こんな家電があったら夢のよう!自宅でかんたんにフルーツ補給できる『ALCHEMA(アルケマ)』。

ジューススタンドに目がない。駅のホームで、行儀よく並んだカラフルなジューサーを見かけると、どんなに急いでいても、つい立ち止まって眺めてしまう。やっぱり今日も店員さんに話しかけてしまい、グレープフルーツジュースを注文してしまった。搾りたての美味しさと言ったらない。目が覚めるフレッシュさで、たちまち元気がみなぎってくる。そんな贅沢を自宅で。しかも、アルコールで楽しむことができたらどんなにしあわせだろう。こんな想いを形にしたデバイスを見つけた。日本で酒類を製造するには特別な免許が必要になるが、夢を語るくらいいいだろう。でもやっぱり欲しくなる!

フレッシュな果物がお酒に変身する!

身のまわりのあらゆるモノがインターネットに接続され、新しい価値が生み出される概念を「IoT(アイ・オー・ティー)」と呼ぶが、この世界で、また新たなデバイスが誕生した。好みの果物、砂糖、水、酵母を入れ、スマートフォンアプリで発泡度合いを設定するだけで、自動で醸造してくれる、酒樽型のスマート家電『アルケマ』である。

アプリで発酵のプロセスが確認できる。

アルケマの中には、多くのセンサーが搭載されている。Wi-Fi経由でインターネットに接続されるので、手持ちのスマートフォンに「Alchemaアプリ」をダウンロードすれば、いつでも発酵プロセスを把握することができる。発酵の途中でフタを開けて中身を確認する必要がなくなるので、作業途中で雑菌が入る可能性が低くなり、より美味しくなるのだ。醸造が終了したタイミングで、お知らせが届くのも有難い。

デリケートな果物にやさしいデバイス。

果物のなかには、種類によってフレッシュな美味しさを保つことがむつかしいものがる。新鮮であればあるほどデリケートなもので、置き方ひとつで傷がつき、すぐに腐ってしまうものや、低温が苦手で、冷蔵庫に入れると傷みやすくなるものがある。アルケマには、医療分野に使われるLEDライトが装備されているので、発酵作業の前に、毎回消毒が行われる。デリケートな果物にやさしいデバイスと言えるだろう。

クラウドファンディングで発表後、
すぐに製品化決定!

身のまわりのいろいろなことが便利になっていくのは、いいことばかりでないこともあるだろう。不便さのなかから工夫が生まれ、充実感が生まれるのは確かだが、想像力を働かせて、夢を形にしていく過程を応援するのは気持ちがいいことだと思う。
アルケマは、クラウドファンディングサイト「Kickstarter(キックスターター)」で発表されてから、たったの3日で目標金額を超え、製品化が決定した。それだけ、必要としている人が多いことの表れだろう。これまで気軽にできなかったお酒の醸造作業を、テクノロジーの力を借りて、家庭でも楽しめる。未来がまた一歩近づいた気がしている。

Licensed material used with permission by Alchema
様々なタフな現場で鍛え抜かれた高機能な「家電」を厳選してご紹介! 「京セラ」「HiKOKI」「マキタ」など注目メーカーのギア&アイテムが満載です。
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
人工知能や音声認識システムを、IT機器や家電に取り入れた商品がトレンドになりつつある。こうしたスマート家電の活用とともに、未来の家はより便利にスマートにな...
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
自宅で1日3分で出来る「太もも痩せトレーニング」をご紹介!先生は、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSNSやYouTubeなどで紹介し、人気を集める...
給排水など、クリアすべき壁はたくさんありそうですが、市販されるようになれば、ぜひ手に入れたい!ミニマルなインテリア好きは注目です。
フルーツよりも手軽で、甘い間食が欲しくなったときのお供「ドライフルーツ」。コンビニなどでもよく見かけるようになりましたが、“本当においしいドライフルーツ”...
「パナソニック」の植物工場で作った農薬未使用の野菜をぎゅっと詰め込んだドレッシング。
「Kleverness」は、部屋の電気のスイッチや調光器、プラグを、“音声操作”で一括コントロールできるスマート家電です。セットは簡単で、専用の製品に取り...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
「オーマイグラス」は、プロのスタイリストが250種類のメガネを持って利用者の自宅へ出張する「移動式プライベートメガネサロン」を実施。もちろん、検眼機や度数...
日々の時間を“見える化”することで自己管理に役立てる、ボタン型のIoTデバイス「kotobo」。
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
ブラジルのお酒カシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビから造られる蒸留酒のこと。近年、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得。なかでもカ...
本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...
ほっと、一息つきたいときにコーヒーやお茶を淹れる。その際、1杯分だけお湯を沸かすようなことって意外に難しい。目分量でやったとしても、ちょっと多めに沸かすは...
「タクシーの相乗り」について国土交通省が3/31に制度の概要を発表。早ければ2020年の夏にも解禁される考えだという。
バニラのフレーバー付きだからニオイを全く気にしなくていい!ヴァギナのかたちとアンダーヘアについてもまた然り。生理中にしたくなってもOKです。
いまやスマホでお湯が沸き、炊飯器にタッチするだけ自分の好みのお米が炊ける時代。家電がネットにつながり、暮らしがどんどんスマートになってきた。けれど、値段だ...
呼べば冷蔵庫の方からやってくる。そんな時代が本当に来るかも。
Samsung(サムスン)が「The Frame」という名の新しい薄型テレビを発表。その名の通り、まるで額縁の中に飾られているような、アーティスティックな...
パーティシーンに定番のお酒コカレロに、黒いルックスが目をひく新アイテム「コカレロ ネグロ」が11月に登場。これ、チャラさよりもじっくり大人が愉しむためのお...
9年連続ミシュラン1ツ星を獲得するシェフが「野菜とマリアージュする酒」と表現する「惣誉 生酛仕込 純米大吟醸」。実家の親に大人としての成長を感じさせるのも...
ラスベガスで開催されたCES 2018。そのスマートホーム部門で、イノベーションアワードを受賞したのが単三電池「Coat Foever Battery」。...