「三匹の子ブタ」の家が現実になった。

あたたかな木のぬくもりが感じられ、広い窓からはたっぷりの日光が差し込むこちらの家屋。デンマークのデザインスタジオ「Een till Een」によるコンセプトハウスなんですが、ただの木造家屋ではないんです。

この家を建てるための建材を聞いてビックリ。だって芝、海藻、藁といった農業廃棄物を組み合わせて資材としたと言うのだから。

圧倒的にエコ
世界初バイオロジカルハウス

Een till Eenはデンマーク環境生態基金の支援を受け、南部ミゼルファートにある新しいビオトープ・エコパークにこのBiological Houseを建築しました。

建材のために集められたのは、通常は焼却処分される草や藁、それに海藻など。資源をリサイクルするだけでなく、燃焼による環境への影響もなくすことを目的としているそうです。

木目が印象的なモダンデザインも、環境に配慮して採用されたもの。その上から木材の壁を重ね、バイオベースの原液で加熱することで強度が増し、長持ちするう設計のようです。

柔らかい木片を耐久性のある硬材パネルで覆う工法は、もともとノルウェーで開発されたもの。実用的なだけでなく、時間が経つにつれて風合いの変化も楽しめるのが、木目の良さですよね。

また、木材だけでなく建築工程も環境に配慮して進められたというBiological House。例えば家の土台、この基礎となる部分にコンクリートを用いるのが一般的ですが、それをスクリューパイルに変えることで、家屋をとり壊す際にもかんたんに元の地形に戻すことができるとか。

ナチュラルテイストな家が、見た目だけでなく環境に対してもフレンドリーという感覚が、いかにも環境先進国デンマークらしいアイデアですよね。

All Photo byVentilationsvinduet
Licensed material used with permission byEEN TIL EEN
ホテル?美術館?こんなモダンなデザインの建築物を見たら、そう思ってしまうのは、僕だけではないはず。これが、刑務所と知った時、絶句してしまった。
ブタって、綺麗好きだし飼い主に従順だし、とっても可愛いんですよ。それがわかるヨガレッスンです。
建築基準法みたいは話をいったん無視すれば、ですけど。こんなカンタンに家が建ってしまうのか、とオドロキでした。
すぐれた住宅では、建築家たちはさまざまな設計の工夫をこらして、ガラスという素材の美しさとプライバシーをめぐる課題を克服しています。今回は、Houzzに掲載...
心温まる動画をご紹介。
プロポーズしたある男性。彼女の指に指輪をはめようとしたその瞬間、大きすぎたソレは排水口の中にポチャッ。その後、警察がリアルとネットを使った“本気の捜索活動...
7月30日から、デザイナー・原研哉氏がディレクターを務める展示「HOUSE VISION 2016 TOKYO EXHIBITION」が開催されています。...
3匹の犬と1匹のブタ。オーストラリアのフォトグラファーであるアリッサさんと旦那のニックさんは、なんとも不思議な組み合わせのペットたちと一緒に暮らしています...
2014年の平均出生率が1.42と、少子高齢化が問題となっている日本。ただ、この問題は日本だけでなく多くの先進国に共通の悩みです。そんな中、デンマークの旅...
デザインスタジオ「town.and.concrete」が発案した木を伐採せずに建てられるシリンダー型ハウス。フランスのリヨン近くにある森に建てること考えた...
気象観測機器「Storm Cloud Weather Predictor」。雲の形をした容器の中にある結晶が天気によって変化するので、朝起きてカーテンを開...
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
偉大なる建築家であるフランク・ロイド・ライトとジョン・ラトナー。「Maralah」と名づけられたこのクリフハウスは、彼らにオマージュを捧げるカタチで建てら...
広々とした空間に、白いオブジェクトが浮かぶ——。長いプリーツが螺旋状に渦を巻くこのインスタレーションは、日本を代表する建築家・隈研吾がデザインした「Bre...
世界三大建築家とされるル・コルビュジエ。近代建築の巨匠が生涯で唯一嫉妬していたといわれているのが、アイリーン・グレイ。彼女が手がけた南仏のカップ・マルタン...
ちょっとした工夫が凝らしてあるカレンダー「ロールカレンダー 2019」。巻物式になっていて、表示期間も調節可能。
「ソーラーパネルなのにカッコイイ」。デンマークにある学校を見た時に、初めてそう思った。表面は1万2,000枚のパネルで覆われていて、年間で必要な電力の半分...
気象の変動が激しいサハラ砂漠では、意外にも豪雨が続くことも多いそうです。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の報告では、この水害により難民キャンプ用に設...
赤ずきんちゃん、ピノキオ、三匹の子豚、シンデレラ、ピーターパン…。イタリアの建築家兼デザイナーであるFederico Babinaさんの手がけたイラストは...
サンパウロ郊外Vila Matildeという街に建てられた、ある小さなおうちが、栄誉ある国際的な建築賞を受賞しました。それも2つ。幅わずかに4.8メートル...
意外とおしゃれなものが少ないペット用品。部屋に置くのがはばかられるものや、ペットは気に入っているけれども見た目がちょっと、なアイテムも…。しかし、建築家が...
この家、外から見るとなんだか小さくて狭そうですよね。実際、床面積はたったの18㎡(約9.8畳)。でも中に入ってみるとびっくり、とっても快適な空間が広がるタ...
コペンハーゲンを拠点とする建築事務所・EFFEKTが、高さ600mにもなる遊歩道のコンセプトデザインを発表しました。樹木で作られた螺旋階段を登れば、雄大な...
青い海、白い建物。まるでギリシャ・サントリーニ島にいるかのような気分を味わえる場所が、東京から車で1時間ほどのところにある。葉山「THE HOUSE」は、...