我が家のリモコンは「コンコンコン」、とノックするだけ

人工知能や音声認識システムを、IT機器や家電に取り入れた商品がトレンドになりつつある。こうしたスマート家電の活用とともに、未来の家はより便利にスマートになっていくに違いない。

けれど、誰でも手軽に使えないようでは、スタンダードになりようがない。直感的で、シンプルな操作性が要求されるのだ。そこでいうと、Kickstarterに登場してちょっとした話題になっているこの製品はどうだろう?

「振動」を「信号」に変える
ノック式のリモコン

これは、貼り付けた面がリモコン代わりになるデバイス。手のひらサイズの「Knocki(ノッキ)」だ。持ち歩くものではなく、壁や扉、テーブルなどに設置する。

ハンズフリーで家電を操作したいときに、テーブルや壁などにこれを設置すれば、あとはノックするだけでいい。設置したオブジェクトに伝わる振動を感知して、信号をWi-Fi経由で送信できる。

たとえば、夜遅く帰宅して玄関を開けたら、壁を「コンコン」と2回ノック、これで照明が点灯する。逆に、今度は外出の際、家のどこかに起き忘れた携帯電話を探すときも「コンコンコン」と3回ノックすれば自分の番号にコールしてくれる。

もちろん、ノックの回数やどの家電を起動させるかは、すべて設定次第。

家中どこでも
「コンコンコン」

テレビやエアコン、オーディオを操作するリビング。寝室に設置すれば、朝はノックで目覚ましアラームがオフになり、自動でコーヒーメーカーをドリップすることだって、目をつむったままできてしまう。

従来のリモコンのように、操作する場所に移動させることもなければ、画面操作やボタンの配列に悪戦苦闘する必要もなし。「コンコン」の振動で伝えるだけだから、誰でも簡単に使える。このユニバーサルデザインがGOOD。

ノックの設定は
最大10個まで

各種端末とのジェスチャー登録は、専用アプリでできる。

それにしても、振動を感知するKnockiは食器を置いたりものをぶつけたり、誤作動が起きやすいのではないか?という疑問がどうしても拭えない。ところが、ランダムに振動が起こりやすそうな場所ほど、雑多な振動を排除し、記憶したジェスチャーだけを拾ってくる。と開発者のJake Boshernitzan氏は、自信をのぞかせている。

この最小限のジェスチャーで、あらゆる家電を操作する。その様子を思い浮かべるだけでも不思議だが、いずれは「ふつうのこと」として認識されるのかもしれない。

1つ79ドル(約8,800円)でプレオーダーを受付中とのことだが、はたしてノックの回数で頭が混乱してこないものだろうか…。その斬新さゆえに、つい余計な心配をしてしまう。

Licensed material used with permission by Knocki
他の記事を見る
日進月歩で進化を遂げる「人工知能技術」。それはAIロボットの可能性から、私たちの生活用品にいたるまで、ますます身近な存在になってきています。ここでは「人工...
「Kleverness」は、部屋の電気のスイッチや調光器、プラグを、“音声操作”で一括コントロールできるスマート家電です。セットは簡単で、専用の製品に取り...
2014年、これまでとは全く異なるヒーローが誕生していたことに、気づいていただろうか。それは、人工知能が搭載されているキャラクター、ベイマックスのことだ。
「Kickstarter」でクラウドファンディング中の「Vinci」は、AI(人工知能)搭載のワイヤレススマートヘッドホン。すでに目標額の3倍以上となる約...
2018年12月8日から2019年1月6日にかけて、ロンドンにあるヴィクトリア&アルバート博物館では、ジンジャーブレッドを使ってつくられた街が展示されてい...
正統派ケバブはトルコ料理専門店で味わってこそ。
ほっと、一息つきたいときにコーヒーやお茶を淹れる。その際、1杯分だけお湯を沸かすようなことって意外に難しい。目分量でやったとしても、ちょっと多めに沸かすは...
ジューススタンドに目がない。駅のホームで、行儀よく並んだカラフルなジューサーを見かけると、どんなに急いでいても、つい立ち止まって眺めてしまう。やっぱり今日...
Instagramを見ていると、気になるものってけっこう出てきますよね。大好きなモデルさんやインスタグラマーが着ている服。友達が身につけている小物。トレン...
ラスベガスで開催されたCES 2018。そのスマートホーム部門で、イノベーションアワードを受賞したのが単三電池「Coat Foever Battery」。...
2月9日。ランジェリーブランド「RAVIJOUR(ラヴィジュール)」と渋谷のクラブ「WOMB」は、バレンタインデーに先がけたスペシャルイベントを開催。そこ...
いまやスマホでお湯が沸き、炊飯器にタッチするだけ自分の好みのお米が炊ける時代。家電がネットにつながり、暮らしがどんどんスマートになってきた。けれど、値段だ...
英・オックスフォード大学の研究チームが発表した研究結果によれば、人工知能によって、唇の動きから会話の内容を文章レベルで認識できる機能が実現しました。これま...
人工知能の凄いところは、人間にはとても抱えきれないような情報量を一挙に、かつ正確にさばけるところにあるでしょう。これは、その特性が生かされた一例と言えます...
アメリカで利用できる「Amazon Echo」は、人工知能「Alexa(アレクサ)」に声をかけるだけでいろいろなことができるデバイス。日本では発売されてい...
「Venture Beat」によれば、アウトドアブランド「THE NORTH FACE」は、2016年4月に新しいモバイルアプリをローンチする予定。その機...
おかゆカルチャーを発信する池尻大橋にオープンしたカスタムお粥専門店CAYUZO〒153-0044 東京都目黒区大橋2丁目22-3https://cayuz...
「自分の肌に1番合う製品を使って、しっかりスキンケアしたい」女性なら誰でも思うことではないだろうか。忙しくても簡単に肌チェックができるデバイスが、Kick...
Samsung(サムスン)が「The Frame」という名の新しい薄型テレビを発表。その名の通り、まるで額縁の中に飾られているような、アーティスティックな...
そう遠くはない未来。私たち人間と区別がつかないほどの人工知能が生まれるとしたら…。もしもロボットが人間と同じように笑ったり、悲しんだりするようになったら…...
アメリカで発売された指輪型デバイス「Token」は支払い、車や家のロック、PC・サイトへのログインを瞬間的に可能にする最新ツール。指紋認証付きでセキュリテ...
UCLH(ロンドン大学病院)は、主に口腔、咽頭、喉頭、鼻腔、副鼻腔、唾液腺、甲状腺、頸部食道、気管に現れる「頭頸部がん」の治療に、Googleの人工知能「...
2016年4月5日、マーク・ザッカーバーグが自身のアカウントでその詳細を紹介しました。発表によると、人工知能(AI)がフィードに表示された画像を認識して、...
モルディブ・マレ国際空港の近くであるフルマーレというエリアに、スマートシティ「Ocean’s Heaven」は建設予定です。