ひとつあれば、何役も楽しめる、スマートメイクアップミラー

出かける前の身だしなみ、家の中のどこでしていますか?洗面所で行う人はもちろん多いかと思いますが、一人暮らしなどで、洗面所がなく、家のあちこちでメイクするという人も多いのではないでしょうか。手鏡と化粧品を持って移動しながら、どこででも美容しちゃうというわけですね。立派な洗面所がなくても、あなただけの特別なメイクアップルームがどこでも作れてしまう、こんな鏡はいかがでしょうか。

世界ではじめての、
スマートメイクアップミラー

3946d70ada3c9ead668b91930ca458fb71689850

家の中で鏡を置いてメイクするとき。これまでは、明かりを求めて自然光の入る窓のそばや、ライトの近くに移動する人が多かったのではないでしょうか。「JUNO(ジュノ)」は、スマートフォンのアプリを通して探知し、いつでもどこでも、メイクのお手伝いをしてくれる頼もしい鏡なのです。

201b513a2aa27c74692019780cf3c07724ced36498c3c13954665e7ed31cd2ff79ab18bf1039e2521cabf2b5df85b91b6f84e288b2bdcd556120a5c7

JUNOは、手持ちのスマートフォンで専用のアプリをブルートゥース仕様で連動させ、メイクするときの照明を選ぶことが出来ます。本を読むランプとして使用するときも、明るさの調整をしたり、さらには、自分のお気に入りの照明を保存しておくことも出来るのです。(現在アプリは開発途中段階で、製品発送時期までに完成の予定です。)

E6bd8b6b873cc6fdd292350770b9f5c26a1ba4d0

セルフィーモードを使えば、いつでも完璧なセルフィーを撮影できます。肌の色を見てください。セルフィーモードを使った場合とそうでない場合を比較すれば、その効果は一目瞭然です。

Baaf20c91143f08f6381b123323d3e461f732425

多くの女性にとって、鏡とはどのような存在なのでしょうか。そして、1日のうち、何回鏡を見ているのでしょう。JUNOをきっかけに、鏡との付き合い方が変わるかもしれません。現在、「Kickstarter」で2017年1月20日まで資金調達中です。

Licensed material used with permission by JUNO
メイクアップアーティストのMay Sumさんは、商売道具のコスメをメイク道具として使うだけではなく、口紅そのものを彫り鑑賞物に生まれ変わらせてしまったのです。
人気YouTuberのMs Yeahによるメイクアップ動画が波紋を呼んでいます。美容部員さんからは決して教えてもらえない、禁断のハウツーをどうぞ。
「メイク」を使って、社会に潜むさまざまな「闇」を表現。アートの新しい可能性に挑戦するアーティビストがいます。
マレーシア人のSaraswatiさんは、メイクをする時、普段から身に着けているヒジャブもフル活用するメイクアップアーティスト。折ったり結んだりして、自由自...
『ナチョサウルス』と名付けられた、ナチョス専用の入れ物。背中部分にある隙間にスナックを入れると、写真のとおり恐竜の完成!ディップやケチャップ、マヨネーズな...
注目すべきスペックは遠隔操作でソールの温度調整ができるところ。充電すればエンドレスで使える、お財布に優しいアイテムです。
メイク方法を紹介しているビューティーブロガーCatherine Martinezさん。聴覚障害者の人たちとの壁をなくすために、手話を使って動画を配信しています。
Scottさんはメイクが大好き。以前から化粧をして職場へ行っていたのですが、新しくきた上司に理解されずショックを受けます。化粧を落とせという要求に従わず、...
くちびるの動きに合わせて、キャラクターを動かすメイクアップアーティストのSandra Changさん。くちびるの動きとキャラクターがぴったりと当てはまり、...
彼女の名前は、ケイト・ヴェルナー。なんと15歳。YoutubeやSNSで公開されるメイクアップアートに触発され、自身で始めてみたのが約2年前。Instag...
カナダのケベック・シティにある「Hotel de Glace」は、毎年テーマが変わるアイスホテル。前回の冬、2018年のテーマはサーカスでした。2019年...
身近にある物への愛から始まったアップサイクル。カラフルなアイシャドウの水彩絵の具にするプロジェクトを紹介します。
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
近年、メイクアップ技術は著しく進化している。あまりにも素顔とかけ離れ過ぎて「化粧=詐欺」と形容されることもしばしば。更には、性別を越える事も可能になってき...
本来の意味合いや目的なんかとは関係なしに、とにかくみんなで仮装して騒いでとことん楽しむ、みたいな風潮が定着した「ハロウィン」が今年もやってきます。定番メイ...
Billionaire's Row(億万長者通り)に、2020年完成を見据えて建設中の「Central Park Tower」。10月中旬、不動産開発企業...
「黒リップ」と聞くと、裏原やゴスロリ系のイメージを持つ方も少なくないはず。でも、ビューティー・メイクアップ界では、2014年にかけて、黒い唇が一大トレンド...
いま、この「羽のような眉毛」がInstagramで話題になっている。ヘルシンキ出身のメイクアップアーティストStella Sironenさんが、自身のアカ...
「新しい映画のキャラクターだよ」と言われても納得してしまいそうなモンスターたち。これらはすべて、オーストラリアの16歳の少女が独学でつくったものなんです。...
幼い男の子の悪魔のような姿…。もともとの純粋さは消え、恐怖心をあおる。ホラー映画で有名な『IT』に登場する“殺人ピエロ”のメイクを、3歳の弟に施した17歳...
ギョッとするような女性の顔。怖いんだけど、あまりにも見事でずっと眺めてしまう。このメイクを手がけたのは、ロンドンを拠点に活動する美容師のVANESSA D...
もう、彼女たちに一目惚れ。ウルウルとした乙女の瞳に、愛らしく咲く花々。これって、最強の組み合わせなんじゃない?たまには、こんなお花見もいいかもしれない。
Rand Jarallahさんは自分の顔をキャンバスとして利用し、SNSを中心に様々な社会問題を訴えている。そんな彼女にアーティビズムとは何か?アーティビ...