上手に時間が使えない人はコレ!「時間管理用IoTデバイス」

年頭に立てた2002年の決意が早くも揺らぐ。そんな意志の弱い人たちに向けた、ボタン型IoTデバイス「kotobo」がキニナル。

電子機器メーカーが開発したこのガジェットは、IoT家電でありながら、AIスピーカーにもならなければ、スマートウォッチのような拡張機能もない。そればかりか、時計タイマー機能さえ備えておらず、できることといえばボタンを「ポチッ」と押すくらい。

「kotobo」は、いわば時間の家計簿。日々の時間を“見える化”することで自己管理に役立てるという商品だ。ボタンを「ポチッ」と押して勉強やエクササイズなどを開始する。終わったらもう一度「ポチッ」。これだけ。

できることを極限までそぎ落とすことで、作業に集中させる。シンプルでいて突き詰められた用途というわけだ。

作業に取り組んだ時間は自動でウェブアプリが記録してくれる。機能は、以上。それでもユーザーは、ボタンを押すことでリズムを作ることができ、ボタンを押す行為そのものが気持ちを切り替える“スイッチ”として機能する。

すでにAmazonでも発売を開始しているが、探したって「やる気スイッチ」を見つけられない、なんて人にはオススメかも。

©DISCOVER株式会社
©DISCOVER株式会社
Top image: © DISCOVER株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
バングル型のIoTデバイス『SoundMoovz』は、踊ることで音楽を演奏できる楽器。世界17カ国に40万台を出荷した大ヒット商品。逆輸入されるようにして...
飼育費や犬アレルギーのため飼いたくても飼えない人のために生まれた「Theia」。片手で持てるデバイスで、ユーザーの手を行き先の方向に動かし道案内をしてくれ...
呼べば冷蔵庫の方からやってくる。そんな時代が本当に来るかも。
「Google Pixel Buds」が発表されて、リアルタイム翻訳デバイスの期待値を一気に高めた。この気軽さをアップグレードしたのが「Makuake」で...
コロナ禍で「運動不足」「野菜不足」からくる健康不安を抱えている人が多い2020年。これまで以上に健康意識が高まるなか、9月、新たなヴィーガン向けの情報サイ...
イスラエルのスタートアップが開発をすすめる「Allerguard」は、料理にかざすだけでアレルギー源を検知する画期的なデバイス。
「オーディーエス」は、スマートフォンで再生した好きな音楽に、入眠時の脳波と同じ周波数の信号を加えるRBS技術を搭載した、快適な睡眠をサポートしてくれるデバ...
6月29日、米「カリフォルニア大学」のロサンゼルス校の研究チームが、アメリカ手話(ASL)を読み取り、リアルタイムで音声変換するデバイスを開発したと発表。...
「Butterfly iQ」は、iPhoneを超音波検査機に変えてくれるデバイス。だから、自宅でもガンなどの検査を行うことができるようになるそうです。
「自分の肌に1番合う製品を使って、しっかりスキンケアしたい」女性なら誰でも思うことではないだろうか。忙しくても簡単に肌チェックができるデバイスが、Kick...
「ニューバランス」が、10月19日(月)〜25日(日)にオンラインランニングイベント「NB FuelCell 10K CHARGE」を開催する。
手の平に収まる程度のキューブ、小さなカメラに、薄いひし形のデバイス・・・実はこれ、世界最小クラスのIoTホームセキュリティシステム『Cube(キューブ)』...
24時間年中無休のフィットネスジム「1/3rd Fitness(ワンサードフィットネス)」で、日本初となるミラー型のオンライントレーニング用デバイス「Fi...
米「Microsoft」が昨年10月に発表して大きな注目を集めていた2画面Androidデバイス「Surface Duo」。当初は今年末の発売が予告されて...
水深5mまでなら“無限”に潜水することが可能な、スタートアップ企業「exolung」の最新デバイス。特別な訓練やライセンスが不要なので、誰でも手軽に水中散...
体温調整は健康を維持するための大切な要素。ですが、寒暖差が激しい季節の変わり目なんかは、とくに管理が難しいものです。冬本番で冷え性に悩まされているという人...
キアヌ・リーブスがアメコミ作家としてデビュー。原題は『BRZRKR』。ロサンゼルスに拠点を置くアメリカンコミックやグラフィックノベルの出版社「BOOM! ...
ハリケーンの発生頻度を抑える壮大な計画を北欧の国・ノルウェーを拠点にするスタートアップ「OceanTherm」が進めている。その計画とは、海の底に空気を放...
YouTubeは、自身で設定した就寝時間に合わせて、寝ることを勧めてくれる「おやすみ時間の通知」機能をローンチ。その他にも時間管理に役立つ機能も追加でリリ...
ノルウェーのSommarøyという島で、ちょっと興味深いムーブメントが起きています。彼らは「時間」を廃止しようとしているんです。
「Philips」の「SmartSleep」は、1日の睡眠が7時間以下の人のためのデバイス。睡眠の質を高めてくれる機能があるようです。
いまや、愛犬の健康管理すらもスマホで行ってしまえる時代のようです。この「WonderWoof」は、犬の行動を分析しつつ、犬種やサイズ、年齢に合った運動や睡...
明日は山の日だからこそ、この「TREK TRACK」というデバイスについて知ってもらいたい。
「パナソニック」の植物工場で作った農薬未使用の野菜をぎゅっと詰め込んだドレッシング。