自然光を取り入れた開放的なデザイン デンマークの病院がまるでホテル

一見すれば、まるでホテルや集合住宅のよう。コペンハーゲンにいかにも北欧らしい、シンプルでモダンな印象の病院があります。病院なのにとっても居心地がいい。矛盾していそうで、実はとっても大事なことなんじゃないか、って思える工夫がありました。

ホテルのように心地いい
患者のための宿泊施設

ここは、コペンハーゲンの中心部に位置するコペンンハーゲン大学病院(Rigshospitaket)。周囲の都市空間にとけ込むモダンな外観ですよね。既存の病院の印象を覆すようなオシャレな意匠は、地元の建築デザイン事務所「3xn」によって、2015年に建てられたもの。
ここは、コペンハーゲン郊外に暮らす人々が、検査入院や人間ドッグを受けに病院を訪れる際に宿泊するための施設として利用されているそうです。

自然光をたっぷり取り込む
機能的なガラス窓と天然石

さんさんと日の光を受けるバルコニーで、治療や検査を待つ利用者たちが不安を和らげ、くつろいで過ごすためのこだわりが、建物の内と外至るところに。

まずは、この病院を象徴する“うろこ状“のファサード。公園に面した南向き(目の前は公園)の専用バルコニーは三角の形状をしています。これは、壁面に当たった日照が小さな窓の奥、部屋の内部にまで送り込まれる仕掛け。と同時に公園側から見える室内の様子は、バルコニーから室内へと続くこの窓ただひとつ。

小さなガラス張りの扉から取り込んだ日照が、くまなく行き届くように白一色で統一された室内。この心地よさ、もはやちょっとしたホテルですよね。

患者の不安や閉塞感を
自然光が和らげる

さて、うろこの向きが反対になる地上4階5階部分。一点こちらは、ガラス窓で大きく開かれています。こちらは、病院内へと光を送り込むために開かれた開放窓。

天井まで吹き抜けの院内。天窓の光も加わり優しい自然光が充満しています。

「一般的に病院の廊下といえば、天井が低く、暗く閉ざされたイメージを持たれると思うんです。新たなデザインは、建物の中心部に太陽の光が降り注ぐ開放的な空間を意識しました」

クリエイティブディレクターであり3xn創業者のKim Herforth Nielsen氏は、自然光が患者たちの不安感や閉塞感を取り除く大きな要素になる、と「ARCHITECT magagine」にデザインコンセプトを語りました。

のんびりリラックスして過ごすことのできる病院。長居はしたくない場所なはずなのに。快適さが画像を通しても伝わってきませんか?

Photo by Adam Mørk
Licensed material used with permission by 3xn
ホテル?美術館?こんなモダンなデザインの建築物を見たら、そう思ってしまうのは、僕だけではないはず。これが、刑務所と知った時、絶句してしまった。
コペンハーゲンを拠点とする建築事務所・EFFEKTが、高さ600mにもなる遊歩道のコンセプトデザインを発表しました。樹木で作られた螺旋階段を登れば、雄大な...
いかだの原理を活用したホテル。湖、森、陽の光などの自然を、部屋を離れることなく満喫できます。
コペンハーゲンには2人のアーティストによって作られた「浮いている公園」があります。都市開発と温暖化の2つの問題にアプローチしつつ、イマドキの遊び場として音...
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
「The World Whisky Advent Calendar」は、中にウイスキーが入ったアドベントカレンダー。世界中からセレクトされた24種類をクリ...
打ちっぱなしのコンクリートに、剥き出しのパイプ。ここ数年、そんなインダストリアル要素をデザインに取り入れたホテルが増えました。確かに、味わいのある質感を持...
毛の一本一本まで精緻に描かれた、動物のポートレート。その体の奥に透けるのは、美しい風景…。このイラストレーションは、デンマーク・コペンハーゲンに本拠を置く...
現代人の多くは、太陽光があまり入らない部屋で、人工的なライトに照らされて生活しているのでは。時間や場所の感覚を失いがちな現代人が、あたたかい木漏れ日の光を...
「ソーラーパネルなのにカッコイイ」。デンマークにある学校を見た時に、初めてそう思った。表面は1万2,000枚のパネルで覆われていて、年間で必要な電力の半分...
女性が激しくお尻をフリフリする動き。あれはトゥワーク(Twerk)と言うダンスのひとつ。そして、それに着想を得てつくられたのが、今回紹介する「Twerk ...
札幌市内から北へ20キロほど、石狩郡当別町に冬季限定で登場する氷と雪でつくられた神秘的な空間がある。切り出した氷を積み上げる、北欧のアイスホテルをそのまま...
「TORACO Konohana」はコンテナを利用したホテルです。USJから歩ける距離にオープンです。
2013年に立ち上げられたデンマークの音楽プロジェクト「AquaSonic」。5人のパフォーマーがそれぞれ水槽の中に身を沈めて演奏します。
廃墟となった病院は、ホラー映画の撮影舞台を彷彿とさせる。でも、こちらはリアルな病院跡地なのだ。数年に渡って、放棄された複数の病院を撮影したのは、ポーランド...
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
せっかく素敵な環境の中にホテルを造るのなら、やっぱりそのユニークな美しさを上手に引き立ててあげたいもの。オープンエアの要素を取り入れ、周りの景色を室内にも...
「AquaSonic」は、デンマークのパフォーマンス団体「Between Music」によるプロジェクト。何といっても、最大の特徴は水中演奏です。
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつです。
デンマークの首都コペンハーゲンに食産業の異端児がひっそりと佇む。ヨーロッパで初めての、「ゴミ」を食材として利用するレストラン。いかにもデンマークらしい、自...
光を遮りたいから用いるブラインド。ところが、その性質を逆手にとった、こんなアイデア照明がありました。
暮らし方ではなく、家そのものもエコにしよう。
「Gates of Light(光のゲート)」は、オランダの「締切大堤防」にある60基の水門に、マイクロプリズムシートが取り付けられてできたインスタレーシ...
一人で行くならあまりこだわらないけれど、ふたりで行くなら宿泊先は重要。スウェーデン北部のJukkasjärviにある「ICEHOTEL」は、そのすべてが雪...