未来の注射器に、針は必要ない。

だんだんと寒くなり、乾燥するにつれて、頭によぎる「インフルエンザの予防接種」。やっておくことで重症になるのを防ぐ可能性があることを分かっていても、どうしても針のことを考えると億劫になってしまうのは僕だけではないはず。

そんな中で「Portal Instruments」の登場は、きっとたくさんの人にとってパラダイムシフト。

さらば、針よ!

330e87446737d5dbd6f021a8d8dd3bb371e3fbf6Ea8048d501684ee2b857344054223c09dda96dd231d864b691829bacd3d5c910e2b94ad4038337ab

時代が進むにつれて注射の痛みがなくなってきているのは事実。昔のことを考えたら、「え、こんな痛みだっけ?」と思うことだってあります。だけど、「Portal Instruments」のおかげで、もう針を使う必要すらなくなるそう

ちなみに、日本での割合は詳しく分かっていないようですが、アメリカのHealthlineの情報によれば、注射恐怖症の人は同国で10%ほどいるとのこと。

でも、どうやって薬物を体内に入れるのでしょう?

ジェット噴射で一気に注入

A79c4de31976b65206cd119d52764a7e1b41dec9

どうしても針を使わない注射のメカニズムが気になったので、質問を投げかけたところ、このように答えてくれました。

「人間の髪の毛の細さで、薬物をジェット噴射をして、皮膚の下へと注入します。そのため、必要な時間はたった0.4秒です」

これが多くの病院で採用されるようになったら、子どもでも注射を怖がることはなくなるでしょう。予防接種をするのは自宅で、なんてことにもなるかもしれません。

Reference:Healthline
Licensed material used with permission by Portal Instruments
本職はナースで、夜のシフト前の時間をうまく活用し、注射器で絵を描いているKimberly Joy Magbanuaさん。患者さんを含む多くの人の心を魅了し...
血管の位置が分からずに、注射を何度も打たれて“注射嫌い”になった人もいるのではないでしょうか?でも、そんな経験ともオサラバ。これからは、注射の失敗がゼロに...
糖尿病に苦しめられるこどもたちを救うため、楽しく注射ができる夢のようなキットが開発されました。成果を高く評価され、2017年のJames Dyson Aw...
注射嫌いには朗報。インフルエンザ予防ができる『皮膚パッチ式』のワクチンが開発されました。0.03インチの極細の針が100本含まれた"microneedle...
先日、カルガリー大学に通っている246人のニコルさんたちが友だちになるという、ちょっと変わった出来事がありました。
飛行機で長時間眠れない子どものために開発された「Fly Tot」。ふかふかのクッションですが、背もたれに使うわけでも、抱いて使うわけでもありません。
2018年7月までにサンフランシスコが薬物注射施設をオープンすると、「San Francisco Chronicle」が報道しました。そこには、ハーム・リ...
糖尿病患者は、血糖値が上がりすぎるのを防ぐために注射を1日に何度も打つことがある。しかし、ノースカロライナ大学が新しく開発したこのパッチなら、皮膚に貼るだ...
未来では、性別で人を区別することなく、すべての人をありのまま受け入れる世界が広がっている。そう強く訴えるのは「Wildfang」が制作した動画。今、未来、...
2015年、タイム誌が選ぶ「世界で最も影響力のある100人のリスト」に、31歳の女性エリザベス・ホルムズの名前が掲載された。しばしばビル・ゲイツやスティー...
いろんなミントキャンディを試した結果、ここに落ち着きました。
依存性のある薬物を摂取すると、その成分を「もっともっと!」と欲するようになる。それが一般的に考えられている「麻薬中毒」の認識です。しかし、ここで紹介する動...
人口が増え続ける世界では、いずれ食糧危機が訪れることは免れません。しかし、省スペース、省エネ、オートマチックでたくさんの野菜が収穫できるこんな家庭菜園があ...
バーチャルリアリティ(VR)も、さまざまなところで体験できる様になりました。実際にヘッドセットを装着してみた人も多いでしょう。そんなVRの研究は、次のステ...
最近よく問題視されているのが、自動化やAIにより、失われて行く職業だが、逆に、新たにできる職業はどういうものなのだろうと考えたことありませんか?今はないけ...
メルローズアベニューのポールスミスの壁に「Go Fuck Ur Selfie」という落書きがされてしまいました。
AppleのARkitに対応した「TweetReality」では、現実世界に合計25枚のツイートを表示することができます。イメージは、SF映画に出てくるよ...
間違った情報を信じている人がいる限り、感染者への偏見や差別は終わらない。この現状を少しでも変えるべく、『Casey House』はシェフ全員がHIV陽性の...
アーティストであり、建築家でもあるPhilip Beesleyさんのアートは、たくさんのテクノロジー要素が盛り込まれたもの。それだけでなく、建築の未来も変...
洋服が着ている人間に合わせて変容するーー。そんな未来を感じさせる動画があります。ドイツのインターフェイスデザイナー・シモーネ・シュラム氏が開発したウェアに...
「未来って数日前のことでしょ?」と勘違いしてしまうほど小さい子どもたち。「今この瞬間から先はすべて未来だよ。明日も100年後も」と丁寧に教えるイラストレー...
検査のために指先から血液を採取し、さらに腹部などに注射を打つーー。糖尿病患者が抱える悩みは、想像しただけでも大変です。が、その負担を大幅に改善してくれるだ...
廃墟となった病院は、ホラー映画の撮影舞台を彷彿とさせる。でも、こちらはリアルな病院跡地なのだ。数年に渡って、放棄された複数の病院を撮影したのは、ポーランド...
アダルトサービスがテクノロジーによってどう変わるのか。VRやセックストイの進化を見ると、どんな未来が待っているのかがある程度イメージできます。主には、バー...