コップ1杯でもOK。必要な分だけお湯を沸かせるスマートな湯沸し器

ほっと、一息つきたいときにコーヒーやお茶を淹れる。その際、1杯分だけお湯を沸かすようなことって意外に難しい。目分量でやったとしても、ちょっと多めに沸かすはず。
ここに紹介するデバイスが沸かすお湯は、ジャスト1杯分。それができる優れモノだ。

コップに挿すだけで
1杯分のお湯が沸く!?

まずはその仕組みから見ていこう。
水を張ったコップを専用のデバイス(名前はMIITO)の上に置き、付属のステンレス製のロッドをグラスの中に挿し入れる。このロッドの先は円板状になった自立式だ。

台座部分のタッチセンサーにポンと触れ、そのまま指をスライドさせて任意の温度へと持っていく。あとは、ロッドを刺したまま待つだけ。

するとどうだろう。コップの底からプクプク泡が立ち、まもなくゆんわり湯気が立ち登り、任意の温度にお湯が沸く。

これなら余分なお湯を沸かす必要もないし、光熱費はぐっと抑えられるばかりか、僅かばかりだけれど環境への配慮にも後ろめたさを感じないはず。そして、なによりキッチンに置いてある様が絵になるスマート家電ではないか。

仕掛けは、熱伝導式の
IHヒーターにあり

この「MIITO」のカラクリは電磁誘導の原理を利用した加熱。ひらたく言えば、IH機能のキッチンを卓上サイズに落とし込んだようなもの。オールメタル対応のフライパンや鍋の代わりをするのが、このステンレス製のロッドという訳。

スープの温め直しや
離乳食づくりに◎!

ただし、こちらは金属を含まない素材であれば何でも熱を通すことができる。耐熱グラスでも、陶器のポットでもスープ皿だってOKだ。この特性を活かして考えれば、冷めたコーヒーやスープの温め直しにも使えてしまう。これって、意外にうれしい機能では?

さらに、粉ミルクや離乳食が欠かせないパパママにも、「MIITO」はきっと約に立つはず。なんせ沸騰したお湯で作った哺乳瓶に水をかけて冷ます必要がないんだから。指先の操作ひとつで赤ちゃんの適温と言われる37℃に。

ちなみに、MIITOの設定温度は30℃〜100℃まで。前述の耐熱ガラスに入れた水200mlならば、およそ60秒。500mlの陶器ポットで約2分半あればお湯が沸くという。

ドイツ人デザイナーが手がけたこのスマート家電、すでにクラウドファウンディングで多くの出資金を獲得し、2016年内の販売に向けて準備をしているようだ。すでに予約受付を開始した公式ページによると、発売価格は189ユーロ。日本円にして約2万3,000円といったところか。う〜ん、悪くないかも!

Licensed material used with permission by MIITO
いまやスマホでお湯が沸き、炊飯器にタッチするだけ自分の好みのお米が炊ける時代。家電がネットにつながり、暮らしがどんどんスマートになってきた。けれど、値段だ...
「Kleverness」は、部屋の電気のスイッチや調光器、プラグを、“音声操作”で一括コントロールできるスマート家電です。セットは簡単で、専用の製品に取り...
人工知能や音声認識システムを、IT機器や家電に取り入れた商品がトレンドになりつつある。こうしたスマート家電の活用とともに、未来の家はより便利にスマートにな...
一生涯の保証付きでモバイルバッテリー内蔵、ハンガーごとシャツも収納できて遠隔でスマホを使い鍵の開け閉めができる。使いたくなる機能たっぷりのスマートキャリー...
ブリティッシュパブで味わうチップスとシェイク表参道の裏通りにひっそり佇む隠れ家カフェThe Shake & Chips Tokyo〒150-0001 東京...
イタリアにある「ピサの斜塔」は、2001年に終わった改装工事のおかげで、その傾きを40cmくらい改善できました。それから17年の間に、ちょっとだけまっすぐ...
このUSB充電器は安くて便利だから買ったわけじゃなくて、蛍光イエローの色が気に入って購入。
アメリカで発売された指輪型デバイス「Token」は支払い、車や家のロック、PC・サイトへのログインを瞬間的に可能にする最新ツール。指紋認証付きでセキュリテ...
「Mitte」はドイツのデザイナーによって開発された浄水器。これを“洗練”とか、“スタイリッシュ”なんて強調する気はないんです。それよりもこっちにグッとき...
旧約聖書にも登場した角笛のようなカタチ。これに意味があるんです。
現地時間11月18日(日)16時。フィレンツェはミケランジェロ広場から、コンテンポラリーアーティストの蔡國強さんが手がけた作品が打ち上げられました。
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
「Smartables」は、僕たちの生活を便利にしてくれるスマートテーブルです。例えば、充電器として、スピーカーとしても。他にもある便利な機能を紹介します。
約5,000円から支援可能です。
ヘッドセットに高速高解像度カメラが埋め込まれていて、ユーザーはディスプレイに映し出された画像を見ることができます。手持ちのコントローラーで、コントラストや...
日本にもたくさんの宿坊がありますが、韓国もなかなか。WEBサイト「Templestay」を覗いてみると、法住寺(Beopjusa)、仏国寺(Bulguks...
食器って、硬いものだと思っていた。
これは、ヒトハダにいちばん近い食器。
卵焼きのために作られた、日本ならではの調理器具「卵焼き器」。じつはいろいろな料理に使える万能器具なんです。いつもはオーブンや専用の鉄板で作っていた料理も、...
水を入れて置くだけで機能する加湿器がコレ。寒暖の差が激しい季節には、風邪予防対策するためにも重宝しそうです。岡田心がデザインしたeco加湿器「マスト」は、...
そんななかで『MONG MONT』は、インテリアの邪魔をしないという今までの考えではなく、むしろ壁に飾って見せるための<芸術性>を重視してつくられました。...
ロイヤルメルボルン工科大学が開発した「スマートピル」は、飲み込むことで体内環境を調査し、そのデータをスマホなどで確認できるもの。開発したのは、過去にもモバ...
絶対に充電器を忘れたくない!という人にはよい投資かも?
テクノロジーの急速な革新によって、新たな可能性を切り拓いているAR(拡張現実)。「MAD Gaze」もまた、同じ技術を利用して生まれたスマートグラスです。