自然光を取り入れた開放的なデザイン デンマークの病院がまるでホテル

一見すれば、まるでホテルや集合住宅のよう。コペンハーゲンにいかにも北欧らしい、シンプルでモダンな印象の病院があります。病院なのにとっても居心地がいい。矛盾していそうで、実はとっても大事なことなんじゃないか、って思える工夫がありました。

ホテルのように心地いい
患者のための宿泊施設

ここは、コペンハーゲンの中心部に位置するコペンンハーゲン大学病院(Rigshospitaket)。周囲の都市空間にとけ込むモダンな外観ですよね。既存の病院の印象を覆すようなオシャレな意匠は、地元の建築デザイン事務所「3xn」によって、2015年に建てられたもの。
ここは、コペンハーゲン郊外に暮らす人々が、検査入院や人間ドッグを受けに病院を訪れる際に宿泊するための施設として利用されているそうです。

自然光をたっぷり取り込む
機能的なガラス窓と天然石

さんさんと日の光を受けるバルコニーで、治療や検査を待つ利用者たちが不安を和らげ、くつろいで過ごすためのこだわりが、建物の内と外至るところに。

まずは、この病院を象徴する“うろこ状“のファサード。公園に面した南向き(目の前は公園)の専用バルコニーは三角の形状をしています。これは、壁面に当たった日照が小さな窓の奥、部屋の内部にまで送り込まれる仕掛け。と同時に公園側から見える室内の様子は、バルコニーから室内へと続くこの窓ただひとつ。

小さなガラス張りの扉から取り込んだ日照が、くまなく行き届くように白一色で統一された室内。この心地よさ、もはやちょっとしたホテルですよね。

患者の不安や閉塞感を
自然光が和らげる

さて、うろこの向きが反対になる地上4階5階部分。一点こちらは、ガラス窓で大きく開かれています。こちらは、病院内へと光を送り込むために開かれた開放窓。

天井まで吹き抜けの院内。天窓の光も加わり優しい自然光が充満しています。

「一般的に病院の廊下といえば、天井が低く、暗く閉ざされたイメージを持たれると思うんです。新たなデザインは、建物の中心部に太陽の光が降り注ぐ開放的な空間を意識しました」

クリエイティブディレクターであり3xn創業者のKim Herforth Nielsen氏は、自然光が患者たちの不安感や閉塞感を取り除く大きな要素になる、と「ARCHITECT magagine」にデザインコンセプトを語りました。

のんびりリラックスして過ごすことのできる病院。長居はしたくない場所なはずなのに。快適さが画像を通しても伝わってきませんか?

Photo by Adam Mørk
Licensed material used with permission by 3xn
ホテル?美術館?こんなモダンなデザインの建築物を見たら、そう思ってしまうのは、僕だけではないはず。これが、刑務所と知った時、絶句してしまった。
“日本文化×デンマークのデザイン”で仕上がった信楽焼。コペンハーゲンの陶芸家ラース・ランクがつくる「ブルーヒル」シリーズは、ティータイムにもよく似合う。
コペンハーゲンから約10キロのところにある街ビズオウア。ここに人工島をつくるという大規模なプロジェクトが考案されています。自然か開発、それともそこに住む人...
デザイン大国デンマークで生まれ変わる信楽焼。コペンハーゲンの陶芸家ラース・ランクがつくる「Dots」シリーズは、単純な柄だけど、日本の焼き物を愛らしく変身...
フロリダの「ディズニーリゾート」に『スター・ウォーズ』シリーズをテーマとした新型のホテルが2021年にオープンすることが発表された。「スター・ウォーズ:ギ...
デザイン大国デンマークのアーティストにより生まれ変わる日本の信楽焼。陶芸家ラース・ランクの「グリーンモス」シリーズが、逆輸入されて日本展開をスタートします。
オラファー・エリアソンが手がけた、デンマークの投資信託会社Kirk Kapitalのオフィスです。
コペンハーゲンを拠点とする建築事務所・EFFEKTが、高さ600mにもなる遊歩道のコンセプトデザインを発表しました。樹木で作られた螺旋階段を登れば、雄大な...
ヴェネチア市にある病院「Ospedale dell'Angelo」。僕たちが考える「水の都」から橋で渡ったところ、メストレという地域に建てられています。
いかだの原理を活用したホテル。湖、森、陽の光などの自然を、部屋を離れることなく満喫できます。
映画にもなった「奇跡のリンゴ」を育てた木村秋則さんが作ったという完全無農薬米「ささしぐれ」。この米を使った江戸前寿司が、12/5にオープンした「東急プラザ...
デンマークの人口約7000人の町ブランデに建築予定の高層ビル「Tower & Village」。高さは320メートルを想定されていて、完成すれば、西ヨーロ...
国連が定めた2030年までに達成するべき目標のことを意味する「SDGs(持続可能な開発目標)」。その17項目をすべて体現できるエコヴィレッジが、デンマーク...
コペンハーゲンには2人のアーティストによって作られた「浮いている公園」があります。都市開発と温暖化の2つの問題にアプローチしつつ、イマドキの遊び場として音...
一見気づきにくいほど周囲の自然に溶け込んだ小屋が、メキシコの西海岸にある田舎町サン・ファン・デ・アリマにあります。小屋とはいえ、中はホテルのロビーみたいに...
毛の一本一本まで精緻に描かれた、動物のポートレート。その体の奥に透けるのは、美しい風景…。このイラストレーションは、デンマーク・コペンハーゲンに本拠を置く...
クルマのオーナー同士が愛車を一時的に交換できるアプリサービス「CAROSET(カローゼット)」が12月10日からスタートしている。クルマを「所有」すること...
トラベルギアブランド「TO&FRO」の「HIP BAG」。こんなに薄いのに、ウェストポーチだ!
打ちっぱなしのコンクリートに、剥き出しのパイプ。ここ数年、そんなインダストリアル要素をデザインに取り入れたホテルが増えました。確かに、味わいのある質感を持...
淡いピンク色を基調にした屋外プールがかわいい「Paradiso Ibiza Art Hotel」。インテリアデザインも特徴的で、ホテル内の至るところがフォ...
現代人の多くは、太陽光があまり入らない部屋で、人工的なライトに照らされて生活しているのでは。時間や場所の感覚を失いがちな現代人が、あたたかい木漏れ日の光を...
「ソーラーパネルなのにカッコイイ」。デンマークにある学校を見た時に、初めてそう思った。表面は1万2,000枚のパネルで覆われていて、年間で必要な電力の半分...
世界中でスポットライトが当てられている食料廃棄問題。デンマーク発のレストランチェーン「Sticks’n’Sushi」は、そんなムダを少しでも減らすべく、余...