メイク時間も有効に!スマートミラー「HiMirror Slide」に注目

近年、家電市場で注目を集めつつある「スマートミラー」

誰もが毎日使う鏡をデジタルでアップデートしたこのガジェットは、日々の生活のハブになる可能性を持っているという。

美容家電企業「HiMirror」が発売する「HiMirror Slide」は、スライド式のタブレットを備えた化粧鏡

タブレット画面を利用すれば、YouTubeでメイクアップ動画を観ながら化粧をしたり、肌診断をおこなうことでその日のコンディションに合わせたメイクを提案してくれるという。

© himirror_us/Instagram

もちろん、SNSを接続することで、各種通知を見ることができたり、音楽再生を制御することも。Google アシスタントAmazonのアレクサを内蔵しており、足りなくなりそうな日用品を声だけで注文することもできるそうだ。

また、それらの機能が不必要なときには、普通の鏡として使うこともできる。上下に付属したLEDは彩度や色調を変更することもでき、鏡としての機能も十分だ。

現在、アメリカでは$199で発売中の本製品。日本での発売については未発表のようだが、展開されることに期待したい。

Top image: © iStock.com/drante
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「HiMirror Mini」を使えば、自分の肌にあったスキンケアプロダクトを教えてくれるから、わざわざ専門家にカウンセリングをしてもらう必要がなくなります。
「Amazon」の純正スマートプラグ「Amazon Smart Plug」が7月15日(水)から販売。IoT化されていない家電が手軽にスマート化できるのが...
落ち込んだ日、疲れた日に前向きな気持ちにさせてくれる鏡があります。「Smile Mirror」です。理由は簡単、笑いかけないと鏡として機能してくれないから...
24時間年中無休のフィットネスジム「1/3rd Fitness(ワンサードフィットネス)」で、日本初となるミラー型のオンライントレーニング用デバイス「Fi...
「World Brewers Cup 2016」チャンピオンのトップバリスタ・粕谷哲氏と、フレブル専門誌『BUHI』がコラボして作ったコーヒーが発売。ナッ...
出かける前の身だしなみ、家の中のどこでしていますか?洗面所で行う人はもちろん多いかと思いますが、一人暮らしなどで、洗面所がなく、家のあちこちでメイクすると...
米スマート家電メーカー「eufy」開発によるスマート宅配ボックス「SmartDrop」がクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で大きな注目...
僕は、毎朝バタバタと準備をしてしまうタイプ。というのも、アラームを止めてからもついつい二度寝をしてしまうことが多いから。気付いた時には、急いで準備をしなき...
モルディブ・マレ国際空港の近くであるフルマーレというエリアに、スマートシティ「Ocean’s Heaven」は建設予定です。
スマートフォンを充電しながら99%UV除菌できる「Smart Cleaner」。
11月1日は「ワン・ワン・ワン」の“犬の日”。犬好きも、そうでない人も、あらためて犬のことを考え、犬を知り、犬をかわいがるこの日に、「そんなのあるのか!」...
最新のスマートデバイスと「健康」には深い関係性がある。流行りのウェアラブルと言えば、走った距離や道のりどころか心拍数や消費したカロリーまで管理可能。中には...
「Wakē v2」は、アラーム付きのスマートライト。アラーム音は、起きたい人だけ聞くことができる優れもの。パートナーと迎える朝が、より穏やかなものになりそう。
「スマートホーム」とは、1980年代にアメリカで提唱された住宅の概念。家電製品を情報化配線等で接続、制御することでエネルギーの最適化を図り、快適なライフス...
ヘッドセットに高速高解像度カメラが埋め込まれていて、ユーザーはディスプレイに映し出された画像を見ることができます。手持ちのコントローラーで、コントラストや...
ロシア・モスクワ郊外Rublyovo-Arkhangelskoyeというエリアで、壮大なスマートシティプロジェクトが進められるようです。このコンペに勝利し...
大人気キャラクター「Barbie(バービー)」のYouTubeチャンネルに、黒人の友人Nikkiが登場。彼女の差別の体験談を聞き「人種を理由に差別されるの...
先月23日、「JAXA(宇宙航空研究開発機構)」が日本人宇宙飛行士を新たに募集すると、萩生田光一文部科学大臣が発表した。
中国家電メーカー「シャオミ」がスマートスクーターの新モデル「Mi Electric Scooter Pro 2」を発表。さらに、F1チーム「メルセデスAM...
様々なタフな現場で鍛え抜かれた高機能な「家電」を厳選してご紹介! 「京セラ」「HiKOKI」「マキタ」など注目メーカーのギア&アイテムが満載です。
いまやスマホでお湯が沸き、炊飯器にタッチするだけ自分の好みのお米が炊ける時代。家電がネットにつながり、暮らしがどんどんスマートになってきた。けれど、値段だ...
オーストラリアのABC NewsがAmazon倉庫で働いている人たちの労働環境を知ってもらう目的で、ゲームを制作しました。
6種類の重さに切り替えられるケトルベル。これひとつで、重さの違うダンベルをいくつも用意することなく、室内スペースもスマート化。小さな空間でも満足がいく筋ト...
人工知能や音声認識システムを、IT機器や家電に取り入れた商品がトレンドになりつつある。こうしたスマート家電の活用とともに、未来の家はより便利にスマートにな...