き生きとした肌でいるために、メイクをしたら必ずクレンジングをしましょう。

洗顔だけじゃダメ?
ファンデーションは
なぜ落ちにくいの?

48012172

ファンデーションが落ちにくいのは、仕上がりや化粧もちをよくするため、肌にピタッと密着させるようにいろいろな油脂が含まれているためです。そのためしっかりクレンジングをしないとメイクはきちんと落ちません。

洗顔料は皮脂などを落とすことを前提とされていますので、メイク成分まで落とせません。メイクはクレンジングで、皮脂よごれは洗顔で、しっかり落とすようにしましょう。ただし軽いメイクで粉のファンデーションだけの場合は、洗顔だけで大丈夫かもしれません。メーカーに確認してみてください。洗顔するときは、ゴシゴシこすると皮膚への負担が大きいので、優しく撫でるように、洗顔料をよく泡立てて包み込むように洗いましょう。

もしメイク落としを
サボってしまったら?

304177178

翌朝クレンジングで2回洗いをし、しっかり洗顔料を泡立てて洗顔しましょう。パッティングもよいですが、シートに化粧水を含ませ、3~4分間乗せておくだけで、かなり肌の状態が違ってきます。

■医師からのアドバイス
面倒なクレンジングですが、お肌を守るためには必要なことです。お風呂場に行くのが寒いという場合にはウェットティッシュタイプのクレンジングもあります。また香りが楽しめるクレンジングや濡れた手でも使用できるクレンジングもあります。いろいろなタイプのクレンジング製品を楽しみながら使ってみましょう。

監修:Doctors Me医師
コンテンツ提供元:Doctors Me 

「メイク」を使って、社会に潜むさまざまな「闇」を表現。アートの新しい可能性に挑戦するアーティビストがいます。
出かける前の身だしなみ、家の中のどこでしていますか?洗面所で行う人はもちろん多いかと思いますが、一人暮らしなどで、洗面所がなく、家のあちこちでメイクすると...
メイクアップアーティストのMay Sumさんは、商売道具のコスメをメイク道具として使うだけではなく、口紅そのものを彫り鑑賞物に生まれ変わらせてしまったのです。
人気YouTuberのMs Yeahによるメイクアップ動画が波紋を呼んでいます。美容部員さんからは決して教えてもらえない、禁断のハウツーをどうぞ。
3年の月日をかけて開発された「Mighty Mug」。横からチョップしようがパンチしようが、正面からどつこうが倒れません。つまり、デスクワーク中に肘が当た...
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
マレーシア人のSaraswatiさんは、メイクをする時、普段から身に着けているヒジャブもフル活用するメイクアップアーティスト。折ったり結んだりして、自由自...
Scottさんはメイクが大好き。以前から化粧をして職場へ行っていたのですが、新しくきた上司に理解されずショックを受けます。化粧を落とせという要求に従わず、...
近年、メイクアップ技術は著しく進化している。あまりにも素顔とかけ離れ過ぎて「化粧=詐欺」と形容されることもしばしば。更には、性別を越える事も可能になってき...
「新しい映画のキャラクターだよ」と言われても納得してしまいそうなモンスターたち。これらはすべて、オーストラリアの16歳の少女が独学でつくったものなんです。...
パラオ政府は、2020年より、サンゴ礁に有害な物質を含む日焼け止めを禁止にする方針を明らかにしました。
彼女の名前は、ケイト・ヴェルナー。なんと15歳。YoutubeやSNSで公開されるメイクアップアートに触発され、自身で始めてみたのが約2年前。Instag...
幼い男の子の悪魔のような姿…。もともとの純粋さは消え、恐怖心をあおる。ホラー映画で有名な『IT』に登場する“殺人ピエロ”のメイクを、3歳の弟に施した17歳...
くちびるの動きに合わせて、キャラクターを動かすメイクアップアーティストのSandra Changさん。くちびるの動きとキャラクターがぴったりと当てはまり、...
メイク方法を紹介しているビューティーブロガーCatherine Martinezさん。聴覚障害者の人たちとの壁をなくすために、手話を使って動画を配信しています。
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
本来の意味合いや目的なんかとは関係なしに、とにかくみんなで仮装して騒いでとことん楽しむ、みたいな風潮が定着した「ハロウィン」が今年もやってきます。定番メイ...
もう、彼女たちに一目惚れ。ウルウルとした乙女の瞳に、愛らしく咲く花々。これって、最強の組み合わせなんじゃない?たまには、こんなお花見もいいかもしれない。
ギョッとするような女性の顔。怖いんだけど、あまりにも見事でずっと眺めてしまう。このメイクを手がけたのは、ロンドンを拠点に活動する美容師のVANESSA D...
ひと月後に結婚を控えたカップルが、特殊メイク技術によって、老後の自分たちの姿に変身。徐々に老いていくパートナーを目にしたとき、ふたりの心にある変化が訪れま...
パツワルド 敬子出版社勤務ののち米留学を経てフリーランスの編集ライター兼翻訳家に。書籍・ムック・雑誌・ウェブ、各媒体で執筆中。ほんの少し“きちんと”するだ...
ボディペインターのAsh Clementsが手がけるメイクは、アメコミからスプラッター映画のようなメイクまで、とにかくバリエーション豊か。しかも、全てのペ...
Rand Jarallahさんは自分の顔をキャンバスとして利用し、SNSを中心に様々な社会問題を訴えている。そんな彼女にアーティビズムとは何か?アーティビ...
「黒リップ」と聞くと、裏原やゴスロリ系のイメージを持つ方も少なくないはず。でも、ビューティー・メイクアップ界では、2014年にかけて、黒い唇が一大トレンド...